いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
web内覧会★ランドリー収納キュビオスと洗面室収納計画 :: 2014/09/04(Thu)

洗面室のweb内覧会、これでラストです!
狭い空間なのであっさり終わるかと思いきや、
意外と長丁場になってしまいました・・・。


ここまでの洗面室web内覧会はこちら。
 ⇒web内覧会★洗面室は統一感重視のウツクシーズ&キュビオス
 ⇒web内覧会★洗面台ウツクシーズの家事ラク仕様!


洗面台の仕様は、以下のとおり。

パナソニック/ウツクシーズ 幅90センチ
扉柄:リアロウォールナット

全体像はこんな感じ。

   2階洗面所2

今回は、↑の写真で奥に写っているランドリー収納についてです。
勝手にランドリー収納などと名付けていますが、要するに洗濯機周りの収納のことです。

我が家のランドリー収納は、
・洗濯機上の吊り収納
・洗面台と洗濯機の間のトール収納
(床から天井までの収納)

という組み合わせです。

   2階洗面所4

この写真を見ても特にこだわりを感じられないかもしれませんが、
ここはかなりの紆余曲折と増額のポイントでありました。
詳しい経緯はこちら。
 ⇒2階洗面収納計画の見直し


このときの記事と少し重複する内容ですが、
ランドリー収納に求めていた条件は次の3つです。

1.洗面台と同じリアロウォールナットの扉であること

2.洗濯機上は扉付きの吊り収納で、洗剤などの生活感あふれるものを隠せること

3.洗面台前に立ったときに、手を伸ばすだけで取れる位置にタオルを収納できること


この条件をクリアするものを、造り付けで設置したい!
スキマ収納家具などの後設置の収納はイヤ!!
というのが強い希望でした。
が、なんてことない条件のようですが、我が家の洗面室の広さだと、
洗面台ウツクシーズのオプションユニットの組み合わせでは
この条件を満たすプランが実現できませんでした。
オプションのランドリーラックはオープンタイプのみで、隠す収納ができず。
タオル類を収納できるサイドキャビネットを設置するにはスペースが足りず。


ということで最終的に採用したのは、
パナソニックのキュビオスというシステム収納です。
たくさんの種類があるユニットやパーツを組み合わせて、
カスタマイズした収納を作ることができるというものですね。

キュビオスと言えば、壁面収納やTVボードなどに採用するのが定番ですかね。

こんなイメージです。

  

どちらかというとリビングに置かれる造り付け家具のイメージなので、
結構ないいお値段するのですが、
我が家は贅沢にもランドリー収納に採用してしまいました。

基本のユニット幅は40センチ、55センチ、80センチの3種類ですが、
我が家はサイズオーダーして次のようなプランとなっています。

■洗濯機上に、幅80センチ×高さ96センチの開き戸収納

■洗面台と洗濯機の間に、幅28センチで床から天井まで
上から開き戸→引出し2段→開き戸という収納

   キュビオス詳細1

開き戸部分の中は、全て可動棚となっています。

   キュビオス詳細2

奥行きはキュビオスの基本サイズで30センチ

ちなみに、隣接するウツクシーズの天袋の奥行が約31センチ

この1センチの差を、ほとんど同じだ!と見るか、
惜しい・・・と見るかは性格次第だと思いますが、
大雑把な私は前者ですかね。

隣り合う扉面が完全には揃ってはいないですが。
左側の天袋と右側のトール収納の境目にご注目ください。

 キュビオス詳細4

段差があるとも言えないくらいの些細な差なので、
私としてはむしろキレイに揃って良かった♪というレベルです。

そして、扉柄を揃えることで実現したかった、
洗面スペース全体での統一感はどうかというと・・・。

   キュビオス詳細3

・・・万人受けしない感じですよね?
でも私的にはすごく好みのテイストに仕上がりました!
横木目のリアロウォールナットで統一した扉たちと、
周囲の白い壁とのコントラストが激萌えであります。
最初見たときは嬉しくて扉をナデナデしてしまいました。

