いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
リフォームのイメージ作りとアイデア集め :: 2013/06/29(Sat)

やっと週末です!
ここ1ヶ月ほどは、ほぼ毎週のように
どこかのリフォーム会社と打ち合わせでしたが、
今週末は久々に何もく、やっぱり少しホッとします

さてさて、リフォーム会社選びと同時に、
自分たちの中でリフォームの具体的なイメージを
つくっていかないとなぁと思い、
最近こんなものをつくりはじめました。
scrap1.jpg
インテリアの本や雑誌、リフォームカタログなどから、
いろんな写真をスクラップしています。
「こんな感じいいな~」という写真はもちろん、
好みでなくてもアイデアが参考になりそうなものなど、
気ままに切り抜いて集めていっています。

子供部屋は、こんなアクセントウォールにしたいな~とか。
scrap2.jpg

子供部屋は、主張しすぎないこんなドアがいいかな?とか。
scrap3.jpg

こんなカウンターまわりはステキだな~とか。
scrap4.jpg

あとは、リフォームとは関係ない、
好きなテイストのインテリアの写真なども。
scrap5.jpg
切り取るにはもったいない本などは、
カラーコピーしているので微妙に色がくすんでます・・・。


何となく頭でぼんやり考えていたことが、
こうやって集めていくとはっきりしていきますね。

実際のプランを検討し始めたら、
制約があって思い通りにはできなかったり、
予算的な都合で妥協したり、
いろいろ思い通りにならないこともあるとは思いますが、
今はこうやって思いをはせるのが楽しいです♪

ちなみに、これがすごーく参考になります!

 

アクタス社員の家の写真を集めた123人の家
生活感があふれつつも素敵なインテリア、満載。
私もこんなセンスよくなりたいものです。

ではでは、この週末はのんびり過ごしたいと思います♪

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

スポンサーサイト
  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
リフォーム相談&現地調査(東急ホームズ) :: 2013/06/27(Thu)

先週末は、東急ホームズ
リフォーム相談&現地調査をお願いしました。

リフォーム会社は、既に見積もりを出してもらっている
大京エル・デザインOKUTA LOHAS Studio
そして東急ホームズのどこかで決めようかなと思っています。

と言いつつ、いきなり最初からネガティブなんですが・・・。

東急ホームズは当初WEBから問い合わせしたものの、
一向に連絡が来ず・・・。
一週間待ってこちらから再度問い合わせをして、
やっと連絡が来たのがその2日後。
明らかに忘れられていたと思うのですが、
特に連絡が遅くなった謝罪があるわけでもなく、
普通に「ではお伺いします」という感じ。
対応がイマイチすぎて、出ばなをくじかれたような気分。

というわけで、かなり後ろ向きな気分でスタートでした。

担当の方はかなり年配のベテラン風な感じでした。
エルデザインもOKUTAも担当の方は30代くらいだったので、
少々戸惑ってしまいました。

主に伝えた希望としては、
・和室の洋室(子供部屋)へのリフォーム
・キッチンのカウンターテーブル変更
・5帖の洋室を収納スペースとして整備
の3点です。

これまでの2社とのやり取りから、
玄関部分のリフォームは断念する方向で固まっているので、
今回は見積もりに含めるのもナシにしました。

あと、和室からリフォームして作る子供部屋は、
子供が小さいうちはできるだけオープンな感じで
リビングとの一体感が欲しいと伝えたところ・・・。
リビングとの境に天井まで壁を作ると
どうしても独立した部屋の感じは否めないので、
腰高の壁っぽくして窓枠だけ設置しておき、
将来的にそこに窓を作るようにしては?
(つまりドア以外の部分は腰から上がオープンになる)
と提案がありました。

何となく今までスリット窓のイメージで固まっていたので、
半分はオープンにしてしまうというのは新鮮というか、
すぐにはイメージがわきませんでした。
見積もりはそれで出してもらうのと同時に、
できればイメージ図みたいなものを作って欲しいと
お願いしました。

ベテランで経験豊富そうなだけあって、
アイデアの引き出しはたくさんあるようでした。
が、何となくパッとしない印象というか、
「詳しくこちらのニーズをヒアリングしよう」
という意志があまり感じられず、
私や夫ばかり喋っていた気がします。

