いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
web内覧会★ちょっぴり残念仕様・・・な1階カップボード :: 2014/09/29(Mon)

週末は休日出勤になってしまい、休んだ気がしないやっこであります・・・。

さて、親世帯のキッチンのweb内覧会続きです。
続いては、カップボードについて。
キッチン本体については、前記事のこちら⇒

カップボードは、キッチン背面に冷蔵庫と一直線に並ぶ、
ごくごく一般的なレイアウトです。

 1階キッチン間取り7

ただ、この図面上は冷蔵庫の場所がキッチンの奥(コンロ側)になっていますが。

 1階キッチン間取り4

途中でカップボードと冷蔵庫の位置を反転させ、
冷蔵庫の場所はキッチンの手前(シンク側)に変更しました。

リビングから見るとこの位置が冷蔵庫置き場です。

 1階キッチン8

冷蔵庫は生活感の出やすいものなので、
キッチン奥にあった方があまり目立たなくて良いのですが・・・。

でも、冷蔵庫が奥にあると、
ダイニングで食事中に冷蔵庫から何か出し入れたいとき、
ぐるっと回って行かなきゃならないので、億劫かなぁ?とか。

 1階キッチン間取り5

義母がキッチンで作業中に、義父が冷蔵庫からお茶を出したいようなとき、
キッチンを通って奥まで行くのは動線がかち合って邪魔かなぁ?

 1階キッチン間取り6

などという動線的な理由で変更しました。
拙い図ですみません。

たまにしか来ないお客さんから生活感を隠すより、
日々の動線でストレスがない方が大事!という私の中の結論です。

冷蔵庫の位置ってわりと議論の対象になってますよね。
キッチンの奥にするか手前にするか?だけでなく、
コンロ側にするかシンク側にするか?もネット上ではいろいろ意見が見られました。
我が家の場合は1階、2階ともにシンク側に冷蔵庫としたのですが、
これは便利なときもあれば不便なときもあり・・・。
野菜などは冷蔵庫から出してそのままシンクで洗うので、
冷蔵庫とシンクが近い方が便利ですが、
調味料などは冷蔵庫から出してコンロ前で使用したりするので、
その場合は冷蔵庫とコンロが近い方がらくちんですもんね。


結局のところどっちにした方が良かったのか、いまだ分かりません。
間取りって奥が深いですね・・・。

・・・と脱線しましたが、話をカップボードに戻します。

カップボードは幅180センチの二の字型のタイプです。
キッチンと同じ、パナソニック/リビングステーション New S-Classのもので、
扉柄もキッチンと同じくP20 アルベロホワイト[PF]です。

   1階カップボード1

2階は幅270センチなので、比べるとだいぶコンパクトです。

上部は幅90センチ×高さ84センチの吊り戸が2つ。

 1階カップボード2

中央部は全てカウンターで、
下部は左からオープン、家電収納、開き戸収納。それぞれ幅は60センチです。

 1階カップボード3

自分たちで決めておいてなんですが、
全体的にちょっと使い勝手がイマイチなんですよね・・・。

カウンターに電子レンジ、オーブントースターを置くとすると、
中央部には収納は取れないなぁということで全部カウンターにしたのですが、
やっぱりすぐ手が届く高さに食器を収納できないのは大変不便なんですね。

このゴールデンゾーンに収納が欲しかった・・・。

 1階カップボード4

結局住み始めてからカップボードの横に隙間収納を買い足しました。
ここはもっとちゃんと使い勝手を考えれば良かったです・・・。

二世帯住宅だと設備が約2倍なので考えることも2倍で、
考えきれなかったことが多々ありまして・・・。
どうしても親世帯の設備の検討は後回しになってしまい、
結果としてイマイチな仕様で申し訳ない箇所がちょいちょいあります。

私たち夫婦が建てる家ということで、
義両親はできるだけ口出ししないようにしてくれていたようですが、
もう少しボールを義両親に渡しても良かったなと今となっては思います。
なんだかグチめいた内容になってしまってスミマセン。

カップボードは以上ですが、キッチン横にも収納があります。
幅90センチの天井までの開き戸収納が2つ。

 1階キッチン収納1

ここはリビング側との共用収納スペースで、
開けると内部はこんな感じになっています。

   1階キッチン収納2

両方ともオープン収納システムという可動棚を設置しています。
左側は家事タイプという、背の高いものも収納できるタイプ。
ハンギングできるバーが設置されています。
右側は棚フルタイプという、普通に棚板だけのタイプ。

