いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
web内覧会★カップボードとキッチン周りの収納たち :: 2014/08/08(Fri)

ちょっと寄り道が続きましたが、
長丁場になってしまったキッチンのweb内覧会も
今回でようやくラストです!

ここまでの、キッチンのweb内覧会はこちら。
 ⇒web内覧会★2階キッチンはほどよくオープン、ほどよくクローズ
 ⇒web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ1
 ⇒web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ2


そして、我が家のキッチンの基本仕様はこちら↓

パナソニック/リビングステーション New S-class
 プラン:スマートステップ対面プラン
 扉柄:X40 リアロウォールナット柄[XD]


今回はキッチン周りの収納についてです。

キッチン周りの収納は三箇所です。
1.カップボード
2.パントリー
3.ダイニング側の引き戸収納


それぞれ詳しく書いていきたいと思います。

1.カップボード


カップボードはキッチンと同じくリビングステーションのS-class、
扉柄も当然同じリアロウォールナットです。

間口は約270センチでコの字型の形状となってます。

 2階キッチンカップボード1

ほんとは見た目だけの好みで言うと・・・。

こんな感じでバーンとトール収納にして、
ゴチャゴチャは全てスッキリ隠せちゃうようなプランとか。

 Sクラスカップボード1

中段部分の収納がないニの字型で造作家具っぽいテイストとか。

 Sクラスカップボード2

といった感じの方が好きなんですが。
全てS-classのカタログから画像お借りしています。

でも、南北の通風を考えるとこちら側に窓が必須だったこと、
ゴールデンゾーン(腰から目の高さの手を伸ばせば届く範囲)の高さに
食器の収納場所がないと不便極まりないこと、
(旧居マンションがそういう形状のカップボードでした)
などなどを考慮すると、見た目の好みより使い勝手優先だなということで、
コの字型のプランとあいなりました。

特に先進的な機能があるわけでもないごく普通のカップボードですが、
サラッとご紹介したいと思います。

上部は幅90センチ×高さ70センチの吊り戸が3つ

 2階キッチンカップボード2

扉の取っ手は、キッチン側と合わせてアルミライン取っ手[LCA]
昇降ユニットみたいなオプションはなく、ただの開き戸です。

中段部分は、幅90センチの開き戸収納+幅180センチのオープンカウンター

 2階キッチンカップボード4

中段のみ収納の扉はアルミフレーム樹脂扉
カウンター天板はキッチンと同じく人造大理石のグラーノホワイト[YW]です。

カウンター部分には、スクエア600ウインドウ(縦滑りだし窓)のカスミタイプを2つ。
通風のためと思って設置した窓ですが、
キッチンに窓があるとやっぱり光が入って明るくなっていいですね。
特にこちらは北側なので、南側の窓のようにギラギラした光ではなく、
優しい感じのやわらかい光で快適です。
今は夏だからそう思うんでしょうか・・・。

下部は、左から引き出し収納、家電収納、オープンとなっています。
全て幅は90センチ。

 2階キッチンカップボード5

家電収納部分には今は炊飯器とオーブントースターを置いています。
蒸気処理機能はなく、ただスライドできるだけのタイプなんですが、
一応上面が湿気に強そうな感じの素材になってます。

 2階キッチンカップボード6

そして右側のオープン部分は、当初生ゴミ処理機を購入してここに置くつもりで、
コンセントを設置してもらったんですが。

 2階キッチンカップボード7

旧居マンションはディスポーザーがあったので、
生ゴミが出る生活には耐えられないんじゃないかと思いまして。
新居で暮らし始めたら即購入するつもりでした。


 

が、意外と生ゴミ処理機がなくてもやっていけるなと気付き、
今のところ購入は見合わせ中。
てなわけで、今はここはゴミ箱置き場とルンバステーションとなってます。
あんまり有効活用できてないので要改善ポイント。

カップボード全体はこんな感じ。普通でしょ・・・?
いろいろ機能的なオプションはお高いのでね。検討対象外でした。
でも、収納量としては十分すぎるくらいで、
手の届きにくい吊り戸の上段は今はスカスカ状態です。

