いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
まさかのミスで外構工事やり直し・・・ :: 2014/05/31(Sat)

つい数日前に完成間近!と記事(⇒)にした我が家の外構。
ここへ来てまさかのミスが発覚し、大幅にやり直すことになりました。

道路から玄関までのアプローチのステップを、
かなりの時間かけて職人さんが丁寧に作ってくれていましたが・・・。

 外構ステップタイル1

 外構ステップタイル2

このせっかく作ってくれたステップを、8割がた解体してやり直すのです。

なぜかと言いますと。

このステップの右側にあるこのスロープ。

 外構ステップ花壇

このスロープを上がったところに1台分の駐車スペースを作る予定でした。
なので、このスロープは車が通るわけです。
それを当然考慮して、スロープの幅は280センチで計画していました。

日々外構工事が進んでいくのを見て、夫が、
「ここの幅、結構狭いよね・・・」と何度かつぶやいていたのですが、
ちゃんと車が通れる幅で計画したはずだから、
そういうふうに見えるだけで大丈夫でしょ!!と楽観的に考えていました。

でも、ここにコンクリート流し込む予定日の2日前の夜。
ハイムのエクステリア担当さんから電話があって告げられました。

「スロープの幅が計画より狭い235センチとなってしまっています・・・」

・・・。

235センチ!?


 外構スロープ幅

図面では280センチになっていたはずなのに、
なんで違う幅で工事が進んでいるのか!?


と言いますと、ひとえにハイムの現場監督さんの指示ミスだそうです・・・。

スロープ横のステップを作る基準点を外構業者さんに指示する際に、
図面通りの位置ではなく、
解体工事後も残っていた既存の擁壁ブロックの端から
という指示を出してしまったそうな。

なので、責任の所在は100%ハイムなんですが・・・。
でも、誰かが注意していればもっと早く発覚できたはずの単純なミスなのに、
正確な図面を持っていたはずの外構業者さんも気付かず、
なんだか狭いな~と感じていた私たちも測ってみることもなく、
ズルズルと工事が終盤まで来てしまったのです・・・。

私、車を運転しないので、幅を言われてもピンと来ないんですが、
当初計画から50センチ近く狭いってことは相当に狭いんでしょうね。

車の幅って一般的には170センチ前後ってとこでしょうか。
このスロープは車が通過するだけで、人が乗り降りするわけではないので、
最初聞かされた時は、多少狭くても大丈夫かも・・・という思いはありました。
でも、実際車を寄せてみたところ、道路からバックでここに車を入れていくので、
やっぱり狭すぎて左側のステップに車輪が乗り上げちゃいかねない厳しい感じでした。
車を出し入れするのは毎日のことなので、
こりゃ相当なストレスになりそうだな・・・という印象。

せっかくここまで作ってもらったし、
やり直すとなったらまた工期が延びるし、
(外構業者さんも混み混みでまたスケジュールを組み直すのが大変だそう)
いつまでも外構が完成しないのは不便極まりないので、
私たち自身もやり直さずに済むならそのまま・・・と思ったんですが、
やっぱりこの先何十年も車の出し入れで不便を感じたくない!!

ということで、心苦しくはありますが、
計画通りの幅にやり直してもらうことになりました。
せめてコンクリートで固めてしまう前に気付いたのが不幸中の幸いでしょうか・・・。
ちなみに、やり直しの費用は全てハイム持ちです・・・。

これから解体業者を手配して、外構業者さんのスケジュール組んで、
と全て再調整するので、一体完成するのはいつになることやら??
ふりだしに戻るとまではいかないですが、3歩進んで2歩戻るってとこですね。
いろいろうまくいかない我が家の外構なのでした。

それはさておき、あと数時間で楽天スーパーセール始まりますね!

 

今回のスーパーセールで買おうといろいろ購入をガマンしてきたので、
しゃかりき参戦しようと思ってます!
次回記事はおそらく購入記録となります♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外構工事
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
外構進捗状況☆ステップのタイルと雨ざらしのポスト・・・ :: 2014/05/28(Wed)

パッと見はそんなに変わってないんですが、またまた外構進捗状況です。

道路から玄関ポーチまで続くステップにタイルが貼られました。

 外構ステップタイル1

 外構ステップタイル2

ステップの対面側には、隣家との境になる段々の花壇。

 外構ステップ花壇

もともとある境界のブロック塀が、歴史を物語っていますね・・・。
こうして客観的に見るとキチャナイですね・・・。
ステップと花壇の間にあるスロープに、これからコンクリートが施工されます。

タイル貼るのなんてあっという間の作業かと思ってましたが、
何やらすっごく丁寧に時間をかけて職人さんが作業しておられました。

タイルは、玄関の三和土やポーチに貼られたものと同じ、
Maristo/カンパネラSR41Nというものです。

 外構ステップタイル3

玄関ポーチとそこに隣接するステップは家本体と同時施工、
道路から玄関ポーチ前までは外構工事で施工、
と、施工のタイミングが約2ヶ月ずれたんですが・・・。

この写真の赤線部分がその境目です。

 外構ステップタイル3_コメント

写真だとあんまり分からないですが、
家と同時施工した側はタイルや目地が既にかなり汚れてて、
新しく施工したタイルと結構色味が違ってしまっています。
外構工事終わったらしゃかりき掃除しようと固く誓っています・・・。

家の周りの一段高くなったところから庭へも、
ステップを作ってタイルを貼ってもらったのですが。

 外構ステップタイル4

タイル施工直後に雨が続き、まだ庭はグランドカバーもなく土の状態のため、
いきなりタイルが激しく汚れてしまった・・・。あーあ。

そしてこれから設置予定のポストと機能門柱も・・・。
マックスノブロックのティンブク&テンダーハイブリッドです。

  

数日前に部材は届いていたのに、降り続いた雨のため、
職人さんはしばらく来れずに庭で雨ざらし状態・・・。

 外構ポスト部材1

 外構ポスト部材2

大丈夫なのかね、これ・・・。段ボールビショビショだけど・・・。

こーんなまだまだ終わらなそうな外構進捗状況ですが、
一応予定ではあと数日で終わるんだそうです。
ほんとかなー。
でも家本体もまさか終わらないだろうという状態から、
あっという間に仕上げて引渡しに間に合ったので、
きっと外構もそうゆうものなんでしょう!?