あ、でも、洗面台とランドリー収納で扉柄は揃っていますが、
別の商品の部材なので、細部の形状には違いがあります。

洗面台(ウツクシーズ)側の扉と引出しは取っ手があります。
何度か書きましたが、アルミライン取っ手という、
扉の上端または下端にラインで入っている取っ手ですね。

 ウツクシーズ詳細15

ランドリー収納(キュビオス)側の扉は取っ手がありません。
プッシュラッチ方式というのかな?
開けるときは扉を引っ張るのではなくグッと押し込むと開く方式です。

 キュビオス詳細5

なので、扉自体はウォールナット部分のみでシンプルな感じ。

この違い自体はそんなに気にならないんですが、
キュビオスは引出しにも取っ手がないので、
それが開けづらくて結構不便です・・・。
ゆくゆく取っ手をDIYでつけたいなと目論んでいます。

キュビオスについてはこんなところかなぁ。
こだわりポイントではありますが、作りとしてはシンプルなので、
あっさりした記事になってしまいました。

ちょっと物足りない感があるので、
ついでに洗面室の収納計画について書いてみようかなと思います。
特に工夫もないし、別に誰も知りたくないとは思いますが・・・。

まず洗面台側。

   洗面収納計画1

前の記事でも書いたので内容が重複しますが・・・、
ナンバリングにしたがって順番にいきます。

<天袋>
手が届きにくいので、使用頻度の低いものや子供に触られたくないものを収納。
 1 : 窓掃除用のスクイージーや非常用トイレなど
 2 : パイプ洗浄剤や観葉植物の液体肥料など(劇薬系)

<三面鏡裏の収納>

日々使う細々したものたち。左から、夫専用→共用→私専用という感じです。
 3 : 夫のグルーミンググッズ(ひげそりなどね)
 4 : 歯磨きグッズと共有の化粧品など(日焼け止めとかね)
 5 : 私の化粧品類全般

<シンク下>

ここも日々使う細々した物たちがメイン。
 6 : ドライヤーと歯ブラシストック
 7 : ハンドソープのストックや掃除用洗剤など
 8 : ランドリー用品(物干し用のハンガーやピンチハンガー)

こうして書いてみるとメーカーのシステム洗面台って、
日常使いの細かいものを収納するのにはすっごく優れていますよね。
毎日使うものが、すぐ手に取れる場所にうまいこと収納できるようになっています。

そしてランドリー収納側。

洗面収納計画2

<トール収納上半分>
ここは一番収納が欲しかったゾーンで、タオル収納場所です。
 1 : 未開封のフェイスタオル(ストック)
 2 : 毎日使うフェイスタオル
 3 : ハンカチやハンドタオルなど
当初の要望どおり、洗面台の前に立って軽く手を伸ばすと、
2のゾーンにあるフェイスタオルに手が届きます。

<トール収納下半分>
ここは子供が手が届く場所なので・・・。
 4 : 保育園グッズ(タオルやエプロンなど)
 5 : 掃除用の古タオル(雑巾代わりに使用)など

<吊り収納>
ここはちょっとノージャンル感がありますが・・・。
 6 : 未開封のバスタオル(ストック)
 7 : トラベル用の衛生用品(歯ブラシやポーチなど)と洗濯洗剤ストック
 8 : ランドリー用品(洗剤、洗濯かご、洗濯ネットなど)
どれもこれもカラフルで生活感満載のものたちですが、扉を閉めれば全て目隠し!
このスッキリ感も当初要望どおりです。

こんな感じです!
ちなみに浴室とは隣接していないので、パジャマや下着類はここにありません。

↓こちらも参考になります。
トラコミュ マイホームの収納計画

書いてみたらまだまだ収納改善の余地はあるなと思いましたが、
でも、動線的に絶対洗面スペースに収納したいものたちは、
せまーい洗面室のわりには適材適所で収納できています。
収納自体はどれもシンプルで別に小技などはありませんが、
私にとってはとても機能的な場所に仕上がって、
満足度の高いスペースとなりました。

洗面室は以上です。
長々お付き合いくださった方、ありがとうございます!

次は、隣接するトイレに行きたいと思います☆

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

スポンサーサイト
  
  1.  *洗面室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
web内覧会★洗面台ウツクシーズの家事ラク仕様! :: 2014/08/27(Wed)

さて、洗面室のweb内覧会、
続いては洗面台のウツクシーズの詳細仕様についてです。

キッチンと同じリアロウォールナットの扉柄であること。
が洗面台の最優先条件だったため、
メーカーは必然的にパナソニックとなったわけですが、
ラインナップの中からウツクシーズを選んだ理由は、価格&壁付け水栓でした。

パナソニックの洗面台の主要ラインナップは、グレードの高いものから、
・ラシス
・ウツクシーズ
・シーライン

の3種類あります。

ラシスはもはや造作洗面台に近い自由設計&超贅沢仕様。

  

カタログ写真もホレボレするものばかりですが、
その分お値段もね・・・。我が家では手が出るわけもなく検討対象外。

そして、シーラインはリーズナブルなライン。

 

ハイムの標準仕様としても選べます(カタログでいうところのPCL洗面ですね)。
つまり工場設置ができるということなので、
多分シーラインであれば金額的に結構抑えられたんじゃないかと思います。
あ、でも選べる扉柄は制限があるのかも?

