いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
カーテンいろいろ2階 寝室&子供部屋編 :: 2014/02/02(Sun)

さてさて、意外と長くなったカーテンシリーズ
カーテンいろいろ1階
カーテンいろいろ2階 リビング編
に続きまして、前回書ききれなかった2階のカーテンの続きです。

<寝室>
こちらは1階寝室と同じくキッチントールが4つなのですが、
カーテンも1階寝室と同じプリーツスクリーンをチョイス。
色の組み合わせまで一緒です・・・。
リビングカーテンの熱の入りっぷりとエライ違いですね・・・。

<タチカワブラインド>
プリーツスクリーンペルレ
上側生地:フェンスPS-4761(ホワイト) ※レース生地
下側生地:ノッテPS-4643(グレー)

1F2F-寝室
アクセントクロスがグレーなので統一感が出ていいかな、
とこれを選びましたが、こうして見るとなんか地味ですかねー。
ここはもしかしたら再検討するかもしれません・・・。

しかしリビングもグレー、寝室もグレー、
と私ってグレーが好きなんだなと改めて気付かされます。

<子供部屋>
子供部屋の窓は、スクエアウィンドウの900、600が2つずつです。
ここはスッキリ見せるロールスクリーンかな、
という方向性はすぐ決まったんですが、
子供部屋のカーテンって難しいですよね・・・。

あんまりポップな柄物とかでコドモコドモしちゃうのはイヤだし、
かと言ってシンプルすぎるのも子供部屋なのにつまんない。
シンプル目な柄物なんかもいろいろ検討したんですが、
できれば1枚でスッキリさせたい、でも、光の調整はできる方がいい、
ということで、選んだのはこちら。

タチカワブラインドのデュオレというロールスクリーン。

 

一見ただのロールスクリーンですが2枚の布が合わさっていて、
スクリーンをおろした状態で生地をスライドさせることで、
調光が自由に変えられるというものです。

選んだ生地は、織り感のある青い生地とレースの組み合わせというシンプルなもの。

<タチカワブラインド>
ロールスクリーンデュオレ
シエンテRS-113(ブルー)

2F-子供部屋
アクセントクロスの面に窓があるのですが、テイストが合うかなぁ・・・。
アクセントクロスはこんな色。

 

寝室と同じくここもあんまり自信がない箇所です。
でも考え直すのはちょっとしんどいので、このまま行く可能性大・・・。

家ができていない状態でカーテン選ぶのって難しいですよねー。
面積が大きくてインテリアに占める要素がかなり大きいし、
金額も結構なものなので、失敗するとかなり痛い・・・。
でも図面とサンプル生地から想像するしかないので、
実際できてみたらイメージと違うなんてこともありそうな・・・。

ちなみに、1階2階合わせて全てハイムのインテリア手配で、
カーテンのお値段は約70万円強でした。
窓の数も多いし、取り付けまでお願いするし、
想定内の金額かなって思いますがどうなんでしょう。高いかな?

安く手配しようと思えば格段に安くできるんでしょうが、
あんまり安っぽい生地もイヤだなぁと思いますし、
自分で見積もり取ったり業者手配したりも正直めんどくさいですよね・・・。
てなわけでハイムICさんのセンスを信じ、
このままハイム手配でカーテンは設置予定!

楽しみなような不安なような、のカーテン選びでした。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  カーテン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カーテンいろいろ2階 リビング編 :: 2014/01/30(Thu)

カーテン計画、前記事の1階に続きまして2階です。

・・・の前に、話が前後しますが、
そもそもカーテンの好みって皆さん明確なイメージがあるものですかね。

代表的なカーテンのバリエーションと言えば・・・。
・ドレープカーテン
・シェード
・ロールスクリーン
・プリーツスクリーン
・ブラインド
・バーチカルブラインド

ってとこですかね。
カーテンの種類の説明はこちらが分かりやすいです⇒カーテン市場

カーテン打ち合わせの前に私たちの頭にあったのは、
ドレープカーテンとブラインドはなしだなぁということくらい。
1階リビングにドレープカーテンを選んでおいて何を言うかという感じですが、
やっぱり使い勝手はドレープカーテンが断トツな気がするので、
親世帯のリビングは使い勝手を重視しました。
あ、でもドレープカーテンは好きじゃないけど1階リビングに選んだ生地はお気に入りです


なんでかって言うと、ドレープカーテンは、
どうしてもカーテンレールの存在が好きになれないのと、
カーテンを開けたときにサイドにたまるモッサリ感が許せないため。
カーテンレールはデザインのいいものもありますが、
それもなんかごまかしてる感がある気がするんですよねー。
カーテンボックスをつけてカーテンレールを隠す案も検討しましたが、
窓の配置によってはかえって目立ってしまう気がして却下。