おまけ。

庭の畑にサツマイモの苗を植える義父と長男。

 サツマイモ植え

旧居マンションは、駅近で生活に必要なものは徒歩圏内で揃うし、
ディスポーザーがあって生ゴミは出ないし、
ゴミも24時間365日いつでも出せるし、
共用部分はいつでもキレイに掃除されてるし、
便利の極みのような生活でした。
それに比べると、車がないととても暮らせない場所で、
しかもマンションのように至れり尽くせりでない戸建てライフは、
暮らし始めるまでは若干不安があったのですが・・・。

でも、こうして子供が気軽に土と触れ合える環境は、
これはこれで贅沢な暮らしだな~と思います。

マンションだと、外に行くには、
玄関出て、廊下通って、エレベーター乗って、
また廊下通って、エントランスホールを抜けて・・・と結構億劫だったのですが、
今は気軽にフラッと庭に出たり、子供たちと散歩したり、
やっぱり戸建てだと外に出るハードルが低くなりますよね。
基本、インドア派(家で過ごすの大好き!)な私ですが、
せっかく庭もあるので、ちょっとは土いじりなんかもしてみようかなと企む今日この頃でした。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外構工事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★コンパクトな1階リビングダイニング :: 2014/05/26(Mon)

前記事に続きまして、次は1階親世帯リビングダイニングの内部です。
部屋の内部に関しては、あんまり豊富に写真がないのでサラッと書こうと思います。
嫁の立場としては、入居後にバシャバシャ親世帯エリアの写真撮るのもどうかと思うので・・・。

玄関ホールからスライディングウォールを開けると・・・。
使い回し画像です。

   1階LDKドア1

そこが親世帯のリビングダイニングです。

 1階LDK内部1

正確な数字分かりませんが、広さは10帖ちょっととすごーくコンパクトです。

ダイニングテーブルに加え、ソファやリビングテーブルまでは置く余裕ナシ!
ってことで、インテリアフェアでリビングダイニング兼用セットを購入しました。

 1階LDK内部2

formaxのGALAというシリーズです。
テーブルの天板がスライドできるので、食事するときは近くに引き寄せられて便利!
食事もリラックスもここで、という暮らし方(のつもり)です。
引渡し時に既に搬入されていたため、家具ナシの写真がありませんでした。


ダークな床なので暗い雰囲気にならないか少々不安でしたが、
クロスや建具を白で統一したので思ったより気になりませんでした。
なんてことない空間ですが、暗い床と明るい壁のコントラストで、
ちょっぴりメリハリついて空間に締まりが出たかなと思ってます。←自己満足。

振り返って入り口側を見ると。

 1階LDK内部3

スライディングウォールが存在感を放ってますね~。
右側のエアコン下の凹んだ部分は手持ちのTVボード用。

キッチンとの位置関係はこんな感じです。

 1階LDK内部4

うーん。やっぱりコンパクトで超普通ですね。
旧居は40坪超の平屋で、そこに義両親2人で広々住んでいたので、
もしかしたら今はせせこましく感じているかもしれません・・・。

写真を撮ってないですが、南側には幅270センチの掃き出し窓があり、
ここには電動シャッターを設置しています。
旧居はいわゆるザ・雨戸!って感じで、
夕方になるとガラガラ閉めるのが一仕事で大変そうだったので、
それに比べると電動シャッターはほんとらくちんだそうで、設置して正解でした!!

リビング内部の造り付け収納はこちら。
ユニットの柱の厚みを利用した、幅90センチのLD腰壁収納です。
キッチンと共用できる位置にも収納がありますが、そちらはキッチンと合わせて記事にしたいと思います。

   1階LDK内部5_コメント

腰より上の部分は、収納ではなく、ふかして壁としています。
せっかくの収納スペースにできる場所を壁にしたのは、
義父所有のお気に入りの絵(1メートル四方と巨大!)を飾るためデス。

回遊性を高めたり、通風を考慮したり、収納をたっぷり取ったりすると、
どうしても壁が少なくなりますよね。
義父自身も絵を描きますし、お気に入りの絵画やら掛軸やら、
義両親は飾りたいものがいろいろありそうだったので、
それらを飾る場所を確保するために、
親世帯の居室は途中で収納を削ったりして壁をちょっぴり増やしました。

腰の高さまでなので収納量はそこまでないですが、
リビング周りで使う細々したものの収納には良さそうです。

   1階LDK内部6

最近は、こうやって収納の内部までフローリングの床が続いていて、
床と収納内部の段差がないのが主流なんですかね?
スッキリしてていいですよね~。

腰より上の壁はふかしてあると書きましたが、
ふかしたところの下端に、ちょっとだけ小技を効かせています。

  1階LDK内部6_コメント

写真だと分かりにくいかもしれませんが、
下から20センチほどは埋めずに空洞となってまして。

 1階LDK内部6_吹き出し

その凹んだ空洞部分のサイドの壁にコンセントを設置しているのです。

はいつくばって下から見上げるとこんな感じ。

 1階LDK内部7_吹き出し

位置関係、伝わりますかね・・・。
分かりにくい文章でスミマセン。

固定電話をここに置く想定だったので、
電源アダプタ等が丸見えでゴチャゴチャしないようにしたい!
と言ったら、設計士さんがこういう施工を提案してくれました。
なかなか秀逸だと思いませんか!?普通??
我が家は仕様検討の打ち合わせはほとんど営業さんとで、
設計士さんと直接打ち合わせって最終仕様確認のときだけだったので、
ここが唯一設計士さんから提案してくれたところ。


照明は、部屋の四隅にダウンライトと、中央に引っ掛けシーリング。

 1階LDK内部照明1

中央には施主支給でシーリングライトを設置しました。
あ、こっちの写真はキッチンの照明が消えてるので暗く見えますね。

 1階LDK内部照明3

ダウンライト:
大光電機/LEDダウンライト DDL-8225YW

 

シーリングライト:
panasonic/LEDシーリングライト HH-LC574A

 

この照明プラン、私の信望する(ってほどでもないけど)高木英敏さん的には、
超NGパターンのプランではないかと自覚しております・・・。
我が家の照明計画については、こちらを参照。
シャープ&モダンな照明計画(を目指す)


この高木さんの本を読んだ後だと・・・。

 

こういう部屋全体をくまなく照らす照明プランはあり得ないですが、
でも高齢の義父はやっぱり部屋中が等しく明るく照らされる状態が良いみたいで・・・。
とにかく少しでも暗いと感じるのは許せないみたいです。
なので、親世帯の居室に関しては私たちの好みより義両親の意向を優先。当然ですけどね。
この状態で特に不満を聞いたことないので、多分不都合感じてないんだと思います!