が、扉柄以外では洗面台への唯一のこだわりと言ってもいい
壁付け水栓がシーラインでは選べなかったため、
消去法で我が家の洗面台はウツクシーズとなりました。

 

壁付け水栓については下で暑苦しく語る予定です。

そんな我が家のウツクシーズ。使い回し画像です。

   2階洗面所3

前の記事でも書きましたが、幅は90センチとコンパクト。
もう少し幅が広かったらゆとりがあっただろうなぁと思いますが、
スペース的に90センチが限界でした。
2人並んで立てないこともないですが、かなりキツキツですね。
でも我が家は男の子2人なので年頃になっても鏡の前を占領することはないだろうし、
まぁそんなに混み合うこともないだろうと楽観視しております。

そして扉柄はキッチンと同じリアロウォールナット

 ウツクシーズ詳細1

キッチンの扉柄もそうだったんですが、
洗面台の扉柄にリアロウォールナットを選んでいる方って、
検索してもほとんど見かけなかった気がします。

こういうリアルな木目のダークな感じ、
清潔なイメージの洗面台にも不人気なんでしょうか・・・。
「ウツクシーズ リアロウォールナット ブログ」でGoogle検索すると、
このブログがトップに来るくらいです・・・。
うーん。私の好みってひょっとしてセンス悪いマイノリティ??


取っ手の形状は大して選択肢もなくて、
アルミライン取っ手[LCA]
というキッチンの収納の取っ手と同じタイプです。
キッチンの記事のときに取っ手について未練がましいことを書きましたが、
結果としてキッチンと洗面台の取っ手が揃ったので、
統一感を持たせるという観点では良かったのかも?
と、この記事を書きながら思いました。

それから収納について。

上部には天袋

 ウツクシーズ詳細2

出し入れしにくい高い場所なのでなくていいかなぁと思ったものの、
鏡の上の空間がもったいない気もして一応設置した天袋ですが、
意外と便利に活用しています。
ここは、普段使わない非常用トイレとか、
子供に触られたくない劇薬系の洗剤などを収納しています。

洗面台下のキャビネットは、引出しタイプ

 ウツクシーズ詳細3

商品名は「引出しタイプ」ですが、
両開きの開き戸+小さな引き出し2段という構成です。

洗面台横幅いっぱいが引出しのタイプの方が奥まで使えますが、
ここはランドリー用品を収納する計画で、
ピンチハンガーなどの背の高いものも収納したかったので、
あえて開き戸収納があるタイプを選びました。

そして三面鏡裏の収納。

 ウツクシーズ詳細4

ごくごく一般的な三面鏡裏が全て収納になっているタイプですが、
ここは想像していたよりも収納力がないですね・・・。
内部の仕切り壁や棚板の形状がやけにかさ張る感じで、
収納として利用できる空間はかなり少ないです。

 ウツクシーズ詳細5

他のメーカー検討していないので分からないですが、
鏡裏収納ってこんなものなんですかね?


でも、内部にコンセントがあるのはやっぱり便利!

ウツクシーズ詳細6

最近の三面鏡収納には内部コンセントが一般的だと思いますが
旧居では三面鏡裏にコンセントがなくて、
電動歯ブラシの充電スタンドが出しっ放しになっていました。
これ、ホコリはたまるし、カウンター上の掃除するときも邪魔だし、
何より見た目のスッキリ感がなくて、日々のプチストレスでした。

今は収納内にコンセントがあるおかげで、
洗面まわりの細々したものは全て鏡裏に収納でき、
カウンター上にはハンドソープ以外は何もなしをキープしています。
掃除がしやすいし見た目もスッキリして大満足!
コンセントひとつあるだけでほんと家事ラクになりますよね。

ちなみに三面鏡自体は、LED主照明3面鏡というタイプです。

鏡上の照明がLEDなので、細くてスッキリしているところが良いです。

 ウツクシーズ詳細7

蛍光灯の照明だと結構幅広で存在感出ちゃうので・・・。


くもりシャットという鏡がくもりにくい仕様らしいですが、
浴室に隣接していないのでそもそもくもるようなシチュエーションがなく、
その効果は未知数です。

次に、シンク周りについて。

 ウツクシーズ詳細8

・・・狭いでしょ?