2.パントリー

お次はパントリー・・・と言っても独立したウォークインパントリーではなく、
カップボードの左側に並ぶ、普通の開き戸のトール収納です。

 2階キッチンパントリー1

幅は90センチ。扉はハイムのカタログから選んだWW。
あ、またドアが開けっ放し・・・。

   2階キッチンパントリー2

食品ストックなどを収納できる大きめの収納スペースは、
キッチン近くに絶対必要!!だったので、
当初はウォークインのパントリーを希望していました。
が、やっぱりウォークインとして独立させちゃうと、
通路になる部分がもったいないよなぁということで、
居室の広さを優先して諦めました。
結局我が家にはウォークイン系の収納はゼロとなりました。

内部は、オープン収納システム(背面棚柱タイプの可動棚)を設置しています。

   2階キッチンパントリー3

内部の奥行を少し広げてもらい、正面だけでなく、
側面にも小さめの可動棚を設置して棚板をL字型の形状としています。

 2階キッチンパントリー4

これだけで収納量が結構アップした気がします。
手前に空間があって体ごと入れるので、なんちゃってウォークインです。
今、この収納には食品ストックだけじゃなく、
掃除用品だとか季節モノのインテリア小物だとか、
いろいろノージャンルのものが格納されています。
ここも我が家の収納の要のひとつですね。

当初はこの中にルンバステーションと考えていたので、
一応コンセントを設置しています。

 2階キッチンパントリー5

が、上でも書いたようにカップボード内にルンバステーションとなったので、
結局今はこのコンセントを使っていません。
でもいつか充電式のコードレス掃除機が欲しいので・・・。

 

購入した暁には、ここを充電ステーションにしようと目論んでいます。
食品以外もいろいろ入ってるのは衛生的にどうなの?
って意見もあると思いますが、私はあんまり気にしてないです。

3.ダイニング側収納

最後に、対面のダイニング側にある収納についてです。
我が家が選んだスマートステップ対面プランでは、
ダイニング側のプランが3種類あります。
S-classのカタログから画像お借りしました。

 Sクラス対面プラン

我が家が選んだのは、真ん中のディスプレイ&クローズタイプです。
引き戸タイプの収納で、中央部分が飾り棚となってます。

 2階LD3

左右の収納部分も中央と同じく棚板が入っています。

 2階キッチン8

どれもこれも使い回し画像のみで・・・スミマセン。


インテリア的にはこのディスプレイ&クローズタイプがカッチョイイと思いますし、
実際カタログでもこのタイプの施工例写真が多い(というかほとんど)ですが、
当初は上の画像の一番右のオープン&開きタイプという、
開き戸収納が3つ並んだタイプを考えていました。
中央にディスプレイゾーンがあってもステキに飾れる気もしないし、
全て扉付きでまるっと隠せちゃう方がいいなと思いまして。

でも、この開き戸のタイプが一番お高くてですね・・・。
リアロウォールナットの場合、定価だとディスプレイ&クローズとの差額が10万円以上あります。
扉柄をリアロウォールナットにグレードアップしたことにより、
ここは減額ポイントとなって、ディスプレイ&クローズタイプに変更しました。

てなわけで、減額のためにやむなく選んだ収納タイプなんですが。
引き戸なので開閉に場所を取らず、
ダイニングテーブルをギリギリの位置に置くことができて、
リビング側を広く取れることに住み始めてから気付きました。
ということで、結果オーライだったかなと思ってます。
住むまで気付かなかったんかぃというご指摘もあるかと思いますが・・・。

両側の引き戸の内部にはオプションでコンセントを設置しています。
なんか手あかがついてますね。きちゃなくてスミマセン・・・。

 2階キッチン11

片方はお鍋などの卓上調理器用として、
もう片方は携帯の充電ステーションとして使っています。

収納内部は奥行き10センチちょっとしかないので、
細々したものしか収納できませんが、
でもダイニングテーブルの近くにこういった収納があるだけでだいぶ違いますね。
真ん中のディスプレイゾーンをもっとステキにしていきたい今日この頃であります。

収納についてはこんなところです!
なんだか駆け足の文章になってしまいました。
書きたいことはいくらでもあるような気がしますが、文章にまとめるのは難しいですね。


そんなに凝った工夫もない普通の収納たちですが、
食器類、食品ストック類、テーブル周りの細々したものたち、
と旧居では収納場所に苦労したものの収納場所をきちんと確保でき、
それらの出し入れの動線もスムーズでストレスフリーです。

収納量としても十分で、まだだいぶ余裕がありますが、
気を抜いているとどんどん物は増えるので気を付けないとですね。

以上、長々と続いたキッチンのweb内覧会でした。
お付き合いいただいた方ありがとうございます!