なので、1時間弱くらいで終了でした。
エルデザインやOKUTAのときは2時間くらいかかりました。
まぁこちらの希望も当初より固まっていて、
あまりブレがないからというのもあると思いますが。


そんなに期待できないかなぁ・・・。
なんて思うのですが、エルデザインとOKUTAを考えると、
必ずしも現地調査時の印象の良し悪しは
見積もりのグレードとは関係ない気もするので、
一応前向きに待ってみたいと思います。

リフォーム会社選びも気付けば大詰めです。
後悔しない選択ができるといいな。

ダラダラとまとまりのない文章で失礼しました~。

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
MARKS&WEBのボトルたち :: 2013/06/26(Wed)

かれこれ長いこと、シャンプーやボディソープの
ディスペンサーを探して続けています。

これまで候補はいくつかありましたが。

  

デザイン的にいいなと思うものはどれもノズルが細く、
レビューを見ると大抵、
「一押しで出る量が少ない」とあります。
それがプチストレスになりそうな気がして却下。

かと言ってノズルがポッテリしたデザインだと
どれも安っぽくて見た目がイマイチ・・・。

そんなわけで、ディスペンサーはいまだ購入にいたらず、
最近はこのボトルで落ち着いています。
marksweb_1.jpg
MARKS&WEBのシャンプー・コンディショナー・ボディソープ。
使われているブロガーさん、多いですよね。

ラベルのデザインがシンプルですごくかわいい。
marksweb_2.jpg
ドラッグストア系に比べてお値段高めですが、
一応今のところ中身もMARKS&WEBです。
ネットショップ限定の1000mlの詰め替えタイプが、
一番コスパが良いのでそれを詰め替えています。

一歳の次男も最近やっとベビーソープを卒業し、
こちらを使い始めました。
関係ないですが、長男は何となくタイミングを逸して
4歳近くまでベビーソープ使って洗ってました。
普通どれくらいで卒業するものなのかな?

使用感はかなりマイルドかな~。
小さい子供たちにはちょうどいいですが、
ガッツリ洗いたい人には物足りないかも?
我が家は男の子2人なので、
汗臭いお年頃になってきたらきっと、
もっと洗浄力が強いものにせざるを得ないと思われます・・・。

まぁそれはさておき、このボトルたち、
浴室の中でも目立ちすぎず素っ気なくもなく、
ほどよい存在感でたたずんでおります。
marksweb_3.jpg
これだけだったらスッキリしてて良いんですが・・・。
狭くてうまく引きで撮れませんでした。
  marksweb_4.jpg
残念ながら実態は・・・。

並んで存在を主張しているものたちが・・・。

marksweb_5.jpg

夫のスカルプDです。

 

30代もぼちぼち中盤の夫、スカルプケアは必須であります。

というわけで、スッキリシンプル!!とはいきませんが、
それでも視覚的なストレスはだいぶ軽減されています。
ディスペンサーも探し続けていこうと思いますが、
当面はこのボトルで満足できそうです。

こんまりさん曰く。

 

シャンプー類は浴室内に置かず、
入浴時にボトルを持って入り、
出るときにはまた片付けるそうですが。

ズボラな私はさすがにそこまでできないので、
出しっぱなしにしておくものたちを
できるだけデザインの良いものに替えていけたらいいな。
と思うのでした。

日常的に使うものを高い美意識で選んでいる方たち、
すごーく参考になります!!
    ↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ シンプルな道具たちへ
シンプルな道具たち

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

  

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

  1.  片付け・収納
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)③~対応~ :: 2013/06/21(Fri)

珍しく連日の更新ですが、しつこく続きます~
またまたOKUTA LOHAS Studio大京エル・デザインの比較。
(これで最後の予定です)

見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)①~提案資料~
見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)②~見積もり詳細~