サイズ感はこんな感じです。

 ウツクシーズ詳細9

シンクの右側の少し低くなっている10センチほどのスペースは、
ウエットエリアといって、少し濡れているものなんかを置いてね。
っていうコンセプトだそうです。濡れたコップや濡れタオルなどね。

このウェットエリア含めても、シンクの左右のスペースは、
何か作業するときにモノをチョイ置きできるギリギリサイズです。
上履きを洗うときの洗剤とか、手洗いして絞った洗濯物とかね。

なので、上でも書きましたが、
普段はシンク周りにモノを置いておかない!
というのが我が家のルールです。
出しっぱなしが許されているのはハンドソープのみで、
歯ブラシやうがい用のコップも三面鏡裏が定位置となっています。

そして、どうしても採用したかった壁付け水栓

 ウツクシーズ詳細10

我が家の水栓は、シャワーヘッド引出しありタイプというものです。
タッチレス水栓はお値段の関係と、教育的観点により採用に至らず。

この壁付けタイプの水栓は、どこのメーカーにもあると思いますし、
特に目新しいモノでもないと思うんですが・・・。

でも・・・。

これ考えた人、すごいですよね!!
超画期的だと思います!

↓ここからしばらく壁付け水栓への絶賛が続くので、興味ない方はスルーを・・・。

水栓の根元付近ってどうしてもビショビショになっちゃうし、
その結果として水アカもたまりやすいですが、
壁付け水栓は、そもそも水栓が水平方向に設置されていて、
ビショビショになりやすい箇所というのが存在しません。

 ウツクシーズ詳細11

ビショビショのストレスから解放されるうえに、
壁付け水栓なら水栓の根元もまるごとシンクの中にあるので、
水栓周りを掃除するときもジャブジャブ水栓に水をかけて洗えるわけです。

な、なんて考え抜かれた仕様なんでしょう・・・。

この壁付け水栓の存在を知った後では、
とても普通の水栓を採用する気になれませんね!私ズボラなのでね!
検討当初、営業さんが、造作洗面台という選択肢もありますよ的な、
こだわり派(私は違いますが)の心をくすぐるようなことを言った気がしますが、
検討前から壁付け水栓だけは外せなかった私としては、
壁付け水栓ならやっぱりメーカーのシステム洗面台じゃないと!
ってことでその提案はスルーしました。
あ、単体の水栓で壁付けのタイプもあると思いますが、
私的にはあくまでシンクと水栓が一体となっていることが重要なのでね。

で、実際の使い心地。

めちゃくちゃいいです!!

掃除のしやすさはもちろん言わずもがななんですが、
水栓が少し高めの位置にあることで、
水栓の下の部分のスペースが広くて洗濯物手洗いなどの作業がとてもしやすい。
今測ってみたら水栓からシンクまで35センチありました。

 ウツクシーズ詳細12

あと、私も夫も朝は頭からシャワー浴びて寝ぐせを直すのですが、
水栓の下に余裕で頭が入り、かつシンクの広さや深さも余裕なので、
これがもう!すっごくやりやすいんですよ!
入居して一番最初に感動したのがこの点です。
こういう寝ぐせ直しを壁付けじゃない普通の水栓でやったら、
半端なく周囲がビショビショですからね。
旧居ではそれがイヤで、浴室で寝ぐせ直ししてました。

あぁ、私の表現力がないばかりに、素晴らしさを伝えきれなくて歯がゆいです・・・。

ということで、ついつい壁付け水栓について大絶賛してしまったついでに、
シンク周りについてもうひとつ語りたいと思います。

パナソニックの洗面台は、カウンターとシンク部分が陶器ではなく、
有機ガラス系新素材という汚れが付きにくい(と謳われている)素材です。
同じようなアングルの写真ばっかりでスミマセン。

 ウツクシーズ詳細13

見た目は、陶器のシンクと比べると重厚感には欠ける感じかなぁ。
私はあんまり気になりませんが、
プラスチックに似た質感なので、安っぽいと感じる方もいるみたいですね。

こういった一般的じゃない素材は結構賛否両論ありますよね。
実績のある素材と比べて経年変化がどうなるか怪しいからちょっとね・・・。
と言ったネガティブな意見も結構ネット上では見られました。
まぁ実際そこは不安要素ではありましたし、
私自身も、「汚れが付きにくい」って言ったって、
何となくそんな気がするようなしないような・・・くらいのレベルなんじゃないの?
と懐疑的でした。

でもね、住んでみて実感しました。

確実に陶器より汚れが付きにくいです!!