次は、洗面所か、はたまた、キッチンつながりで1階親世帯キッチンか・・・。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
更新のない日もあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ2 :: 2014/07/30(Wed)

ちょっぴり更新の間が空いてしまいました。
最近は仕事も忙しい上に、週末も何やかやと予定があったりして休まらず、
疲れがたまっていてなかなか記事を書きあげる気力が湧きませんでした・・・。
しばらくのんびり更新が続くかもしれません。

さてさて、長くなってしまったので、キッチンで選んだ設備・仕様編の第二弾です!

ここまでの、キッチンのweb内覧会はこちら。
 ⇒web内覧会★2階キッチンはほどよくオープン、ほどよくクローズ
 ⇒web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ1


そして、我が家のキッチンの基本仕様はこちら↓

パナソニック/リビングステーション New S-class
 プラン:スマートステップ対面プラン
 扉柄:X40 リアロウォールナット柄[XD]


全体像。使い回し画像です。

 2階キッチン2

前回は全体的な仕様についてが主でしたが、
今回はもうちょっと個々のパーツの選択理由や使用感なんかを書いてみます。

ちなみに、選んだ扉柄がS-classの中では最上位グレードで、
それにより金額が跳ね上がってしまったため、
個々の設備類はわりと節約志向のものたちであります。
その辺りの理想と予算現実のせめぎ合いの過程を、
文章の端々から感じていただければと思います・・・。なんのこっちゃい。

まず、カウンターの天板
選んだのは、人造大理石のグラーノホワイト[YW]です。

 2階キッチンカウンター

写真だと真っ白に見えますが、ところどころ灰色の点がポチッと入っとります。

カウンターにステンレスを選ぶか人造大理石を選ぶか?
というのはキッチンの仕様決めにおける結構大きなポイントですよね。

ステンレスの無骨な感じもかっちょいいですが、
部屋になじむのは人造大理石かなぁとぼんやりとは考えていましたが、
最終的な決め手は、それぞれの機能性ではなくコレ↓の存在でした。

スキマレスシンクのクリアSタイプ

 2階キッチンシンク1

このシンクのカクカクっとした直線的でシャープなデザインと、
周囲に段差のないフラットな形状に一目惚れ。

一般的なシンクって、こんな感じで。
S-classのカタログから画像お借りしています。

 キッチンSクラスシンクステンレスタイプ

奥側の両サイドがカウンターより一段低くなってますよね。
まぁこれはこれで意味のある形状なんだとは思いますが。
このクリアSタイプというシンクは、
この段差部分がなく、天板を四角くくり抜いたような潔い形状です。

 2階キッチンシンク2

このシンクだと必然的に天板も人造大理石となるので、
シンクありきで選んだ結果が人造大理石のカウンターなわけです。
というわけで、人造大理石そのものにこだわりがあるわけではないので、
グレードとしては一番下のグラーノホワイトを選んでいます。


いやーしかし、このシンクはほんとにお気に入りです。
凹凸が少ない分掃除が楽ですし、
もちろんカウンターや排水口との継ぎ目もなしなので、
隙間にたまった汚れを古い歯ブラシでセコセコ掃除・・・なんてことも不要。
スポンジでササッと洗うだけでピカピカです。
何より見た目がほんとに好みで、作業していて気分が上がります♪
声を大にしておススメしたい設備であります。

そして、上の写真にも写っていますが水栓
ここはちょっと残念ポイントです・・・。

水栓は、水栓浄水器一体型シャワー混合水栓という、
ひとつの水栓で原水と浄水を使い分けられるタイプです。
シャワーヘッドの部分にカートリッジが内蔵されています。

 

旧居マンションでも、タカギのカートリッジ一体型水栓を使ってまして。
こんな感じのでした。

 

それが見た目も使い勝手も満足度が高かったので、
パナソニックの似たようなタイプを選んだんですが・・・。

 2階キッチン水栓1

これが思っていた以上にデカくてゴツイ!!