今回は担当の方の対応を比較してみます。
見積もりというよりは全般的な比較になりますが・・・。

まず最初の問い合わせ~現地調査まで。

OKUTAは何社か資料請求&問い合わせした中で、
一番対応が迅速でした。
すぐに連絡が来て、現地調査の日取りも即決。
現地調査後、見積もり提示までも迅速でした。

契約前で「営業」の段階だから迅速に対応する、
という部分もあったかもしれませんが、
たとえそうでも、最初からグダグダな会社だと、
やっぱりその後任せるのは不安なので、
その点、OKUTAは安心感があるなと思いました。

相談&現地調査の際も安易にできるとは言わず、
なかなか信頼できそうな印象でした。
(あくまで印象ですが)


エル・デザインは、対応の速さはまぁ普通かな~。
ただ現地調査後、見積もり提示までは、
日程調整にモタモタして結構日にちが空きました。

相談時の印象は、記事にもしましたが(過去記事⇒)、
提案力がイマイチかなという感じでした。


というわけで、ここまでの時点では、
私の中ではOKUTAの方が高評価でした。


ですが、前々回前回の記事で書いたとおり、
見積もり提示時の資料の充実具合、
金額の根拠の確かさは、断然エル・デザインが上でした。

そして、見積もり提示時の打ち合わせ内容を受け、
エル・デザインは見積もりを再作成してくれることになりましたが、
OKUTAはそれは契約以降という雰囲気でした。
これはちょっぴりうーんという感じですよね。
提案内容の薄さやフォローのなさからは、
少額リフォームだからあんまりやりたくないってこと?
なんてうがった見方をついしてしまいます。

提案力がイマイチという第一印象だったエル・デザインは、
打ち合わせ回数を重ねるごとに、
プランナーさんからいろんな提案が出てくるようになり、
結構「いいねいいね!!」という提案もあったりして、
今では意外と期待できそうな気がしています。

というわけで、最初は、
OKUTA > エル・デザイン
だった評価が、今は、
OKUTA < エル・デザイン
という評価に変わって、
私的にはこの2社だったらエル・デザインかな~という気持ちです。
夫の中ではとくに決定事項ではないみたいですが。

と、3回にわたって2社の比較について書いてみました。
あまり他の方には興味のないような内容ですみません

なんだかOKUTAに対してマイナスの記述が多くなりましたが、
リフォームの状況は人それぞれ、なので、
決してOKUTAを否定しているわけではありません。
もし不快に感じた方がいたらごめんなさい・・・。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。
今週もあと一日ですね!頑張りましょう~☆

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)②~見積もり詳細~ :: 2013/06/20(Thu)

前記事に引き続きまして、
OKUTA LOHAS Studio大京エル・デザインの比較です。

見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)①~提案資料~

今回は、肝心の見積もりの詳細について。

結論から言うと、
OKUTAはかなりざっくり、
大京エル・デザインは細かくきっちり、
という感じでした。

OKUTAの見積もりでは、
・解体工事 **円
・電気工事 **円
・仮設工事 **円
・・・
などなど、大まかな項目ごとの金額提示のみで、
その中での細かい内訳はなしでした。
和室部分でいくら、玄関部分でいくら、などの内訳もなく、
一体何にどれくらいかかっているのかかなり曖昧。
というよりほとんど不明!?

エル・デザインの見積もりでは、
たとえば電気工事だったら、
・スイッチ移設&新設 **円
・照明ローゼット移設&新設 **円
・コンセント移設 **円
・・・
仮設工事だったら、
・共用部分の養生 **円
・専有部分の養生 **円(単価×必要平米で算出)
・引き渡し時クリーニング **円
・・・
といった形で、かなり細かく内訳が記載してありました。
玄関部分の工事だけやめたらいくらマイナスなのか?
などと言ったこともすぐに分かる見積もりでした。

私は素人なので、細かく記載してあったとしても、
内訳項目の漏れや余計なものが含まれていないかどうか、
個々の項目の金額は妥当なのか、
というのは正直なところ判断できません。

でも、うがった見方かもしれませんが、
ざっくりした見積もりと言うのは、
業者側にとって後からどうにでもなってしまう気がします。

たとえば後から
「これは見積もりに含まれていないから追加です」
と言われても文句のつけようがないし、
本当は必要のない費用が含まれていても、
ざっくりした金額からは分かりません。