ちょっとコキタナイ話なんですけど、
子供の顔をシンクで洗ってあげるついでに手で鼻をかんであげて、
そのまま手に付いた鼻水を水で流したりするでしょ?しない?
旧居の陶器のシンクではそういう粘性の高いものはペトッとシンクに張り付いて、
水を勢いよくかけても流れていかなかったんですよね。
でも、この素材は水をかけるとスルッと流れていくんです。
最初はちょっとビックリしました。

そして、日々の汚れの蓄積も明らかに違う気がします。
シンクの角の部分って気が付くと薄汚れていたりしますが。
こういうところですね。

 ウツクシーズ詳細14

その汚れが気になることがあまりないんですよね。
日々の汚れが付着せず水で流れていっているからなのかな?と思ってます。
これはシンクの素材だけでなく、傾斜などの形状も関係あるかもしれないですが。

いやはや、設備や素材って進化していくんだな・・・。
と実感したこのシンクでした。

余談ですが・・・。
家づくりにおいて何冊か本を読みましたが、その中で、
「新建材は使ってはならん!昔ながらの素材が一番!!」
という論調が少なからずありました。
もちろん無垢の床や漆喰の壁などは素敵だと思いますし、
あくまで好みとしてそういった建材を選択することはいいと思いますが、
「新建材はNGで自然素材こそ素晴らしい」という考え方は、
私はちょっと賛同しかねるなぁと思っています。
有機ガラス系新素材なんて、新建材の最たるものですもんね。

もちろん新建材にも当たり外れあるでしょうし、
実績が少ない分、後から問題になっちゃうような素材もあると思います。
でも、生活を便利にしていくために、
多くの試行錯誤を経て生まれたのが新建材なわけです。
新建材による便利さを享受したいというのはもちろんありますが、
それ以上にそういうものを採用していくことが、
今後の技術の進歩につながっていくとも思うので、
新しい素材は積極的に採用していきたいと思う私でした。

・・・と話題が逸れたところで熱くなってしまいましたが、
言いたかったのは、ウツクシーズを選んで、
すっごく家事が楽になりました!ということです。

個々のパーツはそんなに高いグレードのものでなく、
ごく標準的な仕様の洗面台ですが、
収納内のコンセント&壁付け水栓によって
今までの家事ストレスが解消された上に、
汚れにくいシンクという期待していなかったオマケもついてきました。

パナソニック特有の仕様ではないものも多いですが、
それでも総合的に見て、私としてはこのウツクシーズが、
採用して良かった設備ランキングのBest3に入るくらい、
良い選択だったと思っています。

てなわけで、語りたいことがありすぎて長文になってしまったので、
次の記事でランドリー収納のキュビオスについてサラッと紹介し、
洗面室のweb内覧会を終わりたいと思います。
こんなに狭い洗面室なのに、意外と長丁場になってしまいました。

あ、でも今週末は楽天スーパーセールなので、
お買い物記録とどっちが先になるでしょうか・・・。


 

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *洗面室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★洗面室は統一感重視のウツクシーズ&キュビオス :: 2014/08/22(Fri)

ちょっぴり久しぶりのweb内覧会になってしまいました。
いつも朝に少しずつ記事を書いているんですが、
最近疲れがたまっていて早起きがつらくて・・・。
なかなか書き進めませんでした。

というわけでスローペースなweb内覧会、
次は2階私たち世帯の洗面室です。

まずは間取りから。

キッチンと一続きに並ぶ、北東側のエリアが我が家の洗面室です。
ちっこくて分かりにくいですね。


 洗面所間取り1

洗面室=洗濯機置き場になるので、当初は、
洗面室から直接バルコニーに出られるようにしたい!という要望で、
ハイムが提示してくれた最初のプランでは南東側に洗面室がありました。

