いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
カリモクのウォールナットな学習机 :: 2014/10/26(Sun)

昨日は、小学校入学を控えた長男の学習机を買いに行ってきました。

しばらくは宿題なんかもリビングでやるだろうし、
まだ学習机はいらないかなぁ・・・と私は思ったのですが、
3年生くらいでもいいかなと思ってました。
勉強で使わなくても、学校・勉強関係のモノを収める場所として必要だよ!
という夫(←整理は苦手だけどゴチャゴチャしてるのが嫌い@B型)の主張と、
入学祝いに学習机を買ってあげる♪
という私の母(←買ってあげたがり@O型)の厚意もあり、
このタイミングで購入に踏み切りました。

ということで、少し前から学習机のリサーチをしていたのですが、
その条件はと言うと・・・。

1.シンプルでいかにも学習机!という感じではないもの

長く使うことを考えるとキャラものやデコラティブなタイプは避けたいのと、
将来的に子供がその机を卒業したら、
大人のデスクとしても使いたいなぁという思いもあり、
サイドに引出しがガッツリ造り付けてある「学習机デス!!」なデザインではなく、
シンプルで飽きの来ないデザインのものという希望です。

2.子供部屋の床のウォールナットに合うダークな木目のもの


前記事でも書いたとおり、
子供部屋の床はリビングと合わせてウォールナットです。

かなりダークな感じですね。

 子供部屋3

この床の色味に合うダークなものがいいなぁと思ったのですが、
子供の家具ってやっぱり明るい木目のものが多いんですよね。
明るい木目の学習机だとデザインも豊富にあるんですが、
ダークな色味・・・で探すと選択肢があまりない・・・。
しかも、木目のほとんど分からないダークブラウンならともかく、
ウォールナット調となるとネット検索ではほとんど引っかからずでした。

諦めようかと思っていたその矢先、
フラッと行った家具屋さんでたまたま見つけたのがこちら。

 カリモク1

カリモクユーティリティプラスというシリーズです。

基本カラーはオークの明るい木目で、
ネットでもカタログでも、このカラーしか掲載されていません。

 

でも、店頭での注文に限り(おそらく)
別注でウォールナットナチュラル色が選べるということでした。
もちろんお値段はUPですけど・・・。

木目のよく分かるウォールナット素材です。

 カリモク2

フローリングのウォールナットより一段明るい色味ですが、
この木目感はとっても好み(私の好みね)

形状も、天板に4本の足のみですごくシンプル。
オプションで引出しワゴンや上置きのブックスタンドを追加して、
学習机仕様に仕立てるという感じなので、
将来的には大人のデスクにも使えそうなデザインです。

ということで、ほぼほぼ即決!
この週末、母が新居を見がてら遊びに来てくれたので、
入居して半年以上経過していますが、今まで来れていなかったのです。
一緒にお店に行き、注文してきてしまいました~。

デスクと引出しワゴン、ブックスタンド、椅子、電気スタンドと、
フルスペック購入して、結構とんでもない金額になりました・・・。
こういうセット購入のときって金銭感覚おかしくなりますよね。家と一緒じゃ~。

ちなみに椅子は、同じくカリモクのこのフィットチェアというタイプなんですが、
これも別注でウォールナットが選べました。

 

しかし、これ定価だと約4万ですよ・・・。
普通のダイニングチェアとしたって、4万円って結構いいお値段ですよね。

これを使う本人である長男は、残念ながら机自体には全く興味がなく、
おまけでもらった妖怪ウォッチのデスクマットで大変ご満悦。

 カリモク購入後

我が家はこういうキャラものおもちゃは買い与えない主義なので、
これを見ながらアレコレ妄想を繰り広げている様子です。
しかし、これをデスクに置いたら妄想しすぎで勉強しなそうな気がしますね。
思春期男子と一緒じゃねーか・・・。

デスクは12月には納品の予定です!
設置したらまた記事にしたいと思います~♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


スポンサーサイト
  

テーマ:インテリア - ジャンル:ライフ

  1.  *子供部屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★水色クロスの狭小子供部屋 :: 2014/10/23(Thu)

最近読書の秋づいていまして、
ブログ更新がいつも以上にスローペースとなっております。

私、読みかけの本があるとほんとダメ人間になっちゃうので、
先が気になって家事とか育児とかほったらかしちゃう。
最近夫からは家で読書禁止!!と言われています・・・。

さてさて、予定どおり今回は子供部屋のweb内覧会です。

前記事であーだこーだ子供と家の関係について語りましたが、
子供部屋自体は間取りも内装もごくごく普通です。

子供部屋は、2階私たち世帯のLDKに接するココの部分です。

 子供部屋間取り1

我が家は今のところ子供(♂)2人なので、将来的に2部屋に区切れるよう、
ドアが2カ所にある少し大きめの空間です。
よくある作りですね。

子供部屋に関する要望は、ほんとこの間取りのままで・・・。

・最初は1部屋で、後々2つに区切れるつくり

・リビングを経由して子供部屋に入る間取り

・ベッドと机が置ける最低限の広さでOK

・子供部屋の気配が外側から分かるようなドア

・壁の一面は明るい色のアクセントクロス


ってなところです。
特にこだわりなく一般的な要望かと思います。

子供部屋全体で11帖弱で、
真ん中(赤線の部分)で区切るとそれぞれ5.3帖、5.5帖の空間となります。

 子供部屋間取り2

隣り合う寝室との取り合いやユニットの柱の関係で、
完全に対称の形にはなっておらず、
ドアも片方(上側)は引き戸、片方(下側)は開き戸です。

最初は、このスペースを壁で仕切らずLDKと一続きの空間として、
後々リフォームで壁を立てて子供部屋にするという提案でした。

こんな感じで、点線の部分には当初は壁ナシ。

 子供部屋間取り3

確かにこれだと超広々LDKで、それはそれで良かったのですが、
もう長男も小学校入学間近でしたし、
子供部屋を使うようになるのもそんなに先のことではないなぁと思い、
やっぱり最初から子供部屋として独立した部屋にすることにしました。
改めてリフォームするって結構ハードル高いですもんね。