シーリングライトについては、あんまり検討時間がなくて、
ネットでちょっとリサーチしただけでさっくり決めてしまったんですが。

 1階LDK内部照明5

薄くてスッキリしていて、四隅のシルバーがなんとなくモダンテイストで、
意外といいセレクトだったかな!?と思ってます。
照明消しているところ。

 1階LDK内部照明4

こんなところかなぁ。
イマイチ見所がない部屋でしたね。

しかし内覧会の写真撮るのって難しいですね・・・。
明るい場所で撮ってるつもりでも、写真では暗く見えたりするので、
基本的にきちんと照明を点けて撮るべきでした。
照明が点いてたり点いてなかったり、
統一感のない写真ばかりで失礼しました。

次は隣接する和室に行こうと思います!

↓↓↓web内覧会やみなさんのこだわり、イロイロ↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会*リビング

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★1階リビングダイニングと二世帯の距離感 :: 2014/05/22(Thu)

さて、ようやく居室のweb内覧会です。
まずは親世帯が使用する1階リビングダイニング

間取り上はこのとおり、1階の中央に位置しています。

 1階LDK間取り1

キッチンと合わせてLDKとして約16帖なので、
リビングダイニング部分としては10帖ちょっとくらいなのかな?
リビング、ダイニングと分けるほどでもないコンパクトな空間です。

シンプルな四角い間取りでそんなにこだわりポイントもないのですが、
あえてこだわりを挙げるとすれば、この玄関ホールとの間にある扉になります。

 1階LDK間取り2

と言っても、家の設備としてのこだわりと言うよりは、
二世帯での暮らし方をどう考えるか?という観念的なこだわりです。

我が家は、夫両親と私たち家族で暮らす二世帯住宅です。
各世帯のスペース分けは、1階だけ見ると。

 1階LDK間取り3

LDKなどの居室や洗面・トイレが親世帯の専用スペース(水色の部分)
玄関ホールや浴室が両世帯の共用スペース(ピンクの部分)
という感じです。

つまり、1階のリビングダイニングへの入り口の扉は、
両世帯の主な接点となる場所に位置するわけです。

 1階LDK間取り4

親世帯と私たちがどのくらいの距離感で暮らしていくのか?
というスタンスによって、ここにどういう扉を選ぶかが変わってきます。

極力お互い干渉し合わず、
それぞれの生活音なんかはできるだけ伝わらないように暮らしたいのか。
それとも家にいる間は頻繁に行き来して、
お互いの様子が手に取るように分かるように暮らしたいのか。

大抵の場合は両者の中間だと思いますが、我が家も同様で、
その中でもどちらかと言えば後者寄りのスタンスかなと思います。

私の思い描いていたイメージは・・・。

食事や団欒など基本的な生活は別だし、
用もないのに行き来するっていうほど近くはないけれど、
気を遣うことなくお互いのスペースの行き来はできる距離感。

今どんな風に過ごしているのかな?
というのが、意識しなくても筒抜けにならない程度に程よく伝わる距離感。
特に、子供たちがもう少し大きくなったら、
家に出入りするときの気配を義両親に感じてもらいたいと思っています。
(共働きの私たち夫婦が不在で、祖父母と子供たちだけ在宅という場面が多くなると思うので)

と、ごちゃごちゃ書きましたが、要するにここの扉を通じて、
ある程度お互いの世帯の気配を感じたい!ってことです(抽象的な表現ですが)

で、そのための扉の条件としては・・・。

・できるだけ開口部が大きく広いこと。
・閉じていても向こう側の様子が伝わる透け感のある扉であること。

という感じでした。

ということで選んだのがこちら。玄関ホール側から見たところ。

   1階LDKドア1

2枚建てのスライディングウォールで、半透明アクリル面材のものです。

ハイムのカタログで言うと、
スライディングウォールNタイプというやつですね。
色はダークな床に合わせてDW。

 スライディングウォールカタログ
この画像は旧カタログのものですが、新仕様でもたぶん同じものかと!?


2枚建てではありますが、引き違いタイプなので、
2枚分フルオープンできるわけではありません。
当初はフルオープンできるプランだったのですが、
詳細を詰めていく中でそれが叶わなくなりました・・・。
詳しくはこちらの記事参照⇒ここへ来ての残念ポイント1 1階LDKの入り口


約170センチの幅で天井まで、ドーンと半透明の扉がそびえたちます。
扉を閉めていても・・・。

   1階LDKドア2

結構扉の向こう側の様子が分かりますよね??

ここが1枚建ての普通のドアだったり、
2枚建てでも透け感のない全面ウッディなドアだったりしたら、
ほとんどドアの向こう側の様子は分からず、
両世帯の間が結構分断されていたんじゃないかなと思います。

リビングダイニング側から見たところ。入居後なので家具がチラッと写ってます。

   1階LDKドア5

スライディングウォールという名のとおり、壁一面が扉という感じですね。
玄関ホールの様子がうっすら分かります。

扉を開けると、玄関ホールとのつながりはこんな感じです。

   1階LDKドア6

開口部としては扉1枚分でフルオープンにはできませんが、
扉1枚分の幅が90センチ近くあり(普通のドアだと80センチ弱)
床から天井までオープンになるため、意外と開放感あります。
最近は過ごしやすい季節になってきたので、
ここはこういうオープン状態のときもよくあります。

と、見た目や機能というより、暮らし方を考えて選んだ扉なのですが、
期待していた以上に見た目もすごく気に入っています!!