家の形も今とは違ってましたが、大体この右下の辺り。

 洗面所間取り2

が、洗濯動線だけ考えたら確かに便利は便利なんですが、
南側の日当たりのいい場所を洗面室にしちゃうのはもったいないかなぁというのと、
私はキッチンと洗面室を行き来しつつ家事に勤しむことが多いので、
食事の後片付けしつつ洗濯機を回したり、朝食の準備しつつ自分の身支度を整えたりね。
やっぱり洗面室はキッチンと隣接してた方がトータルでの動線が良さそうだな。
ということで現在の間取りとなりました。

結果、この間取りで不満なく生活していますが、
今になって最初のプランを改めて見てみたりすると、
「これはこれでなかなか面白いプランだったな」と未練がましく思ったりします。
家事動線は今の方がいいけど、結構遊び心のある間取りでした。

まぁそんな思いもありつつ、最終的に落ち着いた洗面室は、
90センチ幅の洗面台+洗濯機置き場が横に並ぶ、
四角いコンパクトな空間となりました。
この画像じゃ良く分からないですかね。

 洗面所間取り3

広さは約2メートル×1.5メートルというところ。
戸建ての洗面室としてはかなり小さめですよね。
ただ、浴室とは隣接していないため(浴室は親世帯と共用のため1階です)
ここは脱衣スペースを兼ねない純粋(?)な洗面スペースなので、
まぁ許容範囲かなと思ってます。

こーんなコンパクトで工夫の余地のなさげな洗面室ですが、
私的にはかなり紆余曲折し、かつ、結構な増額ポイントだった場所であります。

キッチン側から見ると、正面に見える引き戸の向こう側が洗面室です。

 2階洗面所1

ちなみにこの引き戸は、営業さんの尽力で新仕様から選ぶことができた、
スタンダードシリーズ/PMというドアのWWです。
ごく普通のドアですが、この壁に同化している感じ、たまりませんね!

ドア側から見ると、洗面室全体像はこんな感じ。
ちょっと寄りすぎで全体が写ってませんが。

   2階洗面所2

洗面台はパナソニックのウツクシーズ

   2階洗面所3

隣接するランドリー収納は同じくパナソニックのキュビオス

   2階洗面所4

洗面台は他メーカーを検討することなくウツクシーズを採用しました。
なぜかというと、キッチンと扉柄を揃えたかったから!です。
検討時の記事はこちら。
 ⇒扉材で選ぶ洗面台と減額アイデア


キッチンのカップボードと洗面台が横一直線に並ぶので、
同じ素材の扉が並ぶようにして統一感を出したかったのです。

 洗面所間取り4

なので、キッチンメーカーがパナソニックに決定した時点で、
必然的に洗面台もパナソニックとあいなりました。
当然、扉柄はキッチンに合わせてリアロウォールナットです。

そして、洗濯機周りの収納も紆余曲折のあげく、
大幅に増額してパナソニックのキュビオスを採用し、
扉柄をリアロウォールナットに合わせました。
検討時の記事はこちら。
 ⇒2階洗面収納計画の見直し


うまく撮れていないので全く統一感が伝わらないと思いますが・・・。
洗面室側から見ると、ズラッとリアロウォールナットの扉が並びます。

 2階洗面所5

あぁ、いいわ・・・。←超自己満足。

まずはウツクシーズ(+キュビオス)について熱く語ろうと思ったのですが、
それだけでエライ長文になってしまいそうだったので次回にまわし、
今回は内装やその他設備などについて書いてみます。

床は大理石調の水周り用クッションフロアで、
ハイム標準品のひとつのホワイトカララです。

 2階洗面所6

LDKのHDフローリング(ウォールナット)に極力合わせて、
フローリング調のクッションフロアという選択肢もありましたが、
似てるけど微妙に違うというのは逆に違和感がありそうだったので、
あえて全く違う素材感、色味のものにしました。
そういや和室の建具がまさにこの失敗でしたね。

ダークというキーワードが我が家のコンセプトのひとつでしたが、
狭い空間なので圧迫感が出ないように、ここは明るい床にしています。

洗濯機置き場は、架台があってその上に防水パンという仕様です。

 2階洗面所8

ここは2階なので、多分排水菅を通すスペースの関係で、
架台が必要だったような気がします。
そして、最近は防水パンを設置しないのが一般的らしいですが、
2階の場合はやっぱり水漏れしたときの被害が大きくなるってことで、
ここは特に指定せずとも防水パンありでした。
1階親世帯の洗濯機置き場は架台も防水パンもなしです。