可変性は高い収納ですが、
収納グッズなどを使わないとうまく使いこなせない感じですね・・・。
もっと考えてあげれば良かったかな・・・。

キッチン周りは以上となります。
うーん。こうして見ると残念ポイントだらけですね。
義両親はわりとあるものに合わせて暮らすというスタンスなので、
使い勝手に関してそんなに不満は言いませんが、
でも明るさと暑さ寒さに関してはハッキリ物申します。
もっといろいろ考慮してあげるべきだったなぁと思います。

そんな1階キッチンでした。
写真も少ないし、あまり読み応えのない記事で失礼しました。

次は同じく親世帯のトイレの予定ですが、
仕事パンク気味で余裕がないためちょっと間が空くかもしれません・・・。
では、一週間頑張りましょう~!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
web内覧会★我が家の中心!1階キッチン :: 2014/09/25(Thu)

2階私たち世帯のキッチン・洗面室・トイレを記事にしてきましたが、
続けて親世帯が使う1階の水周り関連を書きたいと思います。

ちなみに我らが二世帯住宅の基本的な検討スタイルは、
まず私たちの好みで2階の仕様を決定し、
それにテイストやメーカーを合わせる形で1階の仕様も決定する。
という感じで、大半は私たち夫婦の希望に沿って進めてきました。
一応都度報告&了解は得てますよ!

そして、義両親はあんまり見た目や機能にこだわりがないこともあり、
1階の設備は2階と比べると全体的に節約志向となっています・・・。テヘヘ。

というわけで、あまりこだわりポイントもなく見どころが少ないですが、
まずは義母がメインで使う1階キッチンから。

間取り上は、リビングダイニングに対面するこの位置にあります。

 1階キッチン間取り1

形状としては、一般的な対面式ペニンシュラタイプなのですが、
キッチンの奥にあたる壁側にもドアを設置したので、
ここからキッチンへの出入りが可能です。

 1階キッチン間取り2

結果として、この1階キッチンからは、
家の中のほぼ全ての場所へダイレクトでアクセス可能となっています。

 1階キッチン間取り3

親世帯の居室である寝室や和室、
バックヤードにあたる洗面室や脱衣室、トイレ、
そして玄関、2階へ続く階段。
という全ての部屋や設備が、キッチンを取り巻くように配置されていて、
まさにこの1階キッチンは我が家の中心にある!という感じです。

設備としては2階キッチンより若干コンパクト&節約志向の1階キッチンですが、
実は我が家の要となる場所だったりするのです。
私たち世帯もここから供給されてくるおかずを毎日食べています。

そんな1階キッチンを、リビングダイニング側から眺めたところ。

 1階LDK内部4

対面式ではありますが手元に立ち上がりがあり、
コンロ前には天井まで壁があるセミオープンなキッチンです。
コンロ前に壁がある分、2階のキッチンと比べるとクローズ感は強いですね。

キッチン側から見たところ。
間口は255センチ

 1階キッチン1

キッチンは2階と同じパナソニック/リビングステーション New S-Classです。
1階、2階でメーカーを統一したのは、
全体的なテイストを揃えたかったということと、
子供たちの食事を義母にお願いするときなどに
義母が2階キッチンを使う機会も結構あるかも?
ということで使い勝手もできるだけ統一したかったためです。

扉柄は、P20 アルベロホワイト[PF]というものです。

 1階キッチン2

鏡面素材で、白地にうっすらグレーの横木目模様が入っています。
こういった明るい色の鏡面素材は私の好みとはちょっと違いますが、
1階キッチンは少し奥まっていて窓もないので、
雰囲気が暗くならないようにとあえて明るめを選びました。
ただの真っ白でなく木目模様が入っていることで、
ダーク&ウッディな部屋のテイストにも違和感なくなじんでいるかな?
と思ってます。どうでしょう?