スライディングウォールは天井から直接吊っているので、
ドア上部に垂れ壁やドアの枠がなくてスッキリしています。

 1階LDKドア3

上吊りなので、床にレールや見切りもなくてここもスッキリ!←私的にこれ、超重要です!!
分かりにくい写真でスミマセン。


 1階LDKドア4

扉の端に上から下まで溝があり、そこに手をかけて開閉するので、
取っ手はなく、それもまた直線的でスッキリします。

 1階LDKドア7

こうやって書いてみると、
私はスッキリした見た目が好きなんだなというのが分かりますね・・・。
あんまりそれを狙って選んだ扉ではありませんでしたが、
思いのほかスッキリしていて、
玄関ホール側からの眺めもなかなか気に入っています。

ちなみに、このスライディングウォールのカタログ表記「Nタイプ」は、
ナチュラル(Natural)のNだと思うんですが、
実際に見ると私の中ではナチュラルではなく和モダンって感じです。

親世帯の手持ちの家具やインテリア小物なんかは、
やっぱり比較的和なテイストのものが多いので、
1階は、検討時には全くキーワードとして考えもしなかった和モダンな雰囲気で、
意外とこのスライディングウォールとマッチしているなぁと思う今日この頃です。
この玄関ホールの格子もこうして見ると和モダンっぽいですね!

  1階LDKドア8

・・・と、扉のことだけでこんなに長くなってしまった・・・。
リビングダイニングのweb内覧会じゃなくて、単に扉の紹介でしたね。
えんえんとスライディングウォールの写真ばっかりで失礼しました。
部屋の内部については次回の記事に続きます・・・。
あ、でもそっちはアッサリ終わる予定!

--------------------------------------------------------------------
(2014/6/7追記)
こちらの記事を、『広島住宅総合館』という住宅ポータルサイトの、
「住まいのブログ」コーナーに掲載していただきました☆

 広島住宅総合館

すっごく内容の濃い家づくりブログが多数リンクされているコーナーです。
よろしかったらご覧ください♪
--------------------------------------------------------------------


↓↓↓web内覧会やみなさんのこだわり、イロイロ↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ いえづくりのこだわり

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
外構進捗状況☆だいぶ暮らしやすく・・・ :: 2014/05/18(Sun)

あんまり記事に書けていませんが、少しずつ外構工事も進んでおります。

家の基礎の周りには、家を囲むようにぐるりとブロックが設置されました。

 外構基礎周囲ブロック2

見てのとおり、このブロックは決して意匠的なものではありません。
我が家はもともと道路面から 1メートル以上盛り土した土地なのですが、
水災対策で家の基礎の周囲だけさらに15センチほど高くしています。
この家の周りのブロックは、高くなった部分から土が流れないようにするためのもの。

せめて少しでも見た目をマシに!ということで、
家の正面にあたる南側は化粧コンクリートブロックですが。
東洋工業のレガロというシリーズです。

 外構基礎周囲ブロック4

金額を抑えるためそれ以外は普通のコンクリートブロック・・・。

 外構基礎周囲ブロック3

という、おぼっちゃまくんびんぼっちゃまくんの家方式であります。

(追記)
最初「おぼっちゃまくん」と書いていたら、「びんぼっちゃまくんデショ」と夫に指摘されました・・・。
このネタ、どのくらいの世代まで通じるんですかね・・・。


まぁ化粧コンクリートブロックと言ったって、
所詮コンクリートブロックなのでそんなに見た目良くないですけどね。
しかし今思えばケチケチしないで全部化粧コンクリートブロックにすりゃ良かった・・・。


道路から玄関までのアプローチ(って言うほど立派なもんではない)も、
ステップの基礎が作られ。

 外構ステップ基礎1

 外構ステップ基礎2

コンクリートで形作られました。

 外構ステップ整形1

 外構ステップ整形2

ここには玄関ポーチと同じタイルが貼られる予定です。
ところどころ長男が写り込んでおります。

まだまだ中途半端な状態ですが、
今まで家に出入りするにはボコボコの斜面を通らねばならず、
夜なんかは結構おっかなびっくりだったので、
こうしてきちんとステップがあると格段に暮らしやすくなりますね!!

私たちは昼間は仕事で家におらず、
帰宅時には大体職人さんは帰ってしまっているのですが、
帰ってくると毎日少しずつ工事が進んでいてなかなか楽しみです。

家を建てているときは、当時の住まいから建築地まで距離があって、
週末しか見に来られなかったのが口惜しかったので、
こうして日々進捗状況を眺められるのはやっぱり楽しいものですね。

庭にあたる部分はまだ荒野状態ですが、
(庭に関してはハイムにお願いせず別の外構業者を探そうと思ってます)
雑草だけでなく、花なんかも咲いています。

 外構花

旧居の庭で育てていた花の種が落ちていたのか、根が生き残っていたのか・・・。
植物ってたくましいですよね。

早く外構が完成して、庭のことまで考えられるフェーズに行きたい!
と思ったりもしますが、我が家は家づくりが駆け足だったので、
こうして少しずつ進んでいくのも、悪くないななんて思うのでした。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外構工事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★階段周りの設備イロイロ :: 2014/05/15(Thu)

前記事にはビックリするくらいのアクセス&応援クリックありがとうございました!
しつこく階段のweb内覧会、続きます。
今回は階段そのものではなく、階段周辺の設備などについて。

こんなコの字型の形状の我が家の階段。

 階段拡大

手すりは外側の壁に沿ってグルリと設置されています。

 階段手すり

これは階段と同じくDAIKENのもので、踏み板と同じダルブラウンという色です。
特にこだわりなく指定もしなかった手すり。
多分DAIKENの階段には標準でこの手すりなんだと思いますが・・・。

 階段手すり拡大

ちょっとモッサリしてますよね・・・。

階段に関しては、このモダンテイストとはかけ離れた手すりが唯一の残念ポイント。
きっと手すりを変えるだけで、このフツーの階段の印象がだいぶ違ったでしょうね。
ここはちゃんとこだわって探せば良かったかなぁと思ってます。