そして、シャワーを引き出すと・・・。

 2階キッチン水栓2

なんと、根元の方からゴソッと一緒に引き出されてきます。
タカギの水栓は、先端部分だけが引き出せるようになってました。
シンクを洗った後にシャワーの水で流そうとしても、
シャワーヘッドが大きすぎて小回りが効かないため、
結局洗い桶に水をためてそれで流すようにしています・・・。
ここ、もっと考えて作って欲しいと思いました。

ちなみに、水栓の中では最上位仕様のトリプルセンサー水栓。

 

私はこういう自動水栓にネガティブなイメージがあります・・・。
私の実家で少し前に自動水栓を使ってたんですが(こんなに高機能なものではないです)
これがもう・・・超不便でして。
水が出て欲しいときに出ず、出て欲しくないときに出る。
ということがあまりに多く、結局実家ではストレスが高じて、
普通の手動水栓に取り換える工事を行いました。
最近の自動水栓はもっといけてるのかもしれませんが、
このイメージが強すぎて自動水栓にはちと魅力を感じませんでした。
このトリプルセンサー水栓はどうなんでしょうね?
ネット上の情報を見ると、自動水栓は絶賛してる方と酷評してる方に二分されている気がします。
自動水栓って性格的に合う合わないがあるんですかね?


あと、こういうオシャレなグースネック水栓に憧れがありましたが。

 

我が家はフラットな見せるキッチンではないし、
手元の立ち上がりで目隠しできるスマートステップ対面プランを選んでいるのに、
これだと水栓の上の部分がダイニング側から見えてしまって
なんだか本末転倒だなと思い断念しました。

もっとシンプルで価格の安い水栓もありましたが、
別で浄水設備をつけようとすると結局高くなるので、
この一体型のタイプがコストパフォーマンスは一番良いように思います。

ってなわけでこうして書いてみたら、いろいろ納得の上で、
浄水器一体型の水栓を選んだんだなということを思い出しましたので、
アレコレ文句を言わずに大事に使っていこうと改めて思いました。

そして、コンロです。

パナソニックのキッチンと言えば、トリプルワイドIHですよね!
これもS-classのカタログから画像お借りしています。

 キッチントリプルワイドIH

美しいですよね~。
別に3つ横に並んでなくたっていいですが、
ほとんど段差がなくフラットな形状と、
手前にスペースがあるのは確かに魅力的・・・。

このトリプルワイドIHを採用したいがためにキッチンはパナソニック!!
という方もいるくらい、パナソニックのアイコン的な存在ですよね。

しかしながら・・・。

とんでもなく高いので、我が家では検討の範囲外。

そもそもですね。
旧居マンションでは2口IHと1口ラジエントという、
超一般的な組み合わせのコンロだったんですが、
6年弱の間、一度もラジエントを使いませんでした・・・。
なぜなら、ラジエントが使いづらいってのもありますが、
私はコンロ3つを同時に使うような料理をしないから!!
お湯を沸かすときは電気ケトル使いますし、
来客なんかで頑張って作らなきゃいけないときは電子レンジ料理を多用します。


というわけで、コンロは節約ポイントということで、
滅多に選ばれないと思われる2口IHを選びました。

 2階キッチンコンロ1

これ、機能的には全く問題なく使えていますが、
見た目は・・・。

 2階キッチンコンロ2

ちょっといまどき珍しいくらいモッサリしたデザインですよね。
やっぱ価格とデザイン性って比例するよなぁ・・・とこれを見ると思います。

なので、シンクと違ってちっとも気分の上がらないコンロではありますが、
まぁでもここは予算的にやむなしというところです。

そして、コンロの上のレンジフード

選んだのは、スクエアサイドフードSタイプです。
あ、ドアが開けっ放しの写真だった・・・。

 2階キッチンレンジフード1

レンジフードって・・・。
構造的な名称分からないんですが、この赤矢印の部分が薄いほど、
シャープでかっこいい感じになると思うんですが。私の好みでは。

 2階キッチンレンジフード4

でも、パナソニックでは対面タイプのレンジフードは選択肢が非常に少ないです。
L-classだと違うのかな?