ちなみに、「アルベロホワイト」という検索を経由して
このブログを訪問してくださる方がわりと多いようです。


個々の設備は、カタログに載っているいわゆる標準プランに近い仕様となっています。

2階キッチンと比較しつつ読んでいただくと節約感が良く分かるかも・・・。
 ⇒web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ1
 ⇒web内覧会★キッチン(リビングステーション)の詳細仕様イロイロ2


カウンター天板は2階と同じ人造大理石のグラーノホワイト[YW]
水栓も同様で水栓浄水器一体型シャワー混合水栓です。

 1階キッチン3

シンクは2階のように人造大理石にグレードアップせず、
ステンレスタイプのスキマレスシンクです。減額ポイント・・・。

コンロだけは2口IH+1口ラジエントで、
2口IHのみの2階よりほんのすこしだけ上位機種。
私と違って義母はきちんと料理しますのでね。

 1階キッチン4

レンジフードは、スマートフードさっとれるファン仕様です。

 1階キッチン5

うーん。これ、カタログではもうちょっとスマートに見えますけど、
こうやって見るとけっこうモッサリしてますかね・・・。

そして食洗機は、2人分の食器だけだからそんなに容量なくてもいいかな?
幅450mmの浅型をセレクトしたのですが、これは大変な残念ポイントでした。

 1階キッチン6

食洗機に深さがないため大きめのお皿が入らないのです。
浅いということは、入る食器の枚数が少ないだけじゃなく、
食器の大きさにも制限が出るという当たり前の事実に気づいておらず・・・。
大きいお皿が入らないってかなり不便で、食洗機としての存在価値は半減です。
ここはケチケチしないで深型にすれば良かったと思ってます。

あと、コンロ周囲の壁や手元の立ち上がり部分に貼るキッチンパネルは、
当時発売したばかりだったラティスホワイトというものを選びました。

四角い凹凸が規則的に並んだタイルっぽいキッチンパネルです。
写真じゃ分かりにくいですかね。

 1階キッチン7

1階キッチンは扉柄もシンプルだしちょっとくらいはアクセントを、
と思って選んだのですが、これが思いのほかかわいくてですね。
完成後に目にしたとき、2階もこれ選んでも良かったかも?と思いました。

キッチン本体についてはこんな感じです~。
サラッと書いたつもりが意外と長くなってしまったので、
いったんここで切りたいと思います。
中途半端な記事になっちゃいましたね。

次の記事でカップボードについて書きたいと思います!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
web内覧会★アクセス良好!な1階寝室&ホール :: 2014/06/24(Tue)

web内覧会、次は和室に隣接する親世帯の寝室に行きます!

義両親の寝室は、1階の北西に位置する7.5帖の洋室です。

 1階寝室間取り1

旧居では畳に敷いた布団で寝んでいた義両親。
新居でもそのスタイルでいいのかな?と確認したところ、
ベッド生活にしたい!とのことでしたので、寝室は和室でなく洋室となりました。
あと、図面上にも描かれているとおり、ピアノを置くスペースを兼ねています。

この寝室、1階のなかでは玄関から最も遠い奥まった場所ですが、
意外にもいろいろな場所へのアクセスが◎な一等地なのです。

 1階寝室間取り2

我が家はこれと言って華のない間取りですが・・・、
でも、ハイムの提案してくれた間取りはこういうところが秀逸で、
動線が考え抜かれているなぁと住み始めた後もよく感じています。
その辺の間取りへの熱い思いはまた別途語るかもしれません・・・。

そんな寝室ですが、内装はごくごくシンプルで、
そんなに見どころもないのでサラッと書きます☆

和室の2枚建てのスライディングウォールの向こう側が寝室です。

 1階寝室1

スライディングウォールは和室・LDK間と同じPタイプのWW。

 スライディングウォールカタログ2

スライディングウォールをフルオープンにすると・・・。

 1階寝室2

義両親のベッドはハイムのインテリアフェアで購入したので、
引渡し時には既に搬入されており、ベッドなしの写真がありません。
しかもオマケでついてきたベッドパッドやらシーツやらが置きっぱなしで・・・。
ちゃんとどかして撮ればヨカッタ。


寝室側から和室を見たところ。

 1階寝室3

よく見ると(見なくても)ベッドの向き、ちょっと違和感ありませんか?
一般的にはヘッドボード側を壁に付けてベッドを設置すると思うんですが、
家相を気にする義父は、西側が枕というのは抵抗があるらしく、
それを避けるためにベッドは逆向きで設置してもらいました。

西側にはキッチントール(縦滑り出し窓)が4つ並んでいます。

  1階寝室4

カーテンは和室と同じくプリーツスクリーン。

  1階寝室5

生地は私の愛するグレーです。
気が付けばグレーのカーテンだらけの我が家・・・。
今後のweb内覧会ではグレーのカーテンが頻出予定です。


 1階寝室7

タチカワブラインド/プリーツスクリーンペルレ
上側生地:フェンスPS-4761(ホワイト)
下側生地:ノッテPS-4643(グレー)