Uターン部分の壁上部にはキッチントール(縦滑りだし窓)が2つ。

  階段窓1

どうせ手が届かず開閉できないのでFIXタイプでいいと思ったのですが、
FIXタイプの方が価格が高いそうで、普通に開閉できるタイプです。

上るたびにここから空を見られるといいななんて思ってましたが、
階段上るときって意外と上を見上げないもので、
ただの明かり採りになってます・・・。
でも、東向きの窓なので、朝はとても明るくて気持ち良いです

照明はこちら。

 階段照明1

大光電機/LEDブラケット DBK-38083

 

できるだけ壁からの出っ張りが少なく、かつモダンなもの、
というイメージでカタログから探してこちらを選びました。
シンプルですけど、薄くてスッキリしているのと、
スクエアな感じが窓のテイストとマッチしていて、結構お気に入りです。
伝わらない写真でスミマセン。

 階段照明2

照明を点けたところ。あ、照明にシールが貼りっぱなしですね。

  階段照明3

この写真だと暗く見えますが、明るさは十分です。

いちいち点けたり消したりしなくて良いように、
照明のスイッチはセンサータイプにしています。
1階の上り口、2階の下り口にそれぞれセンサーを設置。

 階段照明センサー

センサーはパナソニックのもの。
1階に親機のWTK1411W。2階に子機のWTK1911W。

 

明るさセンサー付きで、暗いときに上り下りするときだけ点くようになっています。
検知できるエリアや明るさは調節できるのですが、この調節が意外と難しく、
最初の頃は、たまに今点かなくていいのに・・・ってときに点いたり、
ちょっと暗いなってときに点かなかったりして・・・。
ちょうどいい具合に落ち着くまで意外と時間を要しました。
でも、結構モノや子供を抱えて上り下りすることも多いので、
やっぱりセンサーの照明は便利ですね。
と言うか、今となってはいちいちON/OFFするなんて考えられない・・・。

こんなところでしょうか。今回はちょっぴりあっさりした記事でしたね。
他の人から見たらごく普通の階段なんですけど、
私的には意外とお気に入りポイント満載で、
満足度の高い場所ランキングのかなり上位に来る場所です。

壁に囲まれて白っぽい空間なので、
今後壁に何か飾ったりして遊びたいなと思うやっこでした。

と、たかだか階段に長々と失礼しました。
興味ない方にはほんとどうでもいい内容ですね。
最後までお読みいただいた方、ありがとうございました!

参考になる記事がいっぱいです↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会*階段

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *階段
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
web内覧会★階段のこだわりは主張しないこと!? :: 2014/05/12(Mon)

ちょっと寄り道が続きましたが、web内覧会に戻ります。
次はこれまた微妙なテーマですが階段です。

ほんとは順序的に玄関から書きたいのですが、写真をあまり撮れていないのと、
書きたいことがありすぎてまとまらないので後回し・・・。


我が家の階段は、間取り上ここに位置しています。

 階段位置

二世帯住宅なので、昨今の定番であるリビング階段ではなく、
玄関ホールからつながる廊下に面した位置にあります。

階段部分を拡大しますと。

 階段拡大

コの字型のUターン部分を5段で回るタイプの階段で、
階段下は収納になっています。

ハイム階段プランで言うと、多分このU18型階段だと思います。
結果として我が家はハイム階段プランからは選びませんでしたが、
サイズや形状はこれと同じだと思います。


階段パターン

間取り上の位置も、階段の形状も、超フツーですね。
我が家に訪れてくれるお客さんも、このブログを読んでくれる方も、
多分誰も「わぁ!こだわった階段だね!!」とは思わないと思います・・・。

正直言えば、私も。

こんな主役級の存在感があるオープン階段や。

 ハイムオープン階段1

踊り場部分がフリースペースになっていて心踊る階段なんかに。

 ハイムオープン階段2
どちらもセキスイハイムのHPから画像お借りしています。

かなり憧れはありました(今もあります)。

でも、我が家は1階が夫の親世帯、2階が私たち世帯の二世帯住宅なので、
ある程度お互いのプライバシーを確保するためにも
あまりに上下のつながりを感じすぎる階段はちょっとなぁ・・・と思いますし、
それに階段下収納の存在も捨てがたいのでオープン階段は却下。

また、予算的に家のハコをこれ以上広げられない中、
踊り場を広くしたり、それでなくても、
角度をゆるやかにしたりUターン部分にゆとりを持たせたり、
と階段スペースを大きく取ろうとすると、
結局居室部分の広さを犠牲にせざるを得なくなるので、
やっぱり優先順位としては居室の広さが上に来ました。

そのため、当初プランからずっと変わらず階段はこのタイプでした。

でもね。我が家が選んだフツーの階段。
ハイム標準の階段プランから、な、なんと、
プラス15万円程度増額したものなんです!

この辺は検討時の記事に書きましたので、重複する内容ですが。
階段の色に悩む
DAIKEN(ダイケン)の階段


ハイム標準で用意されていた階段プランの色には、
我が家のフローリング(HDフローリングのウォールナット)と同じものがなかったのです。
私の中では床と階段の色が違うっていうのはあり得ない選択肢でした。
主役になるようなオープン階段でもない超ベーシックな階段なのに、
階段だけ唐突に色が違うってものすごい違和感があるんじゃないかなぁ・・・と。
ベーシックな階段だからこそ強く主張せず、
周囲から浮かずに自然に佇んでいて欲しい。

と思ったのです。
これが我が家の階段の唯一のこだわりですね。

そして、100歩譲って(?)床と違う色味の階段になってしまうならば、
せめて床面と直で隣接する蹴込み板は白くして違和感を極力少なくしたい!
と思いましたが、当時のハイムの階段プランには、
踏み板と蹴込み板が同じ色のタイプのものしかなく・・・。
こんなタイプですね。

 階段色パターン

ハイムの標準の階段プランからだと、
蹴込み部分を白くするという選択肢も選べませんでした。

ということで、唯一のこだわりを叶えるために。

できるだけフローリングの色と近いもの。
かつ、白い蹴り込み板を選べるもの。


という条件で他メーカーの階段をリサーチし、
ピックアップしたもののサンプルを営業さんに取り寄せてもらい、
比較検討の結果選んだのが、

★DAIKEN/ニューステージ階段★
 (踏み板:ダルブラウン/蹴込み板:ネオホワイト)


というものです。

階段自体の価格がハイム標準より5万円ほど高く、
また工場設置ができず現場設置となるためその作業費でさらにプラス10万円デシタ。

こーんなに苦労して探してお金もかけた階段だったのですが、
ハイムでも新仕様では蹴込み板が白いタイプがあるそうですね・・・。
そして営業さん曰く、「新仕様のDW色はウォールナットとかなり色味が近い」そうなので、
今なら私が望んでいた条件を満たすものがハイムのカタログから選べたんでしょうね・・・。
(旧仕様のDW色は赤味が強く、フローリングのウォールナットとは結構色味が違いました)
しかも増額ナシで・・・。フゥ。

と口惜しい思いは隠せませんが、でも選んだ階段にはとっても満足しています!