こだわっている方は、キッチンメーカーとは別メーカーのレンジフードを、
施主支給で設置されていたりしますよね。
有名どころはアリアフィーナでしょうか。

   

確かに薄くて超カッチョいい・・・。

ほんの一瞬だけ、こういうレンジフードにしようか?
という思いが頭をかすめました。
が、冷静に考えてみると、
我が家のウッディなキッチンには、
このシャープの極みのようなレンジフードは合わないし、
そもそも、家具のようにリビングになじむキッチンというコンセプトとは違うなぁ。
ということに思いが至りまして、結局はパナソニックの選択肢の中から、
一番薄くてカクカクしているこれを選びました。

 2階キッチンレンジフード2

色はシルバーだけでなく、空間になじみそうなホワイトも選べたんですが、
ホワイトは洋風テイストというか、なんだか可愛らしい感じに見えたので、
ここは一般的なシルバーをセレクト。

結果、まぁごく普通なレンジフードなわけですが、
別に見た目の不満もなく、そんなに違和感なくリビングダイニングに存在しております。
どうですかね?使い回し画像ばっかりでスミマセン。

 2階キッチン1

最後は食洗機

これまたそんなにこだわりないですが、
ドアパネル仕様の深型食洗機です。

 2階キッチン食洗機

旧居ではリンナイのもう少し浅いタイプの食洗機でしたが、
ちょっと深くなるだけで格段に入る量が違いますね!
前の食洗機では入らなかったフライパンや大きいまな板なんかも余裕で入り、
食後の後片付けがちょっぴりらくちんになりました。
海外製の大容量タイプにはかないませんが、
大して皿数の多くない献立ばかりの我が家には十分。

ちなみに、リンナイの食洗機との使用感の差ですが、
パナソニックの方が、洗浄力は強め、乾燥力は弱めという印象です。
グレードが違うと思うので、一概に比較できないとは思いますが。
リンナイの食洗機では時々油のベトベトが残ることがありましたが、
この食洗機ではそういうことはなく、毎回ピカッと洗えています。
でも乾燥しきれておらず水分が残ってることがちょいちょいあります。

とは言っても毎日十分快適に使っておりますので、
唯一の不満を上げるとしたら上面操作タイプではなく、
前面に操作パネルが付いていることですかね・・・。

 2階キッチン食洗機操作パネル

スペック的に最上位ではないのでしょうがないですが、
前面の操作パネルだとやっぱり子供がポチッとしちゃったりするので。
最上位機種だと上面に操作パネルで、オープンしたときだけ操作できるのです。

設備についてはこんなところです!終盤グダグダな文章でスミマセン・・・。

なんだかダラダラと長い記事になってしまいましたが、
検討時に考えたことを振り返って書き留めたという感じで、
ほんとに単なる私自身の記録になってしまいました。
が、こうして振り返ってみると、
選んだひとつひとつに理由があったことを思い出すので、
今ちょっとした不満があっても受け入れて大事にしていこうと思えますね。
私にとってはとっても有益な振り返り作業でした☆

でも興味ない方には全くもってどうでもいい内容でしたね・・・。
まぁ私のブログってそんな記事が多いですが。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!


と言いつつ、懲りずにキッチンの記事が続きます。
次はカップボードやキッチン周りの収納について書く予定です!

あ、その前にお買い物記録かもしれません。

 

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
更新のない日もあたたかなクリックをありがとうございました。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ1 :: 2014/07/24(Thu)

前記事のキッチン全体像に続きまして、
次は、キッチンの詳細な仕様について書いてみます。
使い回し画像が多いですがご容赦ください・・・。


ちなみに我が家のキッチンの基本仕様はこちら↓

パナソニック/リビングステーション New S-class
 プラン:スマートステップ対面プラン
 扉柄:X40 リアロウォールナット柄[XD]


リビングステーションのS-classはもうすぐ受付終了なので、
残念ながらあまり誰かの参考になるような記事ではないと思いますが、
家づくりの記録のひとつとして書いておきます。


キッチン自体の間口は約250センチです。

 2階キッチン2

シンク→作業スペース→コンロと一直線に並ぶごく一般的な配置ですが、
この一直線の配置がこだわりのひとつでもありました。
旧居マンションはコンパクトなL字型のキッチンだったので、
夫と2人で作業していると動線がぶつかりまくって大変なストレスで・・・。
複数人で作業しても動線がかち合わない、
余裕のあるスペースと一直線の配置が強い希望でした。