実際、エル・デザインは精緻な見積もりだったので、
二重床の工事が不要ということが判明したりしました。


ということで、やっぱりざっくりした見積もりのまま、
契約してしまうというのはかなり不安を感じます。

それからね、OKUTAはデザイン力が強みという感じですが、
プランを作っていくうえでデザイナーに入ってもらうには、
また別途料金がかかるそうです。
今回提示してもらった見積もりには、
デザイナー料金は入っていません。
まぁフルリフォームではなく部分リフォームなので
既存部分のテイストを考慮したプランになるだろうし、
わざわざデザイナーに入ってもらう必要はない、
という判断なのだろうと思いますが・・・。
「OKUTAならでは」というリフォームをしてもらうには、
(それが好みに合うかどうかはまた別として)
見積もり金額よりかなり高くなるんだろうなと思います。

と、なんだかOKUTAに対して
ちょっぴりマイナスの記事になってしまいました。

読んでくださる方はあまり興味がないとは思いますが、
担当の方の対応についても、
次記事で比較を書いてみたいと思います。

よろしければお付き合いください~。

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
見積もりの比較(OKUTAとエル・デザイン)①~提案資料~ :: 2013/06/19(Wed)

今日は子供の保育園の行事のため、
仕事はお休みでちょっぴりのんびりの朝です。

さてさて。
OKUTA LOHAS Studio大京エル・デザイン
2社の見積もりが揃いました。
これからもう1社、話を聞く予定ですが、
とりあえず2社の見積もりを比較してみたいと思います。

まずは見積もり以外に提示された提案資料です。

OKUTAは、見積もり金額が低く出たために
プランから含めて検討しなおしませんかという
担当の方の思いがあったためか、資料はこれだけでした。
OKUTA_image.jpg
リフォーム後の間取り図イメージを、
手描きでトレーシングペーパーに描いたものです。
これはこれで「なるほどね」と、
それなりにイメージも湧いたのですが・・・。
(別にその時点ではこれだけ?とは思いませんでした)

一方、大京エル・デザインは前記事でも触れましたが、
リフォーム後の間取り図・イメージを
(手描きながら)きれいに整形してくれた資料でした。
イメージ写真の切抜きも入れてくれたり。
エルデザインimage_1
立体的に見たイメージも描いてくれています。
エルデザインimage_2
あと、見積もりに使用した建具やフローリングの
カタログ写真も切り抜いて入れてくれました。
エルデザインimage_5
こちらが考えていたことが、
プランナーさんにはどういう風に伝わっていて、
どういったイメージでリフォームを考えてくれているか、
ということがすごーく分かりやすい資料でした!
自分の中でも具体的にイメージできてすごく良かった。

担当の方の考えに違いがあったとは言え、
2社の資料の差は歴然ですよね・・・。
もちろん、見積もり時のプランは決定事項ではなくて、
実際は契約後に細かいことを詰めながら
きっちりしたプランを作っていくのでしょうが、
やっぱりある程度のイメージが見えていないと
こちらの思いがちゃんと伝わっているのか?
この業者に頼んで大丈夫なのか?
というのが判断できない気がします。

そういう意味で、エル・デザインの方が、
まかせても大丈夫そうと安心感はあるかなという感じです。

見積もりの詳細に関しても結構違いがあったのですが、
長くなりそうなので、また次の記事で続きを書こうと思います。
ではでは。

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
見積もり結果(大京エル・デザイン) :: 2013/06/16(Sun)

先週のOKUTA LOHAS Studioに続きまして、
大京エル・デザインから見積もりが出ました。

見積もり以外にも資料をたくさん作ってきてくれました。
リフォーム後の間取り図や、
こんな風にしたいと伝えていたことのイメージ写真。
エルデザインimage_1
手描きのリフォーム後のイメージなど。
エルデザインimage_2
そして、見積もり結果は、約180万でした。

OKUTAの見積もり結果から+20万くらいですが、
見積もり前提に若干認識違いがあり
(我が家の床は直貼りですが二重床と勘違いしていた)
その分の金額が見積もりからマイナスされること、
OKUTAの見積もりでは含まれていなかった
子供部屋とリビング間の壁にスリット窓を作るというプランが
エル・デザインの見積もりには含まれていること、
などなど考えると。
実際はほぼ同じか、もしくはエル・デザインの方が若干安い?
という感じだと思います。

