いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
マンション売却までの道 :: 2013/12/27(Fri)

今回は家づくりに関する話題から少し外れますが、
記録のために書いておこうと思います。

何度か書いていますが我が家の現在の住まいは、
5年ほど前に新築で購入したマンションです。
今回夫の実家の土地に二世帯住宅を建築するにあたり、
そのマンションを売りに出していたのですが・・・。

9月末の売却開始から3ヶ月

先週、ようやく売却契約を結ぶことができました!

途中1ヶ月半ほど全く内覧もなく、
このまま売れなかったらどうしよう・・・。
マンションと新居の二重ローンは何としても避けたい・・・。
かなり安い価格で不動産業者の即時買取しかないのか!?

と不安でたまりませんでしたが、
12月に入って急に立て続けに4組の内覧があり、
その中の1組で駅近のマンションを探しているという
60代のご夫婦が購入してくださることになりました。

いやはや。

ほんとに一安心。


これで心おきなく家づくりに邁進できます!

ちなみに、マンション売却にあたり、
4社の不動産業者に査定をお願いしましたが、
築浅中古マンションが多く売買されているエリアで、
過去の売却成立価格がわりと似たり寄ったりということもあり、
各社の査定価格には大差がありませんでした。
というわけで、その4社の中から、
対応が信用できそうな2社に絞って依頼先を検討。

<A社>
ネット発信にかなり力を入れているのが強み。
不動産ポータルサイト(SUUMO、HOME'Sなど)への
物件情報掲載は、ほぼ全ポータルサイト網羅。
また、ポータルサイトへの写真掲載は、
「1物件につき何枚まで」という枠で
不動産業者がポータルサイトと契約しているそうですが
(多く写真掲載するにはそれだけポータルサイトにたくさんお金を払う)
一番枚数が多い枠(20枚だったかな?)で契約しているので、
かなりたくさんの情報を発信できるということでした。

<B社>
こちらは逆に地域密着の業者。
我が家の最寄り駅前に営業所を構えていて、
近隣の不動産売買、賃貸など手広く(?)やっています。
「このあたりのこんな物件を探している」という希望条件を
この業者に登録しているお客さん中心に営業をかけているそうです。
一応不動産ポータルサイトにも掲載されますが、
SUUMOだけだったかな?
写真掲載の枠も1枚だけでした。

迷った末に、地域密着型のB社に売却仲介をお願いしました。
決め手となったのは、皮肉にもA社の営業さんが教えてくれた、
中古マンション購入者の6割は、
対象物件の半径2キロ以内に住んでいた方

という情報でした。
(3ヶ月前に聞いた記憶なので、正確な数字は違うかも?)

つまり、近隣に住んでいる方が購入する可能性が高いわけで、
それなら地域密着型の業者の方がいいかなと思ったわけです。

が、売却開始してすぐ1組の内覧があった以外、
しばらくなしのつぶてで・・・。
「やっぱりA社にしておけば良かったかな」とちょっぴり後悔も。
そんなわけで再度A社にコンタクトを取ったり、
不動産業者による即時買取を検討したり、
と、次なる手を模索していた矢先の売却成立でした。

結果論ではありますが、我が家の場合、
地域密着のB社で正解だったのだと思っています。
と言うのも、3ヶ月で計5組の内覧がありましたが、
どの方も、別にピンポイントで我が家を見たい!
と問い合わせしてくれたわけではないからです。
我が家のあるエリアで築浅マンションを探している方に、
不動産業者が条件に合う物件をいくつかピックアップして
案内した中のひとつが、我が家のマンションだったわけです。
購入してくださったご夫婦も、そういった経緯で、
我が家含め10件ほどの近隣マンションを内覧・検討した結果、
我が家を気に入ってくださって購入にいたりました。

近隣の物件を多数抱えている業者だったからこそ、
我が家を検討候補に入れてもらうことができたのかなと思います。

webでの発信をメインに考えていたら、
問い合わせが来ないまま時間が過ぎて行ったかもしれません。
まぁ、たら、れば、なので分からないですけどね。


そんなこんなで、契約を済ませた夜の帰り道。
ホッとしたと同時に、
5年間大事に住んできたマンションを手放すことが決定して、
さみしさも感じた夫と私でした。
新居の資金計画のためには売却が必須でしたが、
資金のことさえなければずっと所有していたかった、
とっても愛着のある住まいです。

次の方も大事に住んで、この部屋を愛してくれるといいな。

と、ちょっぴり感傷的になってしまいましたが、
残り少ないこのマンションでの日々を、
大事に過ごしていこうと思います。
ともあれ、懸念事項のひとつがクリアできたので、
良い新年が迎えられそうであります!

ブログ村の参加カテゴリとは関係ない内容でしたが、
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  こぼれ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<今年の振り返り | top | いよいよ地鎮祭>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/71-b2d7b992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。