カウンター下の収納は、特に工夫やオプションなんかはなく、
これまたごくごく一般的な引き出しが並ぶタイプです。

   2階キッチン収納1

引き出しの中は標準でいろいろ付属品がついてます。

 2階キッチン収納3

が、この収納内部の質感は少々安っぽいですね・・・。
こういうところにL-classとの差が出ますよね。
でも収納内部は常時目に付くものでもないですし、
我が家としては収納量も十分で、そんなに不満はありません。

ちなみに、この最下段の収納の引き出し。

 2階キッチン収納4

この引き出しが、全体と同じ扉柄、かつ、上の引き出しとまっすぐなラインであること
が私としては結構大事なポイントでした。

 2階キッチン収納5

キッチンメーカーやプランによっては、
この引き出しが一段奥まっていたり、斜めのラインになっていたり、
あえて違う面材になっていたりするデザインもありますよね。
キッチンとしてはそれもステキだと思うのですが、
家具っぽさを重視する私には、リビングステーションのこのまっすぐラインが魅力的でした。
あくまで私の好み。

扉の取っ手は、アルミライン取っ手[LCA]を選んでいます。

 2階キッチン3

リビングステーションの魅力は家具っぽさなので、
いかにもキッチンという形状のライン取っ手ではなく別のものを・・・
と私は当初思ってましたが、
実用性やスッキリ感を重視した夫の希望によりライン取っ手になりました。
ちなみに我が家は、私だけでなく夫もキッチンに立ちます。むしろ私以上かも?

まぁ実際のところ、S-classだと取っ手の選択肢が少なく、
イマイチ好みに合うものがなかったですし・・・。
S-classで選べる取っ手はこちら。カタログから画像お借りしています。

 キッチンSクラス取っ手

我が家には、取っ手があると全力で体重をかけてぶらさがるギャング子供たちもいますし、
私はシンクに立つときなど、カウンターに寄りかかって作業しますので、
そういうときに邪魔にならないライン取っ手で結果としては良かったのかな。
と今では思っています。無難だけどね。

と言いつつ、L-classだとたくさん選択肢があって、
グッとくるステキな取っ手もあったんですけどね~。
小っちゃすぎて分からないですが、この左端のHFSがかなり好み・・・。←未練タラタラ?
L-classのカタログから画像お借りしています。


 キッチンLクラス取っ手


我が家が選んだスマートステップ対面プランは、
カウンター奥に30センチほどの立ち上がりがあります。
こういった形状の場合、立ち上がりをキッチン側からどう有効活用するか?
というのは、みなさん結構工夫を凝らしているところだと思いますが、
スマートステップ対面プランだと標準でいくつかの設備が付属しています。

LEDのライン照明。

 2階キッチン立ち上がり2

布巾掛けやフック、そしてコンセント。

 2階キッチン立ち上がり1

この設備類はなかなか重宝してます。
邪魔にならないような布巾の置き場ってどうも難しくて旧居では苦労しましたし、
LED照明も別にいらないかなぁと思ってたんですが、
夕暮れどきや夜中など、照明を煌々とつけるほどでもないときに、
ほどよい明るさのこの照明を意外とよく使っています。

照明つながりでいきますと、キッチンの照明計画
リビングダイニングの照明計画でも書きましたが、
シンク真上あたりに4灯のダウンライトを30センチ間隔で集中して配置しています。

 2階キッチン1

図面で見るとこんな感じ。
左側のポツンと離れたダウンライトは収納部分を照らすためのものです。
ないと困りますが、あまりにインテリア的には存在感がない照明のため、
これまでの照明関連記事ではこのダウンライトを図面に載せることすら忘れてました・・・。

 2階キッチン照明1

シンク付近にしかダウンライトがなく、
後ろ側のカウンター上にはダウンライトを配置しないことに不安がありましたが、
ICさんが「明るさは問題ないですよ!」と珍しく断言するので、
半信半疑ながらもこの配置のまま突き進んだのですが・・・。

結果、ICさんの言うとおりまったく問題ナシでした!
この4灯だけで十分に明るいですし、
もし配置を後ろ側にずらしていたら、
むしろ手元が影になってしまってストレスだったかも・・・と思います。
ダウンライトって意外と光が広がるもんだなぁと住み始めて実感しました。

