いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
web内覧会★寝室照明計画の勘違いとささやかなこだわり :: 2014/11/16(Sun)

前回の記事には過去最高数のビックリするくらいのクリックをいただきました!
一瞬ブログ村のシステム障害じゃないかと思いました。 ←今もちょっと疑ってる
応援いただきありがとうございます。ペコリ。

さて寝室のweb内覧会、続きです!

今回は、完成したら想像と違っていた部分がありましたので、
大したことじゃないんですが書いておこうと思います。

それは照明計画についてです。

寝室の照明は、こんな感じでダウンライトを3ヵ所設置しています。

 寝室照明計画1

ペンダントライトはホコリがたまりそうですし、
シーリングライトはイマイチ好みじゃないので、
ダウンライトを採用することはわりとあっさり決まりました。

とーってもシンプルな照明計画ですけど、
スッキリしていてミニマムな感じが結構気に入っています。

   寝室3

反対側から。

 寝室照明計画2

うーん。我ながらシンプル!

ところで、寝るときの照明って皆さんどうしてるんでしょう??

シーリングライトやペンダントライトだと(物によりますが)、
いわゆる豆電球っていうやつがありますよね?
常夜灯っていうんですかね?
寝るときは豆電球だけ点けるという方も多いんではないかと思います。

我が家の場合、夫は真っ暗派で豆電球も嫌がるんですが、
私は小さい頃から豆電球の明かりで寝ていたので、
なんとなく少し明かりがないと不安なタイプです。
それに、一緒に寝ている子供たちが夜中起きたりもしますので、
やっぱり豆電球くらいの明るさは欲しいなぁと思いました。

なので、寝室のダウンライトは調光できるタイプで!とお願いしました。

実家(もう築30年くらいですが)の主寝室も調光式のダウンライトで、
光を最低まで絞るとちょうど豆電球くらいの明るさだったので、
調光できるタイプならダウンライトでも常夜灯になると思っていたのです。
もちろん昔の家なのでLEDではありません。多分白熱灯?

ということで、ICさんがセレクトしてくれたのはコレ。

大光電機/DDL-4227YW


 

調光式のLEDダウンライトです。

こんなダイヤル(?)の調光器をクルクルまわして光を調節します。

 寝室照明計画3

寝ながら操作できるよう、調光器は枕元のニッチの中に設置。
ニッチの詳細は前記事参照⇒

調光器はコレです。大光電機/DP-37154E


 

これで万事OK!!ということで、それ以上深く検討しませんでした。

そして、住み始めてからウキウキ調光してみたところ・・・。

これが、明るさ最大の状態。

 寝室照明計画4

そして、これが明るさ最小の状態・・・。

 寝室照明計画5

※間違い探しではありません。


・・・。


あんまり変わんねーじゃねーか・・・。

カメラが勝手に補正しちゃってるので実際はもう少し明暗の差がありますが、
それでもこの一番暗い状態、私が想像していたような常夜灯レベルではなく、
リビングやダイニングでのリラックスタイムや映画鑑賞タイムなんかに
少し照明を落として雰囲気を出すというくらいのレベルです。

うーん。調光の用途って一般的には雰囲気づくりなんですかね?
リビングダイニングにそんなムーディな雰囲気を持ち込むなんて
考えたこともない私は、調光と言えば寝るときのためとばっかり思っていました。

そもそもLEDのダウンライトだとあんまり暗くはできないのか、
それとも探せばLEDでもかなり暗い状態にできるものもあるのか、
私の検索能力では答えにたどりつけませんでした。
まぁどっちにしても、ICさんに、
何のために調光できるようにしたいのか?
という要望の理由まで伝えていなかったのが敗因ですかね。

というわけで、最低まで明るさを絞っても寝るには明るすぎるので、
結局夜寝るときはこのダウンライトは完全にオフにしてまして、
その代わりコンセントにこれを差し込んでいます。

 

パナソニック電工(Panasonic)[WTF4077W] 明るさセンサ付ナイトライト

周囲の明るさを検知して、
暗くなると自動で点灯、明るくなると自動で消灯してくれます。
光の色はオレンジなので、豆電球っぽいですね。
これは寝室の写真ではありませんが。

 寝室照明計画6

これが意外とほどよい明かりで役立ってまして、
あちこちに買い足して今我が家では4箇所にこれが設置されています。

で、それなら調光できるダウンライトじゃなくても良かったんじゃ?
と思ったりもしたのですが・・・。
調光機能がなければ値段がグッと下がりますので。
でも、寝る前にベッドで子供たちに絵本を読んであげたり、
子供たちが寝た後にベッドで本や雑誌を眺めたりというときは、
煌々と明るいよりもちょっと絞った明るさの方がちょうどよくて、
一応調光機能も有効活用しています。

そんなわけで勘違いポイントだった照明ですが、
いろいろ結果オーライではあります。
ただ、営業さんやICさんに要望を伝えるときは、
「なぜそうしたいのか?」という理由まで添えて伝えれば、
認識相違を極力なくせたんだろうなとと後から痛感した一件でした。

そして、照明つながりで、
スイッチプレートのささやかなこだわりについて書いておきます。

寝室は一面がグレーのアクセントクロスになっていて、
アクセントクロスを貼った壁面には3箇所スイッチとコンセントがあります。
赤丸の箇所です。

 寝室照明計画7

スイッチプレートやコンセントプレート、こだわる方はこだわって、
ハウスメーカー標準ではないものをセレクトされていたりしますよね。
JIMBOのNKシリーズが有名どころですかね。

  

我が家はそこまでこだわり切れなかったのですが、
このアクセントクロスの壁に設置するものだけは、
グレーの壁に白いプレートが悪目立ちしないように標準以外のものをセレクトしました。

あ、ちなみに上で写真を載せた調光器もこのアクセントクロス上なのですが、
大光電機には白いプレートのものしかなかったので諦めました。


セレクトしたのはコレ。

 

パナソニックのラフィーネアシリーズです。
ネットでちょっとリサーチしてシルバーならこれかな~と
さらっと選んだのですが、設置された現物を見たら・・・。

 寝室照明計画8

カクカクっとしたシャープな形状が
予想以上にカッコよくて、ホレボレしてしまいました。

 寝室照明計画9

全くステキさが伝わらない写真でスミマセン。


ちなみに、ハイムの標準はJIMBOのJ-WIDEというスイッチ&コンセントです。
地域によって違うかもしれません。

 

これ自体、当初特に不満は感じてなかったんですが、
パナソニックのスイッチプレートと比べちゃうと、
なんかポッテリしてシャープ感に欠けるのが今は気になります・・・。

 寝室照明計画10

ってことで、家中のスイッチやコンセントにもっとこだわっても良かったなぁ。
とプチ後悔しているポイントだったりします。
でもそこまでこだわる時間的&精神的余裕がなかったんだよね・・・。
いつかDIYで交換しようかな?

以上、そんな我が家の寝室でした。内容が薄いわりに長文になってしまいました。
大きな不満はなく、快適に過ごしていますが、
住み始めるといろいろ出てきますよね。

居室のweb内覧会は以上となります!
残すところは玄関なんですが、玄関は後悔ポイントが多くて、
まだ反省点を整理しきれていないので、
記事にするまで時間がかかるかもしれません・・・。
ガンバリまーす。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!
スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *寝室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<後悔だらけの玄関への要望を振り返る | top | web内覧会★グレー尽くしのミニマムな寝室>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/168-7e661c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。