この架台+防水パンで、高さが約23センチありますので、
上にある吊り収納との間のスペースがかなり狭くなり、
洗濯機搬入のときは入らなかったらどうしよう!?とヒヤヒヤものでした。
引っ越し屋さんのお兄さんが大変苦労してました・・・。

そして設置してみたら、想像以上に洗濯機の位置が高くなりまして・・・。
我が家の洗濯機はドラム式なので、高い位置だとかなり圧迫感があり、
最初の頃は見るたびにギョギョッとしていました。
が、実際使ってみると、高い位置の洗濯機は、
かがまなくても洗濯物を取り出せて意外と便利だったりします。

ただ、洗濯機買い替え時に選択肢が限られるだろうなぁ、
というのだけが懸念点ですね。
あと、架台も防水パンもなければ、
こういったお掃除が楽になる洗濯機台なんか使えたんですけどね。

  

便利な面が半分、不便な面が半分というところでしょうか。
ここ、構造上やむを得ない箇所とは思いますが、
もっと仕様を納得いくまで追究した方が良かったのかな?


照明はシンプルにダウンライト、そして天井付けのホシ姫サマ

 2階洗面所7

この写真にチラッと写ってますが、
奥の東側の壁にはキッチントール(縦滑りだし窓)があり、
朝はここから入る朝日で明るくてとても気持ち良いです。

ホシ姫サマは、残念ながら電動ではなく手動タイプですが。
よく考えたらこれもパナソニックですね。我が家はパナばっかり・・・。

 

でも、洗濯機前に立って最小限の動きで洗濯物干しを完遂できる、
最高の洗濯動線であります。
洗濯動線についての検討記事はこちら。
 ⇒室内物干し計画を考える


普段はここで全て干した後、
リビングにあるpid4Mに洗濯物を移動して、そこで部屋干しです。

 

洗面スペースに干しっぱなしだと狭いので邪魔ですし、
南側の掃き出し窓近くの方が乾きやすいので。

そして、タオル掛けを3ヵ所取り付けてもらいました。

洗面台横の壁に短いタオル掛けを1つ。手拭用ですね。

 2階洗面所タオル掛け1

洗濯機の向かいの壁に長さの違うタオル掛けを2つ。

   2階洗面所タオル掛け3

分かりにくいですが、この赤く示した壁です。

  洗面所タオル掛け場所

ここは、朝の洗顔時にそれぞれが使ったタオルを掛けておいたり、
ちょっとした手洗いの洗濯物なんかを干したりするのに使っています。

タオル掛けは全てKAWAJUNのものです。
カタログを何度も見て迷いに迷いましたが、
結局選んだのはかなりシンプルなタイプとなりました。

洗面台横は、SC-311-XCS

 2階洗面所タオル掛け2

洗濯機向かいも同じシリーズの長さ違いで、
上の短い方がSC-311-CTM(長さ45センチ)、
下の長い方がSC-311-CTL(長さ70センチ)です。

   2階洗面所タオル掛け4

シンプルで無駄がないデザインですけど、
カクカクした感じがシャープなテイストでお気に入りです。

水周りのアクセサリーにKAWAJUNというのはあまりに定番なので、
他のメーカーにしようかな?とも思いましたが、
やっぱりKAWAJUNのものがシンプルでスッキリ洗練されたデザインで、
断然好みだったので、ここは素直に好みの物を選びました。

タオル掛けは全て施主支給で、私はこちらで購入しました。
おうちまわり 楽天市場店

タオル掛けを設置したい場所に下地を入れてもらうようお願いしておいて、
引渡しのときに自分で購入したものを持って行ったら、
大工さんがチャチャッとタダで設置してくれました。
KAWAJUN製品はハイム手配でも入れられますが、
そうするとキチンと配送費や施工費を取られるんですよね。
もっといろいろ施主支給にしとけばコストダウンできたかも?
と後になって思ったりもしました。

こんなところかな?
少しずつ書き進めていたら、なんだか散漫な文章になってしまいました。
しかも狭い場所なので全体像の分かる写真がなく、
文章量のわりに内容の薄い記事となってしまいスミマセン。

次はウツクシーズの詳細仕様や使用感について書こうと思います!
よろしければお付き合いください☆

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *洗面室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。