・・・と、ここまでで結構長くなってしまいました。
個々の設備の仕様についても書こうと思ったんですが、
それは次回の記事ということにします!
今回は全体的な設備仕様の記事ということで・・・。
なんだか内容の薄い中途半端な記事でスミマセン。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
web内覧会★2階キッチンはほどよくオープン、ほどよくクローズ :: 2014/07/20(Sun)

三連休ですが、なんだかパッとしない天気ですね~。
天気が悪そうなので、我が家は何の予定もなくダラダラ過ごしております。

さてさて、ちょっと間が開いてしまいましたが、
続きまして2階私たち世帯のキッチンのweb内覧会です。
キッチンまで来るとweb内覧会も佳境に差し掛かった感がありますね!
って住み始めてもう3ヶ月以上経つのに何言ってんだって感じですが・・・。

キッチンはなんだか長丁場になりそうな予感がするので、
今回はサラッと全体感などを書いてみようと思います。

まずは間取りから。

2階のキッチンは、LDK空間の北側に位置しています。

 2階キッチン間取り1

間取り上は両側が通路になったアイランドタイプですが、
コンロ側はサイドに天井まで壁を作っていますので、
キッチンの形状としてはペニンシュラタイプとなります。
赤線の部分が壁になってます。

 2階キッチン間取り2

ただ、ペニンシュラタイプはコンロの前にも壁を作ることが多いと思いますが、
上の図の水色の点線の部分ですね。
我が家はここは壁なしなので、前面はフルオープンになってます。

間取り上、アイランドタイプのキッチンを採用するには、
それなりにスペースの余裕が必要なので難しい場合もあると思いますが、
でもやっぱりアイランドキッチンだと動線がすっごくストレスフリーです。

どちらからでもキッチンに出入りできるのはもちろん便利ですし。

 2階キッチン間取り3

2階はLDKを中心として、全ての部屋がLDKからつながる間取りなのですが、
キッチンがアイランドで行き止まりがないので、
LDK経由で部屋間を移動するときに、グルっと迂回する必要がない!

 2階キッチン間取り4

こんなの当たり前みたいですが、
でもやっぱり回遊性が高くてとっても暮らしやすいです。

そんな我が家のキッチン。

何度も使っている画像なので新鮮味ゼロ!ですが、
リビングダイニング側からの眺め。

 2階LD4

我が家が選んだキッチンは、こちらです。

パナソニック/リビングステーション New S-class

なぜパナソニックのキッチンを選んだかと言いますと・・・。

文句なしに見た目が好みだったから!!

これに尽きます。身も蓋もないですが。

独立型キッチンでない限り、キッチンはリビングダイニングに隣接して、
常時目に入る場所に存在していることになるので、
見た目が好みであることがキッチン選択時の最優先条件でした。
検討時の記事はこちら。
 ⇒キッチンのリサーチ@ホームセンター
 ⇒キッチンはリビングステーション


パナソニックのキッチンと言ってもいろいろプランがありますし、
感じ方は人それぞれだとは思いますが、
私の中でリビングステーションは、
キッチンとしてのデザイン性や格好良さを追求したというより、
リビングになじむような家具に近いキッチン

という印象。
凹凸の少ない直線的なデザインがすごく好みで、
ウッディでマットな質感の扉柄が豊富なところも高ポイントでした。
いかにもキッチン!な鏡面の扉があまり好きではなくて・・・。

というわけで、機能性やオプションの種類なんかはほぼノーリサーチのまま、
見た目だけでパナソニックのキッチンを採用したため、
注文住宅の醍醐味であるキッチンのショールーム巡りを我が家は経験していません。
パナソニックのショールームだけは何回か行きました。
いろいろ行ってみたかったなという思いも正直ありますが、
駆け足の家づくりで時間的な余裕がありませんでした・・・。


でも見た目で選んで大満足!すっごく気に入っています。

期待したとおりに、家具のような佇まい。あくまで私見です。

ダイニング側。

 2階キッチン1

キッチン側。

 2階キッチン2

 2階キッチン3

カップボード側。

 2階キッチン4

 2階キッチン5

全体感の分からない写真ばっかりでスミマセン。

扉柄は、X40 リアロウォールナット柄[XD]です。
あんまりキッチンっぽくない、このリアルな木目が、
私的に大変なツボであります。

 2階キッチン6

このリアロウォールナットは、
パナソニックの建具や床と合わせてコーディネートできる、
リビエリアロシリーズというやつなんですが、
このシリーズはもう今年の9月で生産終了しちゃうみたいですね。
ということはキッチンの扉柄としても選べなくなっちゃうんでしょうね。
自分が選んだものがなくなるってなんだか寂しい・・・。