こちらの写真と同じ生地です。

 

厚手の生地を下側、薄手の生地を上側にして、
窓の上部から少し採光するなんてことができるようになってます。

 1階寝室6

上の写真でも分かるとおり、この4つの窓は部屋の中央から対照の位置ではなく、
全体的に北側(和室の反対側)に片寄った配置となってます。
図面上こんな感じ。赤いところが窓位置です。

 1階寝室間取り3

特に右側(この図面だと上側)の2つの窓は、奥にあるクローゼットギリギリの位置。
部屋の全体感やベッドとの位置関係など、
ちょっとアンバランスに見えると思いますが、
これは外観を重視して2階にある窓と縦位置を揃えたためであります・・・。

図面上ではどうかなーと気になってましたが、
窓を寄せたことで結果的にここの壁面積が広くなり、
PCデスクを置いて有効活用できるという嬉しい誤算がありました。

 1階寝室間取り4

アンバランスさも慣れるとそんなに気になりませんね。
間取りや設備を考えていると、ついつい、
ただの壁の部分はもったいない!
と思ってしまって、窓や収納を追加したくなっちゃいますが・・・。
実際我が家はそうした部分が多いです。
でも敢えて壁のまま余白として残すことで、
住み始めてからの可変性を持たせるのも、
一つのやり方だったかもなぁと今となっては思います。

窓の反対側の壁には、ピアノを設置するためのくぼんだスペース。

 1階寝室8

北側は壁一面クローゼット。
義母の手持ちの桐箪笥を中に納めるため、
クローゼットにしては奥行が90センチと深めになってます。

 1階寝室9

入居前の写真なので照明がないですが、
今は義両親が旧居で使っていたシンプルな調光付シーリングライトを設置しています。
使えるものは新居でも有効活用しようと画策した結果、
1階の照明は施主支給が多くなりました。

・・・あんまり面白みのない部屋でしょう?
しかも照明が設置されてないときに撮ったので全体的に暗めの写真・・・。
自分たちの寝室だったらもう少し遊んだと思いますが、
義両親の部屋なので、シンプルに無難にまとめております。

これだけじゃアレなんで・・・。
寝室から水周りにつながるホールをちょっと。

 1階ホール間取り

1階はスライディングウォール以外は新仕様からドアを選んでいます。
寝室からホールに出るドアはPMシリーズのDW
ドアについてはまたまとめて記事にしようと思います。いつかね・・・。

 1階寝室10

ドアを開けると小さなホールです。

  1階ホール1

なんてことないこれだけの空間なんですが、
紹介したいのは上の写真の左側の壁にある白い扉。

これは何でしょうか!?

 1階ホール2

一見収納扉のようですが、中は・・・。

 1階ホール3

我が家の分電盤基地であります。

壁を少しふかして、浅いニッチのようにしたところに分電盤を集め、
扉でまるごと隠しちゃってる状態です。

ハイムの設備カタログに載ってるオプションのこれですね。分電盤収納。

 分電盤収納カタログ

我が家は二世帯分の分電盤、太陽光、蓄電池、スマートハイムナビと、
電気関連の機器類の量が膨大なのですが、
それが全てここでスッキリと目につかない状態でまとまっています。
別に誰が見るわけでもない場所ですが、
ささやかなお気に入りポイントだったりします。
分電盤って結構存在感あるので、これは採用して正解でした!オススメです☆

こんなところです!
1階、後は水周りの設備系が残ってるんですが、
その辺りは2階の私たち世帯の設備選択に伴って、
自動的に同じメーカーで決まったものなので、
2階のweb内覧会が終わってから比較しつつ書こうかなと思ってます。
というわけで次は2階かなぁ。
なかなか文章がまとまらなそうですが、頑張って書いて行きたいと思います!!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓

トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<総合>
トラコミュ WEB内覧会*リビング
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
トラコミュ WEB内覧会<和室>
トラコミュ WEB内覧会*寝室
トラコミュ WEB内覧会*ワークスペース
トラコミュ WEB内覧会*子供部屋
トラコミュ WEB内覧会*キッチン
トラコミュ WEB内覧会*洗面所
トラコミュ WEB内覧会*お風呂
トラコミュ WEB内覧会*トイレ
トラコミュ WEB内覧会*階段
トラコミュ WEB内覧会*玄関
参考になる記事がたくさんあります!!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
web内覧会★和室建具の残念な不揃い感 :: 2014/06/15(Sun)

