いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
キッチンのリサーチ@ホームセンター :: 2013/11/11(Mon)

キッチンと言えば、注文住宅ならではの
こだわりポイントのひとつですよねー。

が、私の当初のこだわりはただひとつ。

I型の対面キッチンにしたい!

今のマンションのキッチンはL字型対面キッチンです。
L字型キッチンって、ひとりで作業する分には、
動線が短くて使いやすいんですが・・・。
我が家はわりと夫と一緒にキッチンで作業することが多く、
そうするとお互いの動線がぶつかりまくって、
大変ストレスなのです。

ということで、家を建てるなら、
キッチンはI型というのは譲れないところでした。

で、これは当初計画の段階でクリアできたので、
そうするとそんなにこだわりってないんですよね
大して凝った料理もしないので、
そこまで機能的にはこだわりがなく・・・。
システムキッチンならどれでもそれなりに使いやすいでしょ!
と思ってます。

ここに書くほどでもないですが、あえて希望を挙げるなら、

☆対面キッチンの内側が丸見えにならないよう、
 手元に立ち上がりがあること

☆収納ラックなどを追加しなくても、
 家電類がスマートに配置できること

☆ゴミ箱置き場があること

☆生ゴミ処理機(購入予定)置き場があること

☆布巾やゴム手袋を引っ掛ける場所があること

くらいなものでしょうか。
どれも、プランの作り方次第で、どこのキッチンメーカーでも
対応できるような内容だと思います。

と言うことで、重視するのはやっぱり見た目ですかね。
LDKの空間にマッチするテイストであることが重要です。

セキスイハイムとの契約時見積もりでは、
AAMというシリーズが入っていました。
これは、サンウェーブのアミィですね。



どうなんでしょう?
写真だけじゃイマイチ分からないですね。

ほんとは各社ショールーム行って決めたいところですが、
平日は仕事だし、休日は子連れで行かねばだし、
決めなきゃいけないのはキッチンだけじゃないし、
気になるキッチンメーカーを全て回るのは厳しい・・・。
という状況で、どうしようかなと思っていたんですが。

そんな中。

巨大なホームセンターには、
各社のキッチンなどの設備が
かなりのバリエーション展示されているらしい!


という情報を手に入れました。これって常識??

というわけで、出向いたのがジョイフル本田

いやー初めて行きましたが、これは一日中過ごせますね。
行けども行けども売り場が終わらない。
キッチンも、主要メーカーはおそらく全ライン展示がありました。
もちろん扉材や細かい仕様なんかは
全バリエーション見られるわけではないですし、
担当者がアテンドしてくれるわけでもないので
セールスポイントやオプション仕様もあまり分かりませんが、
質感やグレード感を把握するには十分なレベル。
機能より見た目重視の私には、ショールームに行かなくても、
かなり満足のいく情報量です。

肝心のアミィは・・・。
なんだか安っぽいかもな・・・というのが正直なところ。
やっぱ標準品で入ってるグレードですもんね。

いろいろ見て、いいなと思ったのは。

★パナソニック/リビングステーション



直線的なデザインや扉の質感など、
他のキッチンに比べてすごく洗練されている印象。
見た目の好みはこれが断トツかなぁ。
「リビングステーション」というだけあって、
家具っぽいと言うか、
リビングになじむようにデザインされていると思いました。

手元を隠したい派の心をくすぐる、
スマートステップ対面プランというのが魅力的でした。
パナソニックにするならこれですね。

★クリナップ/クリンレディ



こちらは、ステンレスの質感がクールで夫好みの感じでした。
パナソニックとは対照的に、ザ・キッチン!という感じで、
キッチンとしてのカッコ良さを追求しているように思えました。
どっちかと言うと男性好みな見た目だと思いましたが、
なぜかクリンレディって名前なんだよね・・・。

SSもかっちょいいなと思いましたが、後で営業さんに聞いたら、
「金額がイッちゃいます」ってことなので早々に候補から外れました。


★TOTO/クラッソ



これは、直線的な見た目がシンプル&モダンな感じで
好みにマッチしていたのもありますが、
それ以上にほうき水栓とすべり台シンクが、
機能にこだわらない私にもすごく魅力的でした。
特にほうき水栓は画期的!!

見た目の好みでいくと、パナソニックに次ぐくらいでしたが、
気になったのは、深い引き出しの下部が床面まであるところ。
(他のキッチンメーカーだと、深い引き出しは床上20cmくらいまでで、
その下に浅い引き出しがついてますよね)

頻繁に開け閉めする引き出しなので、開け閉めの際に
いちいちつま先に引き出しが当たるんじゃないかなと少々心配です。

TOTOは動線にかなりこだわって作っていそうなので、
考え抜かれてこういう構造なんだとは思いますが、
プチストレスになるかも?というのが不安点。

★サンウェーブ/リシェル



アミィと同じサンウェーブの、グレードの高いタイプですね。
デザインはそんなに特徴的ではなくてベーシックな感じですが、
質感や色味がわりと好みに近かったので候補にノミネート。


といったところです。
機能的な考察は全くなく、単なる私の好みの羅列でした・・・。

ということで、希望の順番は、

1.パナソニック/リビングステーション
2.クリナップ/クリンレディ
3.TOTO/クラッソ
4.サンウェーブ/リシェル


という感じですが、あとは見積もりを取ってもらって、
価格とのバランスで決めようかなと思います。

キッチン選びはほんとは注文住宅の醍醐味な気がするので、
楽しみながらショールーム巡りしたかったなという思いもありますが。
でも、時間の制約もあるし、子連れであちこち行くのは大変なので、
一ヵ所で何社分も見て絞り込み&順位付けができるというのは、
やっぱりらくちんですね。
ホームセンターあなどりがたし!と思いました。

この勢いで他もサクサク決められるといいですが、
どうなることやら!?

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<階段の色に悩む | top | インテリアの方向性と初回打ち合わせ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/54-783426ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。