あ、今パナソニックのHP見たら、リビングステーションのS-class自体、
今年の10月で受付終了なんですね。
L-classは継続みたいなので、S-classの後継はLacucinaというラインなんでしょうか。
いやー設備や仕様ってどんどん変わっていきますね。


しかし、この扉柄って選ばれる方少ないんですかね?
検討中、いろいろ手を変え品を変えて検索しても、
キッチンにリアロウォールナットを採用した方の情報が全然見つかりませんでした・・・。
リアロチェリーやリアロメープルの方はちらほらいた気がします。
うーん。こういうリアルな木目でダークな感じはキッチンには不人気なんでしょうか。
私はすごく好きなんですけどね。
カタログではもっと黒っぽく濃い色に見えましたが、
実際はもう少し明るくて木目がよく分かり、想像していたより優しい雰囲気です。

リビングステーションでデザインが絶賛されているのは、
プロダクトデザイナーの深澤直人さんがデザインしたフロート対面プランですよね。

 

確かにホレボレするくらい美しいデザインですが、
ズボラな私には、こんな手元丸見えのフルフラットタイプを選ぶ勇気があるわけもなく、
我が家が選んだのは、スマートステップ対面プランというタイプです。

 

このプランは、キッチンのカウンターから30センチほどの立ち上がりがあり、
手元をほどよく隠せる形状となっています。

 2階キッチン7

ダイニング側はパネルや収納などいくつか選択肢があるんですが、
我が家は引き戸タイプの収納を選びました。
詳細はまた別途記事にしたいと思います。

 2階キッチン8

手元が立ち上がっていたり、ダイニング側が収納になっていたりするのは、
どこのキッチンメーカーでもわりと当たり前にあるプランだとは思いますが、
このスマートステップ対面プランのダイニング側は、
・正面もサイドもキッチンの扉と同じものを選べて統一感があること
・収納部分もデザイン性が高く、部屋のアクセントになりそうなこと

などがとても気に入っています。

ちなみに、両サイドオープンで完全なアイランドタイプにせずに、
コンロ側のレンジフードサイドに壁を作ってペニンシュラ形状としたのは、
ダクトを通す関係で、こちら側の一部天井が下っているためです。

 2階キッチン9

唐突にそこだけが下り天井だと違和感ありありなので、
壁を作ってゆるく区切ることで、段差の境界をごまかしているのです。
まぁバレバレですけどね。
キッチン全体の天井を下げてコーブ照明というようなオシャレプランは、
20万円くらいかかるとか言われたので検討さえしませんでした。


と、苦肉の策的で作った壁でしたが、前回の記事でも書いたように、
この壁の反対側をマグネットクロスニッチ&ブックシェルフとして有効活用しています。
ニッチたちが壁の真ん中にないのはスルーでお願いします・・・。

   2階LD本棚3

マグネットクロスニッチ。

   2階キッチン10

ニッチの中にはこれを貼っいます。

 

今ここには、子供の保育園の行事予定や献立表が、
モリモリっと貼ってあって非常にゴチャゴチャしておりますが、
リビングダイニング側からは全く目に入らずいい感じで目隠しができています。

やむを得ず作った壁でしたが、結果として、
生活感のあふれるものを隠せる場所ができたのは、
思いもしなかった収穫でした。

ということで、我が家のキッチンは、

・アイランドタイプの間取りで動線◎
・前面フルオープンで開放感&つながり確保
・手元の立ち上がりでキッチンのゴチャゴチャは目隠し!
・コンロサイドの壁で生活感のあるものも目隠し!


と、ほどよくオープン、ほどよくクローズでバランスが良く、
なかなか使い勝手の良い仕上がりとなりました。
決して深い考えがあってそうなったわけでなく、気が付いたらそういうキッチンになってました。

何だかまとまりのない記事になってしまいましたが、
全体像はこんな感じのキッチンでした!
次の記事は、キッチンの詳細仕様や選んだ設備類について、
使用感を交えつつ書いてみようかなと思っています。
よろしければお付き合いください☆

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
更新のない日もあたたかなクリックをありがとうございました。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。