希望したとおり、床との色味がかなり近く。
使いまわし画像です。

 内覧会1*内装*階段との境1

蹴込み板も巾木も白いので、踏み板がダークでも抜け感があって重くありません。

  内覧会*階段4

いくつかの候補の中からこのDAIKENの階段を選んだ理由の一つは、
一段分の踏み板の中で木目の継ぎ目がほとんど分からず、
まるで一枚板のようにスッキリ見えること。
もちろん良く見ると継ぎ目が分かりますけどね。

 内覧会*階段2

他のメーカーで床と色味が似ていてもっと価格が安いものもありましたが、
踏み板に細く継ぎ目が何本も入っているのが安っぽくて、
比較しちゃうとこのDAIKENのものの方が価格なりの高級感があって◎でした。
多分誰も気付かない私だけのこだわり・・・。

あと、これまた誰も気付かないと思いますが、
ささやかなお気に入りポイントは、
巾木が真っ直ぐのラインでスッキリしていること。

  内覧会*階段巾木1

これもメーカーによっては階段の段差に合わせる形で
カクカクした巾木だったりするのですが。
こんな感じ↓の形状。

  内覧会*階段巾木2

掃除もしにくそうだし、見た目スッキリしていなくてイヤだなぁと思っていましたので、
選んだ階段が真っ直ぐラインの巾木で幸いでした☆

そして階段のサイズですが。

階段の幅は約80センチ。

 内覧会*階段サイズ1

一段あたりの高さは、約20センチ。
踏み板の奥行は、約23センチ。

 内覧会*階段サイズ2

Uターン部分はこんな感じで5段でまわります。

 内覧会*階段Uターン

かなりコンパクトサイズの階段ですね。
一段の高さや踏み板の奥行は、
間取りの指南本なんかに「最低これ以上は必要!!」と書かれている、
その最低ラインに近いサイズです。

 

たぶんハウスメーカーのいわゆる標準の階段サイズでしょうね。
住む前は傾斜が急で上り下りが大変かなぁ・・・と不安でしたが、
やっぱり標準サイズというのはそれなりに良くできているものなのか、
単に慣れただけなのか、特に不都合を感じていません。
年を取ったら感じ方がまた変わってくるんですかね。

と、階段そのものについてはこんな感じ。
どっちかというと経緯の方をウダウダ書いてしまい、
しかも写真もイマイチで、全体感の伝わらない内容で失礼しました。
階段は狭いので、うまく写真を撮るのが難しいですね。

でもまだちょっと書き足りないことがあるので・・・、
次の記事で階段周りの設備などについて書こうと思っています。
興味ない方には全く興味ないと思いますが、
よろしければお付き合いください☆

参考になる記事がいっぱいです↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ いえづくりのこだわり

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *階段
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
初めての電気使用量&発電量(2014年4月) :: 2014/05/10(Sat)

我が家は6.33kwの太陽光パネルを設置しています。

そんな新居に住み始めて1ヶ月ちょっと。
初めて日割りではない丸々1ヶ月分の電気代のお知らせがやってきました。

期間:4月4日~5月6日

★使用量 :539kWh (昼間:6kWh 朝晩:94kWh 夜間:439kWh)
★金額  :11,260円


★発電量 :708kWh
★金額  :26,904円


差額:+15,644円

こ、この結果・・・。

す・・・。

すごいですね!!

いきなりゼロハイムどころかプラスハイム(マイナスハイム?どっち??)達成です!

発電量、売電金額が期待以上に多かったのも嬉しい驚きですが、
昼間の電気代がほぼ太陽光発電でまかなえているというのも予想外です。

光熱費ゼロハイムを標榜するハイムを選んでおいて何を言うという感じですが、
私、太陽光発電には「大したことないんじゃないの~」とちょっと懐疑的で、
初期投資の金額を考えたら別に太陽光パネルは載せなくても・・・と思ってました。
「ゼロハイム」より「あったかハイム」のキャッチフレーズが魅力的でした。
でもハイムの提案には当然のように太陽光パネルが入ってますし、
どっちかと言うと夫が乗り気だったので設置したという感じなのですが・・・。

でも、こうして実際プラスの金額が入ってきてみると、
太陽光発電ってあなどれん!!
と、売電による収入のインパクトを今さらながら実感しています。
電気代が差引ゼロ、かつ、15,000円の収入って家計には大きいですもんね。

算定期間の最初数日間はまだ入居していなかったこと、
季節柄、快適エアリーやエアコンもほんの数回しか稼動させなかったこと、
などで使用量は平常時よりちょっと少なめだと思います。
あ、でも最初の2週間くらいは蓄電池が役立たずだったので、
その分はちょっと電気料金が高めになってるかも??