もう少し高く行くかな?と思っていたので意外な結果。

ちなみに、子供部屋の採光+換気のために、
リビングとの間の壁に窓などを設置する件については、
こんなイメージで見積もり。
エルデザインimage_4
ガラスブロックの案での見積もりも作ってくれましたが、
やっぱり換気を考えるとガラスブロックより
開閉できるスリット窓かなぁと思いました。
(ちなみにガラスブロックの方が+3万くらい)

あと、玄関前の廊下の拡張については、
やっぱりこの部分が工事のネックになってしまうそうで・・・。
(使い回し画像です)
entrance_marking.jpg
この部分の壁は残したまま、
単純にドアの位置だけをずらすという見積もりでした。
玄関beforeafter
壁まで撤去するとなると、廊下の床はもちろん、
上がり框のタイルも全部張り替えになるそうで。
玄関入ってすぐ目に入る部分なので、
中途半端に補修で対応するのはやめた方がいいし、
もっと築年数が経って劣化してきたときに、
床・上がり框の張り替えと壁の撤去を
一気にやってしまう方がいいのでは?
ということでした。
そう考えると、中途半端にドア位置だけずらす程度なら、
玄関前が狭い!というストレスはあまり変わらないし、
この部分は工事自体やめようか?
という方向で夫と意見が一致しました。
その分、5帖の洋室を収納ルームとしてきちんと整えようと。

というわけで、収納の希望諸々、
合わせて寝室として使っている洋室の収納についても
こまごまと見直したい部分などを伝え、
再度見積もりを作ってもらうことになりました。
この際なので今まで言っていないことも含めて、
いろいろ盛り込んでもらいました。
リビングにエコカラットとか、寝室にホスクリンとか・・・。


これで2社見積もりを出してもらったことになりますが、
見積もり結果の金額の大小というよりも、
いろいろな資料を提示してくれたことが
私的には大京エル・デザインはすごくプラスの印象でした!
具体的な資料を見ると、
いろいろイメージが湧いてきて良いですね。
なんとなく、思い通りにはいかないことも多いなぁ、
なんてリフォームにマイナスな気分になったりしていましたが、
資料を見たら、ここはこうしたい、ああしたい、
という希望もいろいろ出てきて少し楽しみになってきました。

リフォーム会社の検討と同時に、
実際のプランについてもそろそろ検討していきたいと思います!

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
見積もり結果(OKUTA LOHAS Studio) :: 2013/06/13(Thu)

先週末、OKUTA LOHAS Studioから、
見積もり結果をいただきました。見積もり第一段です。

ちなみに、リアルな数字を書いてしまいますが、
予算はMAX300万円と伝えています。
全く知識がないので、工事規模の相場から見て、
この予算が高すぎるのか安すぎるのか、
はたまた妥当なのか皆目検討がつかず、
見積もりを見るのがドキドキでしたが・・・。

結果はというと。

予算の半分強(約160万円)という見積もりでした。

工事内容としては、希望を伝えた三箇所、
和室・玄関・キッチンカウンターの工事を全て実施。
和室のリフォームは収納など作らず、
単純に洋室のハコを作るのみ。
という感じで、現地調査&リフォーム相談時に話の出た
寝室との間の壁に換気のための窓などを作る、
という工事は盛り込んでいないとのこと。
(換気を保証できないのと、逆に寝室側の気密性に問題が出るかも?と思ったそうです)

予算に対してはだいぶ余裕ありという感じですが、
建具や床材などは安めのランクのもので見積もっているし、
実際細かくプランを詰めていったら、
きっとここから数十万円は高くなるんじゃないかな?
と思います。

担当の方からは、わりと低めの見積もり結果なので、
これだけの予算を考えているなら、
大幅な間取り変更含めて考えることもありではないか?
という話がありました。
(ということで、きちんとした間取り図などは作成されてませんでした。
 ↑ほんとは見積もり提示時に図面まで作ってくれるみたい)