続きまして和室の残念ポイント。
今日はWカップ日本初戦だと言うのにPCに向かってる場合じゃないよ!
と夫に言われながら書いてます・・・。


おそらくこんな失敗する人はあんまりいないと思うので、
あまり誰の参考にもならないとは思うんですが・・・。
でも家づくりの記録と言うことで書いておきます。

収納の建具はダークな色にした我が家の和室。
前回の記事と同じ画像です。

 和室収納1

右側半分は布団収納のための吊収納。
左側半分は、掛け軸スペース&仏壇スペースで、
それぞれの下の空間を有効活用できるよう段違いの収納を造作しています。
普通は掛け軸って床の間に掛けるものだと思いますが、
それだと下の空間がもったいないから収納にしてくれ!という義父の要望でした。


前回の記事で写真を見てすぐに気付いた方も多いと思います・・・。
残念ポイントは建具の色です。

左側の段違い収納部分の建具と、右側の吊収納の建具。
明らかに色が違うでしょ・・・。

 和室収納3

右側の吊収納はハイムの収納建具で、色は旧仕様のDWです。
左側の造作収納はパナソニックの建具で、色はエクセルダークです。

 和室収納2

なぜ違う建具になっているのか?

右側の吊収納は、計画段階で普通にハイムのインテリアカタログから選びました。
左側の段違い収納は、こんな感じで!とイメージを伝えたら、
上棟してから現場でサイズ感を確認して造作しましょう!!
ということで、後から検討する計画になっていました。
ハイムの標準的な設備では、このくらいのサイズ・奥行の収納がなかったので。

とは言っても、ハイムの場合、上棟から引渡しまでたったの2ヶ月です。
私たちは旧居から建築現場まで距離があって週末しか確認できず、
見に行けない週末も当然ありましたし、
他にも現場を見ていろいろ追加・変更したい場所があったりで、
ついつい和室のこの収納については後回しになってしまい、
何も検討しないまま、気付けば引渡しまで3週間を切っていました。

「どうしましょう!?」と営業さんに泣きつくと、
ちょうど営業さんの方で検討してメーカーに見積もりを取ってくれていたところで、
「これでどうでしょう?建具の色は吊収納DWにできるだけ合わせてます」
とプランを提示してくれたのです。

それが、パナソニックのエクセルダークの建具でのプランだったのでした。

これは玄関収納ですが、この色です。

 

もしね、もっと自分の気持ちに余裕があるときだったら、
吊収納のDWの建具と色に違和感がないか、サンプルで確認させてください。
ってお願いしたと思うんです。

でもこの時期、キッチン納期のトラブルだったり、
仕事も忙しかったり、家族で体調崩したり、
引っ越し準備や転園準備もあったり・・・でなんだかそこまで気が回らず、
「じゃあこれでお願いします!」と、ほぼ即決してしまったのです。

結果、できてみたら、思った以上に色の違いがあったというね・・・。

そして、取っ手の向きも違うというね・・・。

ハイムの吊収納は横向きの取っ手。

 和室収納4

パナソニックの収納は縦向きの取っ手。

 和室収納5

こうして見ると、向きだけでなく、取っ手の形状も結構違いますな。
木目が両方とも縦方向で揃っているのがせめてもの救いでしょうか・・・。

ここが和室で唯一、だけど、面積が大きく目につく場所なだけに、
かなり大きい残念ポイントです。

でもね、あんまり営業さんを責める気持ちはありません。
「色味が似ている」っていうのは主観ですし、
実際住み始めた後もここの色味を気にしているのは私だけです。
何より感覚で伝えたにも関わらずサイズ感はピッタリでしたし、
エクセルダークの建具も、これ単体でみれば質感や色味は結構好みなんです。

 和室収納6

赤味の強いハイムのDW色よりも、むしろこのエクセルダークの色味の方が好みです。

サンプルでの色の違いの確認を怠ってしまった、と上で書きましたが、
そもそも造作収納部分をパナソニックの建具で提案してくれた時点では、
すでに吊収納側の建具は設置済みになっていました。
なので、その段階でサンプルで色の違いを確認したところで、
もうどうすることもできなかったのかもしれません。

後悔すべきはその時点のことではなく、
造作する収納のサイズ感は現地を見て決定するとしても、
建具だけは計画段階で決めておくべきだった!!
というところです。

・・・良く考えたら当たり前のことですね。
和室のこの収納を見るたびに、詰めが甘かった当時の自分を反省する私なのでした。

おまけ。

前回の記事で書き忘れちゃいましたが、和室の照明は、
旧居マンションの和室で使っていたものをそのまま持ってきました。
入居後の写真です。

 和室照明2

 和室照明

林工芸の和紙(風?)素材の球状ペンダントライトです。
同じものか分かりませんが、これかな?

