いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
既に後悔・・・の妻収納サイズを変更 :: 2014/02/13(Thu)

突然ですが、私の数少ない(って言うかほとんどない)趣味のひとつが
本を読むことだったりします

夫も読書好き、5歳の長男も絵本大好き、
で、我が家はわりと本がたくさんあります。
マンション住まいで、あまりスペースがないので、
ときどき不要な本は売って増えすぎないようにしていますが、
でも気に入った本はできるだけ所有していたいという思いもあり、
どうしてもそれなりの量の本が家には蓄積していきます。

その辺りは間取りプランニングの際にも伝え、
本が収納できるように、そしてすぐに手に取れるようにということで、
壁に埋め込むオープンタイプの棚、いわゆる妻壁収納(妻収納)が、
最初の提案段階からプランに盛り込まれていました。

こんなやつですね。
妻壁収納
妻壁収納とか妻収納って一般的な用語なんですかね?ハイム用語??


計画していた妻収納は2ヶ所。

1階階段の上り口に45センチの妻収納。

 1階妻収納

2階リビングに90センチの妻収納。

 2階妻収納

これに関しては、
フンフン。いいんじゃない?
くらいのスタンスで、検討中に特に話に上がることもなく。

我が家のユニットが工場のラインに乗る数日前、
図面を見ながら新居での収納計画をぼんやり考えていたところ。

うーん。
この妻収納だけじゃ、どう考えても手持ちの本がおさまらないよね。

ということに気付いてしまいました。遅いよ・・・。

もちろん手持ちの本棚もあるので、そちらも使います。
が、本というのは増えていくものなので、
できるだけ収納場所は確保しておきたい!!
そして、スッキリ見せるためにできれば作り付けが良いなと思うのです。

とは言っても妻収納を追加設置する場所はもうなさそう・・・。

ちなみに、工場見学の際に、かげやまモデルの展示棟を見たんですが、
90センチの妻収納が家の中のあちこちにあってすごくうらやましかった・・・。
もっと早く考えれば良かったー!!と思いましたが後悔既に遅し。
なんたって、そのときはもう工場で作り終わってましたからね!


でも2階の妻収納は、サイドの壁に余裕があるから、
サイズ(幅)が大きいものに変更できるんじゃない?
と図面を見ていて思いつきました。

2階妻収納サイズ拡大

って言うか、ほんとになんでもっと早く気付かなかったんだろうと思います・・・。

で、マイユニット生産日の3日前、それを夫に言ったら、
確かに大きい方がいいけど、妻収納サイドの壁はきっと工場で作るでしょ。
もう工場にも発注してるからムリだよ・・・。
あんまりゴチャゴチャ言ってもうるさがられるからいいよ・・・。

としぶーい反応。

いや、でもここで多少煙たがられても、
この先数十年住む家の満足度が上がるんだったらその方がよくない!?
ってことで、翌日営業さんに
この妻収納のサイズ変えられませんか!?
と恐る恐る聞いてみたところ・・・。

妻収納はインテリア手配なので変更可能か確認します!
サイドの壁は工場で作りますが、
現地カットできるので問題ナシです!!


と心強いお返事。
あぁ、営業さん、頑張ってくれてるよなぁ・・・。
この間トゲのあるメール送ってごめんね、と反省した私でした。

サイズ変えられるかもしれないよ!と仕事中の夫にメールしたら、
あきらめたら試合終了だね・・・。
と返信がきました。そのとおりですね!!


で、結論としては、元のサイズの90センチ妻収納は、
既にICさんから発注済みでした
それを112.5センチのタイプに変更発注かけると、
な、なんとプラス5万弱・・・
単純な差額は2万円程度だそうですが、
変更発注になった関係で余計な金額がかさんじゃったみたい・・・。


うーんうーん、どうかなぁ・・・。

正直に言えば、別に妻収納のサイズが20センチ増えたところで、
本の収納量は格段に増えるわけではありません。
多分手持ちの本が全部入るってこともないと思います。
でもせっかく収納にできる場所が壁なのはもったいないし、
少しでも収納スペースは多い方が良いよね。
やっぱり数万をケチって後悔したくない!
最近こればっかですな。
という結論にいたり、妻収納のサイズは112.5センチに変更しました。

ということで、「後悔したくない」という名目のもと、
・立水栓+ガーデンパンの施主支給(過去記事⇒
・洗面収納にキュビオス採用(過去記事⇒
・妻収納のサイズ変更

と、終盤にきて立て続けに増額変更が続きました・・・。

家づくりの過程において、

最初は金額気にせず仕様を盛り込みどんどん増額
 ↓
ヤバい!と気付いてあちこち減額
 ↓
やっぱり後悔したくない!と駆け込みで仕様変更し増額

という3つの波があったなぁと振り返るやっこでありました。

・・・なーんて過去形で書きましたが、増額の波はまだ継続中
こんな時期になってもあちこち金額プラスになる変更を試みていたりします。
完全に金銭感覚、マヒしている今日この頃です

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  建具・階段・設備
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<上棟後11日目☆初!建物内部 | top | 2階洗面収納計画の見直し>>


comment

妻収納は下まであるAタイプですか?

このタイプは、設置する場所を吟味しないと、良くもなるし悪くもなりますよね。
壁が無駄になるって言うか。
その為に、壁のことまで考えないといけないですし。(場所によっては後々の動線的に邪魔になったり。)
本好きな方には、本棚(収納)って大事ですよね。

物の増減って、紆余曲折で結局増える(当初の通り)事が多いんですよ。
うちも、やっこさんとこと同じです。
やはり、後々後悔したくないってのが、大きいんだと思います。

でも、変更が出来てよかったです。

結構言ってみて何とかなるパターンって多いんです。
なので、駄目元で言って見るのも、後々後悔しなくていいですよ。(例えNGだったとしても。)
  1. 2014/02/13(Thu) 19:33:10 |
  2. URL |
  3. かつ~ん #JaFnjKT.
  4. [ 編集 ]

>かつ~んさん

おはようございます。コメントありがとうございます!
我が家で予定しているのはAタイプです。確かに壁が少なくなる点は良し悪しありますよね~。あと、完全なるオープンタイプなので、ゴチャゴチャ感を生み出さないか少々不安もありますね・・・。

そうですね~。物は極力増やさないように!不要なものは手放すように!って心掛けているつもりでも、やっぱり増えていってしまいますよね。それも踏まえて収納は多めの方がいいのかなと思いました。

ほんとに、要望は言ってみるもんだなと思いました(*^_^*)言わないで後でもんもんとするのも後悔のもとですもんね~。家づくりで遠慮は厳禁だなと思います!
  1. 2014/02/14(Fri) 05:52:28 |
  2. URL |
  3. やっこ #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/86-f7b8d11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。