とは言うものの、我が家のもともとの間取りって、
あんまり柔軟に間取り変更ができないみたいです。

  間取り

とにかく5帖の洋室が狭いこと、
寝室(7帖の洋室)の北側に位置している
幅の狭くなった部分がどうしようもないこと、
トイレの位置が動かせないので、
寝室(7帖の洋室)と和室を一つのスペースと考えて、
大幅に間取りを変更したりはできないこと、
などなど。
マンションを買う時には、リフォームのしやすさとか、
そんなことまで考えなかったなぁ・・・。
まぁ、これは今さら言ってもしょうがないですね。

なので、考えていた三箇所の工事はこのままで、
予算に余裕があるならば、
5帖の洋室を納戸兼家族全員のクローゼットとして、
きちんとした収納システムを作りつける方向にしたい、
という結論を出しました。

いろいろ話をしていて思ったのは、
今回我が家でやろうとしているリフォームは、
きっとリフォーム会社的にはあまりおいしくない案件なのかな?
ということ。
フルリフォームでもないし、水回りのリフォームもないので、
きっとリフォームの案件としては、
かなり小規模かつ低価格なんだと思います。
でも、リフォーム内容から考えると、
打ち合わせはけっこう念入りに何回も必要だし、
築浅だから工事も慎重に進めなければならない。
儲けが少ない割に手間が多い、という感じなのかな?
という気がしています。
まぁそんなことはあからさまには言わないですが、
手間をいとわず対応してくれるかなぁというところが若干不安。
でもそういうのって、実際進めてみないと分からないですよね。
うーん。

とりあえず来週大京エル・デザインの見積もりが出る予定で、
さらにこれからもう一社リフォーム相談をする予定です。
その結果を踏まえていろいろ考えて行こうと思います。

なんだかまとまりのない記事になってしまいましたが、
最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
DELFONICSキャリングケースに母子手帳 :: 2013/06/07(Fri)

子供2人の母子手帳や診察券などの通院グッズ。
いわゆる普通の母子手帳ケースに入れています。
母子手帳old
オレンジが長男用、黒が次男用です。
こだわりのかけらも感じられませんね・・・。
特に次男用の黒い方は、
ジャバラ式のものが欲しくてこれにしたのですが、
今となってはなぜ年甲斐もなく
こんなギャルギャルしいものを選んだのか不明です。

しかし、それ以上に気になっているのがこのボリューム。
母子手帳ケースってなんでこんなにかさばるデザインなんでしょうね。
妊娠中は検査結果入れたりエコー写真入れたり、
大きければ大きいで重宝しましたが、
今通院時に持ち歩く必要があるのは、
母子手帳・お薬手帳・医療費受給券・診察券数枚のみ。
子連れだからこそできるだけ身軽にしたいのに、
毎回このかさばるケースをバッグに突っ込んで出かけています。
2人同時に受診だったりすると、
ケース2つでバッグはパンパンです。

というわけで、結構長いこと、
もっとコンパクトに収められるケースを探していました。
通院グッズが入ればいいくらいのサイズと薄さで、
カードホルダーがついているもの。
ありそうでなかなかなかったのですがやっと見つけました。

それがDELFONICSのキャリングケースです。

 

選んだのは、スカイブルーとライトグリーン。
この2色は売り切れのお店がほとんどでした。購入したお店でももう売り切れ・・・。
 
長男はブルー系、次男はグリーン系というのが、
なんとなく私の中で勝手に決めているテーマカラーです。
母子手帳new_01
ペラペラで安っぽいというレビューもありましたが、
私的には、ツルツルじゃなくて少し凹凸のある素材感が、
ちょっぴり高級感を醸し出している気がしています。
ロゴのさりげなさもかわゆい。
母子手帳new_02
広げてみるとこんな感じ。
両側が大きいポケットで、カードホルダーが6枚分あります。
母子手帳new_03
入れたいものもきちんと収まりました。
気持ちいいくらいジャストな収納量!
母子手帳new_04
今までの母子手帳ケースと比べると、
若干大きくなりましたが、薄さは段違い!