 

大して高くもないし和室の定番でよく見るこの照明ですが、
和モダンな感じがこの和室にもマッチしてる気がします!そんなことない?
気付けば我が家はダウンライトだらけ(+ちょこっとシーリングライト)で、
ペンダントの照明はこの部屋だけですね。

以上、我が家の和室でした~。

1階親世帯スペースの残り部分はサラッと書いて、
早めに2階のweb内覧会に行きたいと思います。
(でも書いているとついつい長文になっちゃうんですよね・・・)

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<和室>

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!



  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
web内覧会★ブルーバイオレットなモダン和室!? :: 2014/06/10(Tue)

前回のweb内覧会からだいぶ間が開いてしまいましたが・・・。
今回は1階にある和室です!

間取り上の位置はココ。6帖の畳部分+収納という空間。

 1階和室間取り1

親世帯のLDK、寝室の両方に隣接する場所にあります。

LDK、寝室との間にある扉は、
両方とも2枚建てのスライディングウォールになってまして。

 1階和室間取り2

どちらも開け放せば天井までオープンで一体化した空間となります。
あ、LDと玄関ホールの間のスライディングウォールと違い、
ココは両方とも、引き込んで2枚分オープンにできるようになっています。


LDKとの間にあるスライディングウォールを開放すれば、
LDK空間と一続きになって広々リビング。

 1階和室間取り3

寝室との間にあるスライディングウォールを開放すれば、
寝室と一続きになって広々プライベートスペース。

 1階和室間取り4

と、開け放すドアによって、使い方を変えられる位置となってます。

リビングダイニングの奥に見える、
白いスライディングウォールの向こう側が和室です。

 1階LDK内部1

選んだのは、スライディングウォールPタイプというやつです。
パネル(Panel)のPかな?
色は白い壁となじむようにWW。

 スライディングウォールカタログ2

営業さんから新仕様のカタログをいただいたので、これは新カタログの画像です!!

あんまり誰かがこの家に泊まるっていうシチュエーションはないと思うんですが、
もしそういうことがあった場合はおそらく和室を使用するので、
一応それも考慮して、扉を閉めれば隣接する部屋とはきちんと区切れるよう、
ここは透け感のないパネルタイプの扉です。

スライディングウォールを開けると・・・。

 1階和室1

普段はこういう感じで常時オープンです。
このテーブルの置き方だと、あんまりリビングと一続きに見えませんが、
今はちょっと配置を変えていて、もう少し一体感のある感じになっています。


検討時、間取り上の位置などを除き、和室に求めていた条件は。

・琉球畳で、一般的な畳の色(い草の色?)とは違う個性的なもの
・仏壇を置くスペースがあること
・掛け軸を掛けるスペースがあること


ということくらい。
普通の和室とは違う、ちょっとモダンな感じにしたいなという漠然とした思いだけで、
あんまり具体的なビジョンがありませんでした。

と言うわけで、畳の色をどうするのか?とか、
収納部分の扉は襖タイプにするのか、洋室と同じ建具にするのか?とか、
なかなか決められずにかなり迷走しました。

が、迷走して決められない私たちに営業さんが見せてくれた、
どこかの展示場の和室の写真が好みにかなりマッチしていたので、
最終的には結局その内装を丸パクリ参考にさせていただきました。
結果として、初回のインテリア打ち合わせで決めたものとはだいぶ変わっています。

ちょっと逆光で見にくい写真ですが、寄ってみます。

 1階和室2

かなり好みの分かれるところだとは思いますが・・・。

何と言っても最大のこだわりは畳ですね。

 1階和室3

セキスイ美草の目積(めせき)-ブルーバイオレットです。

 

一応サンプルと展示場の内装写真で色味は確認して好みだと思ったものの、
いかんせんブルーバイオレットなどとという色名なので、
すっごくムーディで品のない感じになっちゃったらどうしよう・・・。
と完成するまで少々不安はありましたが、
派手なムラサキっていう感じではなく、何とも落ち着いた上品な色でした。
「何色」と簡単に言い表せない不思議な色合い。

