いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
室内物干し計画を考える :: 2013/12/20(Fri)

すごーく大したことない内容なんですが、
一応自分ではアレコレと考えたので、
覚え書き兼ねて記事にします。

我が家は共働きということもあり、
基本的に洗濯物は室内干しです。

というわけで、契約前の段階から、
室内物干し環境はきちんと整えたい!!
と各ハウスメーカーの営業さんには訴えていて、
セキスイハイムのプランでも、
こんな感じで各種(?)室内物干し設備が入っていました。

<1階>
 室内物干し1階

A:洗濯機を置く脱衣スペースにホシ姫サマ

 

B:和室にホスクリーン

 

<2階>
 室内物干し2階

C:洗濯機を置く洗面スペースにホシ姫サマ

D:寝室にホスクリーン

E:リビングの一角にホスクリーン

微妙に吹き出しの中の表記が間違ってるのはスルーで・・・。

日頃の洗濯動線はこんな感じになると思います。

<1階>
 物干し動線1階

1階は親世帯で、義母はきちんと毎日外干しです。
①洗濯機のある脱衣スペースで、
 洗濯機から直接Aのホシ姫サマに干す
②勝手口から出て、外の物干しに洗濯物を移動

シンプルですね!
洗濯物を取り込むときは逆の動線になりますが、
1階は水まわりと寝室が近い間取りなので、
ハンガー類やたたんだ洗濯物を片付ける動線もスムーズです。

雨が降った場合はAのホシ姫サマに部屋干しになりますが、
脱衣スペースはそこそこ広さがあり、
洗面スペースとは別なので入浴時以外は邪魔になりません。
来客が洗面スペースを使う場合でも隠せるのでOK!

一応Bの和室にホスクリーンを設置予定ですが、
こちらはあくまで予備の想定。
後から設置するのはわりと大変らしいので、
私たち世帯が将来使うことも考慮して付けておこう、
という感じです。

<2階>
 物干し動線2階

次に、2階の子世帯。
平日は部屋干し主義の私の動線は、
①洗濯機のある脱衣スペースで、
 洗濯機から直接Cのホシ姫サマに干す
②洗濯物をバルコニーまたはEのホスクリーンに移動
(休日はバルコニー、平日はホスクリーンのつもり)

洗濯物が少ない場合は①のままCのホシ姫サマでもいいですが、
子供が2人だとデイリーの洗濯はそこそこ量があります。
ここは洗面スペースを兼ねてるので、
あまり大量に干しっぱなしだと邪魔だし、
そもそも日の当たらない北側の水まわりで、
洗濯物も乾きにくいでしょう。
ってことで基本的にはEのホスクリーンに部屋干しです。

ただし、Eはリビングの一角であり、
言わばパブリックスペースです。
来客時などは干しっぱなしというわけにもいきません。
来客が洗面スペースを使うこともあるはずなので、
Cのホシ姫サマに干すのもNGです。
そんなときは、
③寝室にあるDのホスクリーンに洗濯物を移動!
ということになるかと思います。

という感じで、一応過不足なく、
室内物干し設備は整っているように思います。

が、間取りを眺めていて、ふと気付きました。

Eのホスクリーン。

 問題点

リビングというパブリックスペースに
ホスクリーンってどうなの!?


ホスクリーンと言えば、
干すときだけ設置できて、
使っていないときはポールごと取り外してスッキリ!
というのが売りですよね。
でも、ポールだけならともかく、
物干し竿までいちいち設置したり外したりって、
超メンドクサクナイデスカ!?
そもそも物干し竿収納する場所とかないし・・・。

普段はポールも物干し竿も取り付けたままで、
来客時だけ外すっていうのもありですが、
室内物干し設備という生活感のあるものを、
せっかくのリビングに日々出しっぱなしにするのは避けたい!
寝室ならいいのかと言うとそうでもないですが。

じゃあ取り外さなくても昇降するだけでいい
ホシ姫サマはどうかというと、
これはこれで存在感がゴツいのでリビングにはNGです。

どっちもリビングにはイマイチだなぁとリサーチしていたら、
ホスクリーン、ホシ姫サマと並んで(私調べ)
室内物干し設備として代表的なものがもうひとつありました!

室内物干しワイヤーのpid4Mです。

 

存在を知らなかったわけではないですが、
ビジネスホテルに良くある
ワイヤー物干しみたいなイメージなので、
日々の洗濯物を干すには強度が足りないかな?
と思い込んでスルーしていました。

が、10kgと意外と耐荷重があるんですね。
ポール一本あたり8kgのホスクリーンにはかないませんが、
ホスクリーンは物干し竿の重さ分がマイナスになると考えると、
その差はわずかかなーと。
10kgでデイリーの洗濯物では十分じゃないかなと思います。

干すときはワイヤーを張り、
取り込んだらワイヤーを戻すだけ。
ワイヤーを収納した状態では、
小さな箱が壁にくっついてるだけで目立ちません。
箱もなんかカワイイし。
ホシ姫サマ、ホスクリーンのいいとこどりじゃないですか!?

ただし、壁から壁にワイヤーを張るわけなので、
ワイヤー長さ(4メートル)の範囲内で
両側に壁がないと設置できません。
ここが天井付けのホシ姫サマやホスクリーンとの違いですね。

というわけで、我が家はホスクリーンのときとは向きを変えて、
南側の壁からこんな向きに設置することにしました。

 解決策

これでホスクリーンとホシ姫サマでは実現できなかった、
・室内干しするとき、片付けるときの手軽さ
・室内干ししていないときのスッキリ感
が両立できるはず!と思っています

ただ、それ以外の点で、2階はねー。
・水回り(ハンガー類を収納)
・リビング(室内物干し場所)
・各部屋(たたんだ洗濯物を収納)
が散在していて、片付け時の動線がすごく悪い気がします。
それがちょっと心配なのですが、
今さら間取りは変えられないので、
収納の工夫などで乗り切っていければなと思います。

と長々書いた後で記事を読み返してみたら、
単にホスクリーンをpid4Mに変えた、
という内容でしたね・・・
こんなに長々と書くようなことではなかったですが、
せっかく書いたのでこのままアップします。
最後までお読みいただいた方がいましたら、
お付き合いいただきありがとうございました☆

たくさんの家づくりブログが見られます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  建具・階段・設備
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<いよいよ地鎮祭 | top | シャープ&モダンな照明計画(を目指す)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/68-edd649df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。