いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
web内覧会★和室建具の残念な不揃い感 :: 2014/06/15(Sun)

続きまして和室の残念ポイント。
今日はWカップ日本初戦だと言うのにPCに向かってる場合じゃないよ!
と夫に言われながら書いてます・・・。


おそらくこんな失敗する人はあんまりいないと思うので、
あまり誰の参考にもならないとは思うんですが・・・。
でも家づくりの記録と言うことで書いておきます。

収納の建具はダークな色にした我が家の和室。
前回の記事と同じ画像です。

 和室収納1

右側半分は布団収納のための吊収納。
左側半分は、掛け軸スペース&仏壇スペースで、
それぞれの下の空間を有効活用できるよう段違いの収納を造作しています。
普通は掛け軸って床の間に掛けるものだと思いますが、
それだと下の空間がもったいないから収納にしてくれ!という義父の要望でした。


前回の記事で写真を見てすぐに気付いた方も多いと思います・・・。
残念ポイントは建具の色です。

左側の段違い収納部分の建具と、右側の吊収納の建具。
明らかに色が違うでしょ・・・。

 和室収納3

右側の吊収納はハイムの収納建具で、色は旧仕様のDWです。
左側の造作収納はパナソニックの建具で、色はエクセルダークです。

 和室収納2

なぜ違う建具になっているのか?

右側の吊収納は、計画段階で普通にハイムのインテリアカタログから選びました。
左側の段違い収納は、こんな感じで!とイメージを伝えたら、
上棟してから現場でサイズ感を確認して造作しましょう!!
ということで、後から検討する計画になっていました。
ハイムの標準的な設備では、このくらいのサイズ・奥行の収納がなかったので。

とは言っても、ハイムの場合、上棟から引渡しまでたったの2ヶ月です。
私たちは旧居から建築現場まで距離があって週末しか確認できず、
見に行けない週末も当然ありましたし、
他にも現場を見ていろいろ追加・変更したい場所があったりで、
ついつい和室のこの収納については後回しになってしまい、
何も検討しないまま、気付けば引渡しまで3週間を切っていました。

「どうしましょう!?」と営業さんに泣きつくと、
ちょうど営業さんの方で検討してメーカーに見積もりを取ってくれていたところで、
「これでどうでしょう?建具の色は吊収納DWにできるだけ合わせてます」
とプランを提示してくれたのです。

それが、パナソニックのエクセルダークの建具でのプランだったのでした。

これは玄関収納ですが、この色です。

 

もしね、もっと自分の気持ちに余裕があるときだったら、
吊収納のDWの建具と色に違和感がないか、サンプルで確認させてください。
ってお願いしたと思うんです。

でもこの時期、キッチン納期のトラブルだったり、
仕事も忙しかったり、家族で体調崩したり、
引っ越し準備や転園準備もあったり・・・でなんだかそこまで気が回らず、
「じゃあこれでお願いします!」と、ほぼ即決してしまったのです。

結果、できてみたら、思った以上に色の違いがあったというね・・・。

そして、取っ手の向きも違うというね・・・。

ハイムの吊収納は横向きの取っ手。

 和室収納4

パナソニックの収納は縦向きの取っ手。

 和室収納5

こうして見ると、向きだけでなく、取っ手の形状も結構違いますな。
木目が両方とも縦方向で揃っているのがせめてもの救いでしょうか・・・。

ここが和室で唯一、だけど、面積が大きく目につく場所なだけに、
かなり大きい残念ポイントです。

でもね、あんまり営業さんを責める気持ちはありません。
「色味が似ている」っていうのは主観ですし、
実際住み始めた後もここの色味を気にしているのは私だけです。
何より感覚で伝えたにも関わらずサイズ感はピッタリでしたし、
エクセルダークの建具も、これ単体でみれば質感や色味は結構好みなんです。

 和室収納6

赤味の強いハイムのDW色よりも、むしろこのエクセルダークの色味の方が好みです。

サンプルでの色の違いの確認を怠ってしまった、と上で書きましたが、
そもそも造作収納部分をパナソニックの建具で提案してくれた時点では、
すでに吊収納側の建具は設置済みになっていました。
なので、その段階でサンプルで色の違いを確認したところで、
もうどうすることもできなかったのかもしれません。