そして発電も今の季節が最も効率が高いそうなので、
(真夏は、日射量が多くても気温が高すぎて発電効率が下がるそうです)
きっとこの発電量がMAX値に近いんでしょうね。

というわけで差額のプラスも、これくらいがMAXかなぁと思っています。
でも期待していたよりもかなりプラスで、テンション上がる電力量通知でした。

ただ、もちろん差額のプラスは嬉しいんですが、それ自体が目的と言うより、
モニターを見て日々の売電量に一喜一憂したり、
電気代のお知らせを見てテンション上がったり、
と、太陽光発電は一種の道楽だなと思う私なのでした。

初期投資のもとを取るぞ!!
とか、
何が何でも光熱費ゼロハイム達成するぞ!!
などと意気込んだりするとしんどくなるので、
あまり期待しすぎずゆるーくエコハイム、ゼロハイムライフを楽しみたいと思います。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *エコハイム生活*
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
久々の楽天買いまわり 買ったモノと断念したモノ :: 2014/05/07(Wed)

楽天買いまわり、新居に欲しいものが細々あって久々に参戦しました。

 

ちょー久しぶりの買いまわり、小粒なものばかりですが参戦記録です。

☆1店舗目:カネマサ金物

寝室のホスクリン用に、nastaのランドリーポール。

 

室内用なので、ステンレス素材のいかにも物干しざお!ってものは避けたく、
いろいろ探してこちらに落ち着きました。
購入したお店ではないですが、色はこちら↓のグレー。

 

ロゴがかわゆいです。

☆2店舗目:イーデンキ

panasonicの明るさセンサ付ナイトライト。

 

我が家の寝室はシーリングライトではなくダウンライトなので、
豆電球のような常夜灯がなく、夜は真っ暗です・・・。
さすがにそれはちょっと不便なのでこちらを購入してみました。
コンセントに差しておけば、暗くなると勝手に点灯するそうです。

☆3店舗目:HOTCH POTCH


Blueloungeのケーブルボックスミニ。

 

インターホンの子機&電話周りのゴチャゴチャ解消のため。
これ、定番ですね~。でも初めての購入です。

☆4店舗目:爽快ドラッグ

店舗数稼ぎでいつもの日用品をこまごまと。

  

☆5店舗目:BunBun!Bee

夫の母と実家の母へ、母の日用のお花。

 

あんまりゆっくり検討する時間がなく、
ランキング上位だったこちらの「アジサイ・カメレオン」を急いでポチリしました。

☆6店舗目:Myレシピ 毎日トクだねP&Gマート

これは販売開始前なのでまだ購入予定段階ですが、次男用のオムツ。

 

もう2歳半、いい加減オムツも卒業して欲しいものであります・・・。

以上、6店舗でした~。なんか中途半端ですね。

ほんとは、前々から次回お買い物マラソンで購入しよう!
とたくらんでいたものが他にもありました。

子供部屋用のラグ。

 

simplehumanのバタフライカン。

 

KEYUCAの鍋ふた立て。

 

でもイマイチあちこち片付いていないので、
買っても余計ゴチャゴチャしそうだな~と冷静になり、
もうちょっと片付いてスッキリしてから買おう・・・。と断念。

来月はきっと楽天スーパーセールですよね。
そのときまでに部屋を片付けて、欲しかったものをいろいろ買おうと思います!

以上。じみ~なお買い物記録でした!

みなさん、走ってますね!

トラコミュ 楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
トラコミュ 楽天買いまわりのオススメはコレ♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:ネットでお買い物 - ジャンル:ライフ

  1.  お買いもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
外構工事ようやく着工 :: 2014/05/04(Sun)

今日は早朝出発で実家に帰省です。眠い・・・。
いただいたコメントの返信は戻ってきてからさせていただきます!

さて、本来は引渡し前に完成するはずだった我が家の外構。
増税前の駆け込み需要の影響で職人さんが手配できず、
ずーっと手付かずのままでしたが・・・。
先週後半からようやく外構工事が始まりました!

と言っても、職人さん、まだ別の現場を抱えているということで、
100%我が家の外構に注力してくれるようになるのは少し先のようです。
職人さんは平日しか来ないので私も夫もまだ顔を合わせたことなく、
平日昼間に在宅している義父からの情報です。


というわけで、着工したと言っても、
家の周りを囲むようにぐるりと溝が掘られ、
溝に沿って紐が張られただけの状態。
どういう意味があるのか素人の私には分かりません~。

 外構工事開始1

 外構工事開始2

後はブロックが庭に積まれていたり。

 外構工事開始3

小さなショベルカーが置かれていたり。

 外構工事開始4

というくらいで、まだまだ先は長い!という感じです。

せっかくなので、ビフォー画像として、
現在の庭の荒廃っぷりを載せておきます。
夕方なので暗い写真です・・・。

 外構工事before1

ひどいでしょ・・・。
道路から丸見えです。
とても人が暮らし始めているとは思えないこの剥き出し感。
どこの荒野ですか!?って感じです。

門柱も設置されてないのでインターホンが付けられず、
それじゃ困ると言ったら、棒を地面から突っ立てて簡易的に設置してくれました・・・。

 外構工事before2

数週間この状態で暮らしてすっかり慣れてしまいましたが、
この前を通る人はギョッとしているんじゃないかと思います。

大したことない外構計画ですが、それでも早く完成して欲しいものです。
またちょこちょこと工事記録を書いて行こうと思います☆

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!


  
  1.  外構工事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★HDフローリングの満足度 :: 2014/05/02(Fri)

さてさて、家全体の床をHDフローリングのウォールナットにした我が家。

 内覧会1*内装1*HDフローリング

ちなみにこのHDフローリングというのは、
木目調のプリントで、傷や汚れに強く、
ワックス不要のお手入れらくちんな床材
だそうです。
ハイム標準の床材よりは少しグレードが上がり、
差額は10~20万くらいだったかなぁ・・・。記憶が曖昧。
これはダイケンがOEMで作ってるんじゃないかと私は勝手に推測しています。

こだわって無垢材の床を選んだお家の人から見ると、
木目プリントなんて言語道断!でしょうね。
旧居マンションはフローリングが安っぽくて超残念な感じだったため、
無垢の床への憧れはかなりありましたが、
全居室同じ床材というポリシーのもとでは、
無垢材なんて予算的に夢のまた夢・・・。端から検討対象外でした。
いつか二世帯じゃなく夫婦だけのコンパクトな家を建てることがあれば、
そのときは無垢の床を・・・。遠い夢・・・。


とは言っても、HDフローリングのウォールナットに即決!
というように迷わず決めたわけではなく、
決まるまでには紆余曲折あり、最終決定まで結構時間がかかりました。
そんなに詳しく経緯書いてないですが、検討時の記事はこちら。
インテリアの方向性と初回打ち合わせ
床をウォールナットに変更


