いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
真冬の帯広 旅の記録 :: 2015/02/15(Sun)

先週2泊3日で北海道の帯広近辺を旅行してきました。

こんな厳寒の時期に北海道に行くと言うと、
大抵「スキーしに行くの?」と聞かれますが・・・。
私も夫もウィンタースポーツは一切やらない上に、
そもそも引きこもり傾向があるので(寒い時期は家に閉じこもっていたい)
真冬の北海道なんて、私たち家族だけでは発想さえしない旅行先です。

が、今回は大学時代の先輩家族に誘われ、
出不精夫婦としてはハードルの高いお誘いだったのですが、
でもこの機会を逃せば、
子供たちに思う存分雪遊びをさせてあげることはこの先ないかも!?
とせっかくなのでお誘いに乗って行ってまいりました。

ということで、旅のテーマは、
子供たちに雪遊びと厳寒の世界を体験させること!

そんな真冬の旅の記録です♪
私自身の行程の備忘録なので、ひたすら写真でつまらない内容です・・・。

まず1日目。

帯広空港に降り立った後、とりあえず幸福駅へ。

   01_幸福駅

見渡す限り雪景色です。

 02_幸福駅

列車の車両や旧駅舎には見向きもせず、この雪景色に興奮して、
早くも雪で遊びたい気持ちが抑えられない長男をなだめつつ、
ジンギスカンで腹を含ませて。

 03_ジンギスカン

白樺というお店で食べたのですが、
11時ごろに入ったら既に満席でしばらく待たされました。
みんな早い時間からジンギスカン食べるのね・・・。


雪遊びのためにいざ、十勝エコロジーパークへ。

こんなそりをレンタルして雪滑りができます。

 04_十勝エコロジーパーク

ここって公立の施設なのかな?
入場料は無料で、そりのレンタルも1時間300円と、
思う存分遊んでもお財布に優しい場所でした。

長男、気合十分です。

 05_十勝エコロジーパーク

雪山(?)自体はそんなに大きくありませんが、
子供たちは十分楽しそうに何度も何度も滑っていました。

 06_十勝エコロジーパーク

人がそんなに多くなくて、それもまた良かったです。

寒さに弱い次男も雪とたわむれ。

 07_十勝エコロジーパーク

同行した先輩一家には3人の女の子がいるのですが、
最初はぎこちなかった子供たちも、
ここでさんざん遊んだ後はだいぶ打ち解けていました。

 08_十勝エコロジーパーク

ちなみに、子供たちにはPHENIXのスキーウェアを着せて。

  

スポーツショップでたたき売りされていた激安スノーブーツやグローブ、
ネックウォーマー、ニットキャップなどで完全装備。

そこまで重装備でなくてもいいかな?と思いましたが、
でもやっぱり安心感があってすごく良かったです。
装備を整えないがために思う存分遊べないのは避けたかったので。

この後、白鳥飛来地で白鳥を眺め。

 09_白鳥飛来地

ホテルにチェックイン&夕食タイム。

ホテルはここに泊まりました。夕食のビュッフェがおいしくてすごく良かった!
 

そして、夜は彩凛華というお祭りへ。
たくさんの光のオブジェを眺めて楽しみます。

 10_彩凛華

寒さに弱い次男が抱っこ抱っこマンだったため・・・。

   11_彩凛華

私、スノボウェアを上着代わりにしているのでオシャレ度ゼロでスミマセン。

あんまりまともな写真がないですが、
スタンプラリーのイベントがあったりして意外と子供たちが大興奮。
大人だけだったら見るだけ見てすぐ帰った気がしますが、
体が冷え切るまで長居することとなりました・・・。

そんな感じで盛りだくさんの1日目でした!

そして2日目。

まず、道の駅うりまくというところで引き馬体験。

 12_引き馬

雪景色の中を歩きます。

 13_引き馬

長男、ちょっと緊張気味?

 14_引き馬

ここではポニーに触ったりもできるのですが。

 15_引き馬

馬が怖くて引き馬体験を拒否した次男は、
ポニーも怖くて遠巻きに眺めるのみ・・・。

 16_引き馬

そして、ここでも小さな雪山があって、さんざん雪遊び。

 17_道の駅

平日だったからか?他に人はなく完全に貸切状態でした。

 18_道の駅

ということで、予想外にちょっと足止めを食らいましたが、
その後は雪の山道を運転して然別湖コタンへ。

 19_然別湖コタン

この光景、普通の雪景色に見えますが、
もともとは湖だった場所が全部凍ってこの場所が出現しているのです。

 20_然別湖コタン

小さな氷の家がいくつか作られていて、中で飲み物なんかを飲めたりします。

ホットカルピスを飲む子供たち。

 21_然別湖コタン

テーブルも椅子も氷でできています。

山の上なので寒さが半端なくて、
ここでも次男はほとんど抱っこ抱っこマンでした・・・。

 22_然別湖コタン

こんなミニ迷路があったり。

 21-2_然別湖コタン

氷上の温泉なんかもあったりします。
温泉は丸見え状態なのでハードルが高いですが・・・。
規模がそんなに大きくないので大人だけだとそんなに時間が持たないですが、
子供はなんやかやといつまでも走り回っていました。

しかし、ここも入場無料なんですよねー。
十勝エコロジーパークも入場自体は無料でしたし、
道の駅うりまくの雪山やそりも無料でどうぞご自由にという感じで、
あと、六花亭や柳月スイートピアガーデンにも行ったのですが、
どちらも無料のコーヒーが飲み放題で、
なんだかどこも商売っ気がないというかサービス精神旺盛というか、
大丈夫なのかな?とこちらが心配になってしまいました。
観光地によっては何をするにもお金がかかるところもありますからね・・・。

そんなこんなで2日間雪の世界を満喫して帰路につきました。

 23_帰路

大人にとってはかなりハードでしんどい旅でしたが、
子供たちはほんとに楽しかったようで常時興奮状態でしたし、
あと、2家族で行ったことで子供同士交流できたことも、
楽しさを上乗せしていたようで、なかなか貴重な3日間でした。

そして、よそのお家の子と一緒に過ごすのって、
自らの育児やしつけを振り返る良い機会ですよね・・・。
先輩のお家の女の子たちは食事のときのあいさつもしっかりしていて、
長男より2つ小さい女の子の方がお箸の扱いが上手だったりと、
あ、もうちょっと我が家もちゃんとしつけしなきゃと思った旅でもありました。

あと、今回は荷物が膨大だったのでデジタル一眼カメラを持って行けず、
ポンコツコンデジでの撮影だったので写真がやっぱりイマイチで・・・。
もうちょっと良いコンデジが欲しいな~とまた物欲が出てきてしまいました。

そんな感じの真冬の北海道旅行でした♪
帯広は観光地としてはマイナーなのかな?
でもその分、人があんまり多くなくて、
ゆとりある旅ができてとても良かったです。
機会があればぜひオススメです☆

写真ばっかりで内容が薄くてスミマセン。
お読みいただいた方、ありがとうございます!


ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。
スポンサーサイト


  

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

  1.  お出かけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<復調傾向!?電気使用量&発電量(2015年1月)と真冬の快適エアリー電気代 | top | 楽天お買いものマラソン★Underground posterと迷い中のモノ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/196-a8178b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。