後悔すべきはその時点のことではなく、
造作する収納のサイズ感は現地を見て決定するとしても、
建具だけは計画段階で決めておくべきだった!!
というところです。

・・・良く考えたら当たり前のことですね。
和室のこの収納を見るたびに、詰めが甘かった当時の自分を反省する私なのでした。

おまけ。

前回の記事で書き忘れちゃいましたが、和室の照明は、
旧居マンションの和室で使っていたものをそのまま持ってきました。
入居後の写真です。

 和室照明2

 和室照明

林工芸の和紙(風?)素材の球状ペンダントライトです。
同じものか分かりませんが、これかな?

 

大して高くもないし和室の定番でよく見るこの照明ですが、
和モダンな感じがこの和室にもマッチしてる気がします!そんなことない?
気付けば我が家はダウンライトだらけ(+ちょこっとシーリングライト)で、
ペンダントの照明はこの部屋だけですね。

以上、我が家の和室でした~。

1階親世帯スペースの残り部分はサラッと書いて、
早めに2階のweb内覧会に行きたいと思います。
(でも書いているとついつい長文になっちゃうんですよね・・・)

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<和室>

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

スポンサーサイト


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<外構リカバリ状況と不信感とマックスノブロック | top | web内覧会★ブルーバイオレットなモダン和室!?>>


comment

こんにちは

残念な結果になってしまいましたね。
私ならどうしたろうと考えてみたら、布団収納等々をすべてハイムさんの造作にしてもらい、統一感を持たせると言うことです。
既製品の方がセンスがいいのは当然ですが。
  1. 2014/06/15(Sun) 09:12:26 |
  2. URL |
  3. wanwanhouse #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。私は全く気付きませんでした(⌒-⌒; ) 確かに言われてみて確かにと思うくらいでした。 これって感性の違いですかね?(⌒-⌒; )


私的には違和感を覚えないです。なんか参考にもならないコメントで失礼しました。
  1. 2014/06/15(Sun) 21:43:07 |
  2. URL |
  3. 海猿 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

違うメーカー同士を組み合わせるとこういった、違いがあるんですよね。
色味、金具類。
ハイムでも、新旧組み合わせると若干の違いがありますよね。
これは、私は結構気になります。(性格上)

  1. 2014/06/17(Tue) 04:21:59 |
  2. URL |
  3. かつ~ん #JaFnjKT.
  4. [ 編集 ]

>wanwanhouseさん

おはようございます。コメントありがとうございます!
そうなんです・・・。結果として残念になってしまった感じで・・・。もし検討時に戻れたら、全てパナソニックの方で統一というのが一番あり得る選択肢だったかなぁと思います。今となってはなんで気付かなかったんだろう!?て思うんですけどね(^_^;)
  1. 2014/06/18(Wed) 07:33:14 |
  2. URL |
  3. やっこ #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

>海猿さん

おはようございます!
いえいえ、コメントいただけて嬉しいです(*^_^*)違和感ないと言っていただけるのもちょっとホッとします。
我が家も夫や義両親はそんなに気にしてないですね~。私も最近は、これは「家具」だから、吊収納とは違うものなんだ!と思うことで納得するようにしています。
  1. 2014/06/18(Wed) 07:36:27 |
  2. URL |
  3. やっこ #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

>かつ~んさん

おはようございます。コメントありがとうございます☆
そうなんです。そのメーカーの違いによる差異、当然なのになんで気付かなかったんだろう・・・と今となっては思います・・・。確かにハイムの新仕様、旧仕様でも違いますよね。
私も(性格上)結構気になっちゃいます(^_^;)あえて全く別の色味にした方がよかったかななんて思ったりもしますね~。想像力が足りなかったのかな!?
  1. 2014/06/18(Wed) 07:38:54 |
  2. URL |
  3. やっこ #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iebiyori108.blog.fc2.com/tb.php/121-d9ea8627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。