そしてブラインドは、ズボラな私は絶対埃をためる自信があるのと、
羽根(?)の間やサイドから結構光が漏れそうな気がするため。

そんなわけで、ハッキリしていたのはそれくらいな状態での打ち合わせ。

<リビング>
2階リビングは、幅270センチの掃き出し窓です。
ビジョンのない私たちにICさんが提案してくれたのは、
モダンな雰囲気でおすすめってなことでバーチカルブラインド

 

バーチカルブラインドとは・・・。

布などでできた帯状のスラット(羽根)を垂直に並べて取り付けたブラインドで左右に開閉するタイプです。
スラットを回転させることで、光のコントロールができ、操作が手軽なところが人気です。
垂直方向のまっすぐなラインが強調され、シャープでモダンな印象を与えてくれます。
オフィスなどの空間にもマッチします。


こちらのページから引用させていただきました ⇒ カーテン市場

だそうな。
確かにシャープな雰囲気のわりには
開閉や出入りも容易で使い勝手は良さそうかな。
と思って当初はバーチカルブラインドで考えていました。

でも・・・。
なんかバーチカルブラインドってやっぱり無機質というか、
どうしてもオフィスとか学習塾みたいなイメージが抜けず・・・
それに子供がカーテンとたわむれたりしたら、
下の糸とかブチッと切れて悲惨な感じになりそうじゃ。

あらためて自分の好みってどんな感じなんだろう??
といろんなお気に入りブログを眺めてみたところ、
何となく私が好きだなと思っている部屋の写真って、
どれもカーテンはダブルシェードだったのでした。

 

ということで、やっぱりシェードに変更して検討し直し!!
これまた生地がなかなか決まらなくて迷走したのですが、
展示場の寝室に使われているシェードがかなり好みなことを発見。
毎週通っていたのに今さらですが・・・。

それがこちら。

<フジエテキスタイル>FA6511クリエ

 クリエ1

展示場で使われていたのは、右上のNo.13だったと思います(赤丸)。

 クリエ3

フジエテキスタイルのカタログから画像お借りしました。


あのね、これ、カタログの小さいサンプル見ただけだと、
正直言って全然良さが分からないです。
カタログだけ見てたら絶対選ばずスルーしていたと思う。
でも、シェードとして作られた大きな生地を見ると、
ブルーのようなパープルのようなグレーのような、
なんとも言えない深みのある色で、
生地自体もすごく高級感があってホレボレしてしまうのです。

我が家は、このクリエシリーズのNo.15、
右下の濃いめグレーをリビングに選びました(青丸)。

ちなみにフジエテキスタイルの生地全般、
それまで見ていた代表的なカーテンメーカーのカタログとは全然違う!!
なんとも言えず繊細でひとつひとつにすごくこだわりを感じました。
カタログの名前がSTORYと言うんですが、
まさにそのとおりでそれぞれの生地にSTORYというか、
作った人の思い入れがあるんだろうな感じさせるカタログでした。

で、窓側に来るレースシェードも、同じカタログから選択。

<フジエテキスタイル>FA1352シス

 シス1

さり気なく同系色で縦方向に刺繍が入っています。
選んだのはこちらのシルバー。(写真だと分かりにくいですね)

 シス3

フジエテキスタイルのカタログから画像お借りしました。


組み合わせはこんなイメージです。
2F-LDK.jpg
うんうん。なんだか縦のラインでシャープな感じですね。
カーテンの色もダーク、床の色もダーク、
でどんな感じかな~とちょっと不安はありますが、
生地自体はかなり気に入るものが見つかってよかったです!

ってリビングのカーテンだけですんごい長文になってしまいました。
息切れ気味なので、他の部屋は次に続きます・・・。ゼェゼェ・・・。
大したことない内容ですが。

自分しか興味ないような内容でしたが、
最後までお読みいただいた方、ありがとうございます!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  カーテン
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
カーテンいろいろ1階 :: 2014/01/28(Tue)

今回はカーテンについてですが、
カーテンの記事を書くなんて、
家づくりの検討も終盤って感じがしますね!

しかし、ドアの残念ポイントのことやらで頭がいっぱい、
かつ、終盤に来て集中力が切れ気味で・・・。
ノービジョン&ノーリサーチな状態で
ICさんとのカーテン打ち合わせを向かえてしまいました。
そのためなかなか自分たちの方向性が定まらず、
二転三転と迷走したのですが、とりあえず結論をサクッと書きます!
(決して経緯を書くのが面倒なわけではありません・・・)

まずは1階から。

ちなみに1階は親世帯なので、
カーテンくらいは義両親の好みで選んでもらった方がいいかな?
(設備や内装は全て私たちが決めてしまいました)
と思ったのですが、打診したところ、
「よく分からないからあなたたちで決めて~」てなことでしたので、
結局親世帯の分も全部私たちが選ぶことに。