ちなみに床材として求めていた条件は、
・幅広のフローリング
・一枚の板の中に継ぎ目のないもの
・濃すぎないウォールナット素材
・アッシュ寄りの色味で赤味のないもの
・木目感が良くわかるもの

といったところです。

ハイムのインテリアカタログにはこの条件にピタリと当てはまるものはなく、
カタログには載っていない他メーカーの床材も検討したりしましたが、
結局コストの面から消去法で落ち着いたところがこの床材だったという感じです。

そして決めてからも、ほんとにこれで良かったのかな~・・・
とずっと不安が拭えませんでした。

なぜかと言うと、HDフローリングは比較的新しい床材のためか、
私たちが床材を検討していた頃はwebで検索しても、
実際HDフローリングを選んだ方の情報がほとんど出てこなかったんですよね。
私の検索スキルが低いだけって説もありますが・・・。
最近はボチボチブログで見かけるようになりましたね。


そして、展示場でもごく最近建てられたところでないと
HDフローリングは使用されていないということで、
私たちが足を運べる範囲には一軒だけあったのですが、
色がウォールナットではなくメープルだったのであまり参考にならず・・・。
結局小さなサンプルだけで決めるしかなく、
しかもそのサンプルだとかなりダークな色で木目感があまり分からず、
実際大きな面積に貼られたらどんな感じになるの~!?
というのが完成するまで不明で、半ば賭けのような選択でした。

・・・とダラダラと経緯を書きましたが、結論!!

いろいろ不安はあったものの、HDフローリングのウォールナット、
私としてはかなり満足のいくものでした!

かなり落ち着いた色味なので木目のコントラストは弱いですが、
幅広のフローリングということもあり、
想像していたより木目感がよく分かります。
この写真じゃ伝わらないですかね・・・。


 内覧会1*HDフローリングアップ2

今思えば木目のコントラストがハッキリしすぎていると、
ナチュラルやカントリー、もしくなアンティークっぽい雰囲気になりかねないので、
逆にこのぐらいの見え方の方が、モダン寄りのテイストで結果的に良かったかも?
と貼られたフローリングを見て思いました。

プリントの木目も、素人の私から見るとかなりリアルで、安っぽさはナシです。

ちなみにHDフローリングの板の幅は約15センチ
フローリングの幅としてはかなり広い方ですね。

 内覧会1*HDフローリング幅サイズ

フローリングの幅の違いで受ける印象なんかについては、こちらのサイトに簡単な解説があります。


このフローリングの幅は好みの分かれるところかと思います。
旧居マンションのフローリングの幅は7.5センチくらいだったかな?
昔ながらの一般的なフローリングの幅だと思いますが、
幅が細いため板と板の間のラインが多いのが
なんだか目にうるさいと言うか、せせこましいと言うか、
私としてはイマイチ好きになれなくて、
いつかマンションを全面リフォームすることがあれば、
絶対幅広フローリングだ!と常々思ってました。

そして実際、15センチという幅広フローリングにしてみて・・・。

目に入ってくる板の間のラインが少ないからか、
なんだか部屋がスッキリ広々見えるような気がします。
これまたこの写真じゃ分からないかな・・・。


 内覧会2*内装*フローリング幅2

そしてやっぱり幅広の方がテイストはモダンじゃないですか!?
(あくまで主観・・・)
ここは幅広にこだわって良かったなと思います。

というわけで、見た目満足度は◎のHDフローリングのウォールナット。

実際数週間住んでみての感想はと言いますと・・・。

1.埃が目立つ!!

これは、こういうダークな色を選択した時点で避けられないことですが、
やっぱり床の埃が超目立ちます!
2日くらい掃除機をかけずにいると、
部屋のあちこちの床がうっすら白くなっています・・・。
まぁたとえ明るい床だったとしても、
目立たないだけで埃がそれだけ溜まることには変わりないですし、
埃が目に見えて分かるというのは良いことだという考えもありますけどね。
実際こまめに掃除するようになりました。

ただ、見た目の埃っぽさはどうしても気になりますので、
こういったダークな床を選択した場合は、
毎日ルンバを稼働させるのが必須だな!と思っています。
我が家は毎朝出勤前にルンバを放っていくのが習慣です。
いまだ600シリーズを使用中・・・。最新機種が欲しい・・・。

 

2.感触が冷たい・・・


新居に入居した4月上旬は、冬のような寒さが戻ってきていました。
旧居マンションは暖房いらずの暖かさだったので、冬でも裸足で過ごす日が多々あり、
その延長で当初裸足でペタペタ歩いていたのですが・・・。
床のあまりのヒンヤリ感に耐えられず、
あわててルームシューズをポチッと注文しました。
もはや定番!?のsarasa design storeのバブーシュ。

 

これは戸建ての宿命なのか、床材によるものなのか分かりませんけどね・・・。
きっと無垢の床だと真冬でも温かみがあるんだろうな~。
などと未練がましく思ったりもしますが、
まぁ肌触りや質感が無垢にかなうわけもありませんし、
ここはコスト見合いで選んだものなのでやむなしですね。

と、マイナス面も書き連ねてしまいましたが・・・。
でもこのHDフローリングのウォールナット、
満足度100点満点とはいきませんが、
総合的にはとても気に入っていて、これを選んで良かったと思っています。

コストや見た目のバランス、メリットやデメリットなど、
いろいろな面から検討&熟慮して決めた床材なので、
自分の中でもきちんと納得感があり、
他のものにすれば良かった~という後悔はゼロです。
これ、大事ですよね!

あとはきちんと毎日掃除して、キレイを保つべく努力していきます!!

と、たかだかフローリングについて2回にわたり長々と書いてしまいました・・・。
しかもweb内覧会と銘打ったわりに写真が少ないですね。
いろいろ思い入れがあったこともありり、ついつい長文となってしまいましたが、
こんな感じでマイペースでweb内覧会続けていこうと思います。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

こちらも参加しています。

にほんブログ村 トラコミュ みんなのWeb内覧会へ
みんなのWeb内覧会
↑たくさんの素敵なお家が見られます!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *内装
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。