そんな子供部屋のドアをLDKから眺めたところ。

 子供部屋1-2

3つドアが並んでいますが、奥の2つが子供部屋のドアです。
奥側のドアが引き戸、手前のドアが開き戸です。
普段はどちらも開けっ放しです。

子供部屋の中の気配がLDKからも分かるよう、
ドアは縦にガラスのスリットが入っているものです。

   子供部屋2

これは旧仕様のドアです。スマートラインGS-CのWW。
縦のガラススリットの部分はカスミか透明かが選べるのですが、
一応、子供のプライバシーも必要かなということでカスミガラスとしました。
夫は透明でイイヨ!と主張していましたが、親に隠れてやりたいこともあるでしょうしね。
何となく部屋の中の気配が伝わればそれでいいかなと思っています。

ドアを開けて中に入ると・・・。

正面が水色のアクセントクロスとなっています。

 子供部屋3

照明なしのときの写真なので、↑は暗く写っていますが、
子供部屋は旧居で使っていた照明を暫定で設置しています。
結構鮮やかな明るい水色のクロスです。

 子供部屋4

クロスは、リリカラ/LV-5421
右側写真の、最下段右から2番目のモノ。

  

床はLDKと同じHDフローリングのウォールナットで、巾木が白なので、
このアクセントクロスとダークな床との境目に白いラインが入っちゃうのが、
見た目どうなんだろう??と検討中気になってしょうがなかったのですが・・・。

 子供部屋5

別に見慣れちゃうと気になりません。
まぁ窓枠も白ですしね。
むしろコンセントプレートの白さが際立ってますね。

そして窓ですが、
正面のアクセントクロス側(西側)にスクエアウィンドウの900×2ヶ所、
北側の壁にスクエアウィンドウの600×2ヶ所となっています。

 子供部屋6

ロールスクリーンが閉まっている写真しかありませんでしたが、
全て縦すべり出し窓です。

防犯上引き違い窓はあまり設けたくなかったのと、
西側の窓をあまり大きく取ると西日がキツいかな・・・。
ということで窓の大きさは部屋に対してずいぶん小さくなってしまいました。
なので、この部屋は昼間でもあまり明るくなりません。
電気を点けるほどではないですが。

まぁでも子供部屋はそんなに快適じゃなくていいというコンセプトなので、
明るさが欲しいときはリビングで過ごしてもらいましょう!

全ての窓に同じタイプのロールスクリーン。

 子供部屋7-1

タチカワブラインド/デュオレというもので、
合わさった2枚の生地をスライドさせて明るさを調節できるというタイプです。
我が家はこういうメカ系カーテンばっかりです。

 

メンズ部屋なので、RS-113というデニムっぽい素材感のブルーの生地をセレクト。

 子供部屋7-2

遮光生地ではないので、光は結構透けます。
でも西側・北側にしか窓のない部屋なので、
明け方から部屋が明るくて目が覚めちゃうよ!ということはなさそうです。
西日も今のところそんなに気になりませんが、
子供が思春期になって夕方ガッツリこの部屋で過ごすようになるとどうでしょうね~。

まぁ、西日がキツイときにもリビングで過ごしてもらいましょう!

今思えば、この子供部屋のカーテンはもう少しリーズナブルなものをつけておいて、
子供がもう少し大きくなったら自分たちに選んでもらうという感じでも良かったですね。
4か所にロールスクリーン設置するだけで結構お金かかってますので・・・。


部屋の中からドア側を振り返ったところ。
ドアが2つ並んでいます。

 子供部屋8

ドアとドアの間にあるボコっと飛び出た部分はユニットの柱で、
将来的にはこの柱を中心として部屋を分けることになります。

部屋の両側に天井までの収納があるのですが。
見にくい写真でスミマセン。

 子供部屋9

 子供部屋10

これらが可動式の間仕切り収納となってまして、
全てを部屋の中央に移動して並べると、
ユニットの柱から反対側の壁までの間にピッタリ収まるようになっています。
収納で部屋を2つに区切るということですね。
なので、一応リフォームなしで、任意のタイミングで部屋を区切れる予定です。
ということで、この部屋には造り付け収納などは設置していません。

間仕切り収納の内部はこんな感じ。

 子供部屋11

奥行が60センチで結構収納力はありますが、
見てのとおりわりとガラガラの内部構造なので、
収納する物に合わせてきちんと収納計画を考えないとカオスになりそうですね。
子供と一緒においおい考えていきたいと思います。

子供部屋全体像はこんな感じです。
光の加減で見にくい写真が多くて失礼しました。

この子供部屋に関しては住み始めた今もまだまだ未完成状態で、
これから家具や照明などゆっくり選んでいく予定です。
ゆくゆくは子供部屋のインテリア計画なんかも書いていけたらなと思ってます。

おまけ

私、子供が生まれてからめったに連ドラって見てないんですが、
今クール、めずらしく毎回見ているのがTBSの『ごめんね青春!』
これ、超面白くてハマっています~♪
あぁ、高校生のときこうだったねっていう苦笑いシーンがもりだくさんで、
クドカンの小ネタも面白いし、前回は早くもサトシが登場して先が気になりすぎです!!
視聴率イマイチみたいなんですけどね~。今後に期待したいと思います!


ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *子供部屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。