いきなり話が脱線しますが、我が家の夫、
モノに対するこだわりが結構(かなり)あります。
あまり適当なもので妥協せず、多少値段が張っても、
機能性やデザイン性が優れているものを好むし、
そのための情報収集も大変熱心。
ところが、夫の両親はびっくりするくらいそういうこだわりがありません。
目の前のものが使えるならそれで十分という感じで、節約志向も強いです。
そんなわけで、家の仕様も私たちにお任せだったのですが、
一体夫のこだわりの強さは誰に似たんだろうか・・・と、
時々疑問に思う私であります。

ま、関係ない話はおいときまして、カーテンの話題に戻ります。

<和室>
和室には幅180センチの掃き出し窓がありますが、
ここのカーテンが唯一悩まずに即決したところです。
選んだのは、ツインタイプのプリーツスクリーン

 

ちなみにプリーツスクリーンとは・・・。

ポリエステル等で出来た不燃布をジャバラ状に折りたたんで出来たスクリーンで、昇降させて使用します。
和紙のような風合いを持つデザインが多く、和室や洋風和室などにもマッチし、モダンな空間を演出します。
目隠しをしながらも柔らかい光をお部屋に取り込まれたい方におすすめです!


こちらのページから引用させていただきました ⇒ カーテン市場

和室っていったらもうこれが定番!っていうくらい多いみたいですね。
打ち合わせをした展示場の和室もプリーツスクリーンでした。
これまでその存在を知らなかった私たちは、
展示場のプリーツスクリーンを操作してみて、
採光と遮光を柔軟に調整できる画期的な機能性に心酔。

和紙のタイプなら、和のテイストを保ちつつ、
モダンな雰囲気も醸し出せて、和室のカーテンとしては理想的!
ってことで即採用だったのでした。

色は若干迷いましたが、最終的にこちらで決着。

<タチカワブラインド>
プリーツスクリーンペルレ
上側生地:ミズホPS-4174(フジネズ)
下側生地:フラウPS-4739(グレー) ※レース生地

1F-和室
畳はセキスイ美草のブルーバイオレットなので、
(最初の打ち合わせのときから変更しています)

全体的にパープル系でなかなかムーディな和室になりそうですね・・・。

<寝室>
寝室の窓はキッチントールが4つ。
和室にプリーツスクリーンを選んだ勢いで、
こちらもプリーツスクリーンを選びました。

<タチカワブラインド>
プリーツスクリーンペルレ
上側生地:フェンスPS-4761(ホワイト) ※レース生地
下側生地:ノッテPS-4643(グレー)

1F2F-寝室
グレー系で落ち着いた色味をチョイスして、
和室とは逆にレース素材を上に持ってきました。
こうすると窓上部からだけ少し光が入れられるので、
寝室だと眩しくなくていいかな?と思った次第です。

<リビング>
リビングは幅270センチの掃き出し窓です。
最初はバカの一つ覚えかってな感じで、
ここもプリーツスクリーンを選んでいました。

でも後で冷静になって振り返ると・・・。
プリーツスクリーンって結構操作するとき重いんですよね・・・。
採光の調整くらいならともかく、全開にしようとすると、
かなりパワーと時間がかかります。
特に掃き出し窓はプリーツスクリーン自体も大きくなるのでなおさらです。

昼間家にいる義両親はおそらくほとんどリビングで過ごすので、
頻繁にカーテンを開閉して明るさを調整するかもなぁ。
となると操作が重いプリーツスクリーンより、
開閉が手軽な普通のドレープカーテンかなぁと選びなおし。

でもドレープカーテンって下手すると
すごーくモッサい感じになっちゃうので、
これまたなかなかカーテン生地が決められず・・・。
最初見せてくれたタチカワのカタログだとどれもピンときません。
もっと幅広にいろんなメーカーをリサーチしなきゃダメかなぁと思いましたが、
ICさんが「これはどうですか?」と持ってきてくれたサンプルがすごくステキで、
それに決めてしまいました!

<スミノエ>D-8076

 スミノエD8076
スミノエのカタログより画像お借りしています。

これだと分かりにくいですが、
シンプルだけど光沢感があって、モダンだけど柔らかい雰囲気。
床のダークなウォールナットと似合いそうです!

カーテンがシンプルなので、レースカーテンは少しアクセントを、
ってことでこちらをチョイス。

<スミノエ>D-8073

 スミノエD8073
スミノエのカタログより画像お借りしています。

これまた分かりにくいですが、生地全体に線で模様が入っています。
白地だとエレガントすぎるので、
グレーっぽい素材に紺で模様が入っているものを選びました。

組み合わせはこんなイメージ。
1F-LDK.jpg
この組み合わせ、かなり好みです。
建具も床もダークな1階に、明るさと柔らかさが加わって、
なかなか良い雰囲気になりそうです!

カーテンレールはこちら。

<TOSO>
グレイスノーヴァ19 グレインホワイト




こうして見ると、なんかエレガントっぽいかな

ってサクッと書くつもりだったのに意外と長くなりました・・・。
ダラダラと読みにくい記事ですみません
2階は次の記事に続きますー。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  カーテン
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。