いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録1 :: 2013/10/19(Sat)

ハウスメーカーを検討していった中で、
最後はヘーベルハウスとセキスイハイムまで絞り込まれ、
どちらかで契約する!という一騎打ち状態になりました。

ヘーベルハウスとは契約に至らなかったのですが、
かなりの労力を割いて(お互い)打ち合わせを重ねたので、
家づくりの記録としてその過程を書いておこうと思います。

ヘーベルハウスも坪単価はかなり高いので、
モデルハウスでいいなとは思ったものの、
予算的に厳しいかなぁという思いはありました。
でも、地場のハウスメーカーを見た後は(過去記事⇒
やっぱりヘーベルハウスが魅力的に思えたので、
プランの提案をしてもらうことに。

<初回打ち合わせ>
そういうわけで、打ち合わせの時間を取ったのですが、
最初に提示してくれたのは・・・。
ヘーベル1
営業さんの手描きの間取りでした
間取りもごく普通で特に魅力的でもなく・・・。
そしてこの段階での見積額も、
きちんと積算したものでなく、坪単価で算出したもの。
しかも5000万オーバーの金額ですよ・・・。
(予算を伝えているはずなのに全然考慮されていない)

最初に簡単な要望を伝えてから2週間程度期間があり、
わざわざ時間を取って展示場まで出向いたのに、
この完成度の提案なのか・・・と正直ガッカリしました。
素案の段階で意見を聞いて、
その後でちゃんとした図面に起こすというステップなんでしょうが、
この程度だったらメールでのやり取りで十分だったのに、
と今でも思っています。

というわけで、この金額じゃ全然ムリだし、
もっとちゃんとした提案&見積もりを出してくれないと判断できない、
とやんわりと伝えて次回持越しとなりました。
今思えば、そうやって次につなげさせたのも、
営業さんの戦法だったんですかね・・・。


帰った後、夫が減額のために坪数を減らすよう、
アレコレ頭を悩ませて間取りを検討していたのですが、
それってまずはハウスメーカーがやることなんじゃない!?
と私は少々ご立腹でした。

<バスツアー+2回目打ち合わせ>
そしてその翌週、バスツアーに参加しました。
工事現場+新築の実邸+築30年程度の実邸を見る、
という半日がかりのイベントです。
ここで見た実邸は確かにとってもステキでしたし、
工事現場では徹底的に管理されて丁寧に作っているなぁ。
という印象でした。

で、その後展示場に戻り、再度プランの打ち合わせ。
無理やり一日に詰め込みましたが、
子供たちも途中で飽きてきてムリな行軍だったなと思います


今度は設計士さんも同席のもと、
CAD(かな?)で作成したちゃんとした図面でした。
でもね、間取りは夫がアレコレ頭を悩ませて考えたもの、
ほぼそのままを図面に起こしたという感じ。
ヘーベルハウス側から新たに提案はなしでした。

各部屋のゾーニングは概ね問題ないんですが、
1階水回りの配置がイマイチかなぁ・・・という間取りでした。
一番気になったのは、親世帯寝室からトイレが遠いこと。
高齢でトイレが近いし、将来介護の可能性を考えると寝室・トイレは近い方がベター。
なんですが、そこを何とかしようとすると、
他の水回りの配置に無理が来てしまって・・・。

そして、見積もりはきちんと積算した額で出してくれましたが、
まだまだ予算オーバー。
1階水回りに関する要望+予算的な条件を考慮したプランを、
また次回打ち合わせで再提案してもらうということになりました。

<3回目打ち合わせ>
前回の打ち合わせ要望を盛り込んで、
翌々週、再度プランの打ち合わせ。

ちなみに、この頃はハイムとの打ち合わせも進んでいたのですが、
この打ち合わせの少し前に、
自宅にヘーベル営業さんが資料を届けに来てくれた際に、
「現状セキスイハイムと一騎打ちです」と伝えたところ、
想定外だったようで、少々焦りを感じさせるようになりました。
(それまで夫がヘーベルびいきの発言を繰り返していましたし、
 打ち合わせも他社より先行して進んでいたので)


それまではザ・営業マン!でゆったりした態度だったのに、
この打ち合わせでは、何かとセキスイハイムの欠点を言ってきました。
まぁ、私自身がハイムにかなり傾いていて
ハイムびいきの発言をしていたので、
営業さんもヒートアップしていたのもあると思います。
でも、あまりにハイム批判が多いので、
こちらもイライラがMAXに達してしまい、
「他社の欠点ばかり言うのはやめていただきたい!!」
と切れてしまいました。
それで営業さん自身もハッとしたようで、神妙に謝罪。
私も感情的になったことを反省しましたが、
「あぁ、このままじゃヘーベルと契約しても、
 楽しく家づくりの打ち合わせはできないかも・・・」

と思ってしまったのです。

肝心の間取りもね・・・。
一生懸命考えてくれたのは伝わるんですが、
同じハコの大きさの中であちこち入れ替えているだけなので、
どうしても限界があるんですよね。
(どうしても1階水回りの動線がイマイチ)
今まで検討してきたハコそのものの枠をとっぱらって、
ゼロから「こんな間取りも考えられますよ」と、
他の案を提示してくれてもいいのに、
あくまで最初に決めたハコの中でしか考えてくれないことに
不満を感じました。

そして、予算もまだまだオーバー。
最終的に値引きしますよという発言はあるんですが、
いつになってもその額は出てきません。

・スケジュールをガッツリ押さえてしまうこと
・提案を小出しにすること
・値引きを最後の最後まで提示しないこと

どれも営業のセオリーなのでしょうが、
私はだんだんそのやり方にイライラしてきました。
駆け引きとかなしでズバッと出してほしい!!と思うのです。

なんだかここまでの記事を読むと、
ヘーベルハウスの悪口ばっかり書いてますね
おかしいな・・・。
でも、もちろんヘーベルハウスにも魅力を感じたから、
最終候補まで残ったわけです。
長文になってしまったので、
そのあたり含めて次回に続きます~。
中途半端でごめんなさい!!

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録2 | top | HMに伝えた間取りの要望(基本)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/45-7ec1b0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。