義母にもすごく好評でしたし、
隣室のウォールナットのフローリングともテイストが合っていて、
今では、この色以外の選択は考えられなかった!と思ってます。

 1階和室12

このブルーバイオレットの琉球畳とDW色の収納扉、
という展示場の内装が何ともステキで、我が家もそれに倣っています。

 1階和室4

見てすぐにわかる方もいると思いますが、この写真には後悔ポイントが潜んでおりまして、
それはまた別途記事にしたいと思っています・・・。


建具は壁になじむ白っぽい色か、ダークな色かで迷ったのですが、
この部屋には仏壇を置くので、白っぽい建具だと仏壇だけが浮いてしまいそう・・・。
ということで、全体的にダークな感じでまとめてみました。

左側の段違いになっている部分が、掛け軸&仏壇スペース+ちょっとした収納
右側が吊収納で、布団収納スペース。

収納内部はこんな感じで・・・。

 1階和室5

特に棚板なんかで区切られてないので、
ちゃんと自分で収納用品使って整理しないとグチャグチャになりそうです・・・。

吊収納の下には、通風のために間口900のオーニング地窓×2。

 1階和室6

吊押入れだと引き違いの雪見窓が設置できるんですが、
吊収納だと収納下の高さの関係でオーニング地窓しか設置できないそうな。
(オーニング地窓より、雪見窓の方が開口部が大きくなります)

この吊収納下部分の板の間(なんていうんでしょうね・・・踏込み床?)は、
ハイムの一般的なプランだと鏡面メラミンの面材なんだそうですが、
格好の子供の遊び場となるであろうこのスペースに鏡面の床なんて、
指紋や足あとがクッキリ残りそうでとんでもない!!
ということで、他の洋室に合わせてHDフローリングのウォールナットにしています。

 1階和室13

クロスは、洋室に合わせた真っ白なクロスだと、
なんだか明るすぎる和室になってしまいそうだったので、
ここは和風のものを選んでます。

 1階和室7

ハイムの標準のクロスサンプルの中から選んだ万葉というもの。
生成りっぽい色で、荒く塗ってあるような素材感?
これ、何風と言ったらいいのかなぁ・・・。
塗り壁風とも違うし、和紙風とも違うし・・・。
知識がないので良く分からないですが、
ムラのある質感で空間がのっぺりせず、
和風すぎず、モダンテイストにもマッチしていてなかなか気に入っています。

南側に幅180センチの掃き出し窓。
ここもリビングダイニング同様、電動シャッターを設置しています。

 1階和室8

窓の前には・・・。

 1階和室11

室内干し用のホスクリーン。

 

義母は外干し派なのでここはあんまり使わないかなと思ってましたが、
意外とここに洗濯物をかけていることも多く、役立って何よりでした。
やっぱり便利な物はあったらあったで使っちゃいますよね。

カーテンは、和室に定番のプリーツスクリーン。
カーテン検討時の記事はこちら⇒カーテンいろいろ1階

 1階和室9

タチカワブラインド/プリーツスクリーンペルレ
上側生地:ミズホPS-4174(フジネズ)
下側生地:フラウPS-4739(グレー)


 
この写真の色ではないです。

和紙調素材で、こんな感じで柔らかく光が入ってきます。

 1階和室10

カタログ写真だと、フジネズは藤色というよりだたのグレーに見えるんですが、
実際は藤色の色調が強く、少しグレーがかった藤色という感じ。
逆光なので濃い色に見えますが、ほんとはもっと明るい色の素材です。
ダーク&モダンなテイストが好きな私たちにとっては、
珍しく明るい色味で優しいテイストのセレクトですが・・・。
でも、このプリーツスクリーンのおかげで、コテコテモダンにとんがりすぎず、
なんとなく居心地のいい雰囲気にまとまったかなぁと勝手に思っています。

と、和室全体的な内装についてはこんな感じ!
なんだか自画自賛っぽい内容でしたね・・・。
いいんです!web内覧会なんて自己満足だから!!←言い訳。

でも、上でも書いたように和室には結構な残念ポイントがありまして、
それについては次の記事で書きたいと思います。

↓↓↓web内覧会イロイロ↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会
トラコミュ WEB内覧会<和室>

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  *1階親世帯居室・キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。