母子手帳比較_01母子手帳比較_02

持ち歩いていないときも戸棚のなかで結構な場所を
占有していたのがだいぶコンパクトになりました。

母子手帳収納old母子手帳収納new

当たり前みたいに「母子手帳ケース」として
売られているものを使ってきましたが、
専用に作られているものが必ずしもベスト、
というわけではないんだなと改めて思いました。
自分が求めていることにマッチしたものを探すのは一苦労ですが、
カチッとくるものに巡り会えるととても気持ちいい!
日々感じる小さなストレスを、
こうやって少しずつ解消していけるといいな、
と思うのでした(とまとめてみた)。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

  

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

  1.  片付け・収納
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
リフォーム相談&現地調査(OKUTA LOHAS Studio) :: 2013/06/02(Sun)

だいぶ記事にするのが遅くなりました。
備忘録ということで、メモ的な記事ですが書いておきます。

先週末に、OKUTA LOHAS Studioに、
リフォーム相談&現地調査をお願いしました。

営業さんなのかプランナーさんなのか分かりませんが、
担当の方が一人見えて、リフォーム希望について話をし、
あちこち採寸したりしていきました。
基本的には大京エル・デザインに伝えていたことと同じ内容ですが、
現地調査(大京エル・デザイン)①現地調査(大京エル・デザイン)②
話の中で少し違う方向性の話も出てきたりしました。

まずは、和室⇒洋室リフォームの件。

新しく作るリビングとの境の壁に、
換気+採光のためにスリット窓を入れたいという話をしたところ、
「それだけじゃほとんど風はとおりませんね」とバッサリ。
寝室のWICの壁の奥にドアまたは換気口を作って(赤丸の部分)、
寝室側の窓からリビングの窓まで、
一直線に風の通り道ができるようにしてはどうか?
と提案がありました。

 和室部分before

ということで、それも見積もりに含めてもらうことに。

次に、玄関リフォームの件。
ここは「かなり大がかりですね」という雰囲気でした。
廊下は床のフローリング+壁紙が張り替えになるだろうとのこと。

そう言われると、玄関に関しては、
そこまでしてリフォームしなくてもいいかなぁ・・・
なんて弱気になってしまいました。

そもそも、リフォームしたい箇所(和室・玄関・キッチンカウンター)が、
家の中でそれぞれ完全に独立した部分なので、
隣接した2つの部屋を同時にリフォームする場合のようにはいかず、
補修などもそれぞれに対し必要になるし、
金額も相殺される部分がほとんどなくて
完全に積み重ねていくことになってしまうそうな。

そういう考え方をしていなかったので、
「そっかぁ」と少々しょんぼりしてしまいました。
玄関周りまで手を出して、和室部分の予算が削られてしまうなら、
玄関は諦めて和室⇒洋室のリフォームに注力して、
デザインや内装にも力を入れる方向にした方がいいのかなぁ。

あとは、自分たちとしては、
リフォームしたい内容ははっきりしているのですが、
デザインや内装に関してあまりにビジョンがないことを
痛感させられてしまいました・・・。

和室を洋室にリフォームしてドアを二箇所設置するのですが、
その建具のイメージを聞かれても答えられず。
リビングとの境目に作る壁をアクセントウォールにするとしたら、
たとえばどんなものがいいかと聞かれても、
「エコカラット?」くらしか答えられず。
その壁に換気用の窓をつけるとして、
スリット窓にこだわりがあるのか?と言われても、
別にそういうわけでもなく。
(単に大京エル・デザインとの話で出てきただけなので)
リフォーム会社任せではなく、
自分たちでもっとビジョンを固めていかないとダメだな、と思いました。
雑誌を見たりしてイメージをふくらませていこうと思います。

OKUTA LOHAS Studioでは、この話をもとに、
実際はデザイナーさんがプラン(見積もりも?)を作るそうです。
というこで、こちらも見積もり待ちの状態となりました。

ちなみにOKUTA LOHAS Studio(というより担当の方?)の印象は、
わりと「できるできない」がはっきりしていて信頼できそうですが、
かなーりバッサリした言い方なので、
終わった後はぐったり疲れてしまったのでした・・・。

他の業者さんは、コンタクト含めあまり進んでいない状況です。
スローペースですがのんびりやっていきたいと思います。

ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ


  

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1.  リフォーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。