いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
2階洗面収納計画の見直し :: 2014/02/10(Mon)

週末の雪はすごかったですね・・・。
マンション住民総出で雪かきし、今日は筋肉痛であります

さて、今回は超!長文になってしまい、
しかも今さら?という感じの内容かもしれませんが、
よろしければお付き合いください~☆

ずーっと、2階の洗面所兼洗濯スペースの収納計画が気になっていました。

この場所です。

洗面間取り2階

ここは、幅195センチ、奥行き150センチほどのスペースで、
左側に90センチ幅の洗面台を設置する予定です。

 洗面プラン1
洗面台はパナソニックのウツクシーズ。
扉材はリアロウォールナットです。


洗面台横スペースの有効幅が約105センチですね。
このスペースに洗濯機を置き、洗濯機上には、
以前の記事でも書いたように、洗面台の扉材と合わせて、
同じパナソニックのキッチンの吊戸(リアロウォールナット)を設置予定でした。

 洗面プラン2
吊戸の幅が75センチ、
洗濯機の占める幅が多めに見て約80センチってとこかなと思ってます。

洗面台奥行きが55センチなので、上から見るとこんな感じ。

洗面プラン3(俯瞰)

まぁごく普通のコンパクト(手狭とも言う)な洗面スペースですね。
この洗面所プランに関して、
2つの不満・・・というか改善したい点がありました。

1.洗面スペースと洗濯スペースをゆるく区切りたい


普段は別に区切らず両スペースが一体化していても問題ないんです。
でも、トイレがこのスペースに隣接、かつ、トイレ内には手洗いがないため、
洗面スペースは家族以外の人も使う可能性があります。
一方洗濯スペースは完全なるプライベートゾーン。
完全に隠せなくてもいいんですが、
一応パブリック、プライベートのゾーンをゆるく分けたいなと。

2.ゴールデンゾーンの収納を追加したい

このプランだと収納は、
・洗面台下の開き戸+引き出し×2
・三面鏡上の天袋
・三面鏡裏
・洗濯機上の吊り戸

の4箇所です。

で、ここに収納する予定のものは、
・タオル類
・洗濯グッズ(洗濯洗剤やハンガー、洗濯カゴなど)
・洗面グッズ(歯ブラシや化粧品など細々したもの)
・掃除グッズ(掃除用の洗剤や雑巾ストック、バケツなど)

ってとこですかね。

脱衣所ではないので下着やパジャマ、入浴グッズなんかを置く必要はなく、
収納スペースとしてはこれで問題ないかもしれません。
でもいわゆるゴールデンゾーン(腰から目の高さの手を伸ばせば届く範囲)の収納は、
細々したものしか入らない三面鏡裏しかないんです。
特にタオル類はパッと出し入れできる場所にしまいたいので、
できればゴールデンゾーンに収納を追加したい!


単純に洗面スペースと洗濯スペースを区切るならば、2つ案があります。

●両スペースの間にロールスクリーンを設置し、隠したいときはそれを下ろす


洗面所ロールスクリーンプラン

一番お手軽ですが、残念ながらここにはホシ姫サマを設置予定で、
ロールスクリーンをつけるとなると、
ホシ姫サマのど真ん中になってしまうため不採用。

●両スペースの間に洗面台奥行き幅の壁を作る

  洗面所壁作成プラン

ロールスクリーンのように洗濯機を完全には隠せませんが、
側面からは洗濯機が見えにくくなり、一応ゾーン分けはできます。
多分壁を作るくらいなら費用もそんなかからないでしょう。

でもでも、やっぱり収納を増やせるなら増やしたい・・・。

スペースをゆるく分けつつ、収納を増やすために注目すべきは、
洗面台と洗濯機の間のこのスペースですね。

洗面プラン4

25センチ程度の隙間が両スペースの間に存在します。
洗濯機を大きめで見積もってるので実際はもっと余裕があるかも?
ここに造作で棚などを作ってもらうか、
もしくは作り付けにこだわらず市販の隙間収納家具を後から設置すれば、
一応不満な点は改善できます。

こんなのとかね。

 

1センチ単位でオーダーできるタイプなんかもあります。

 

こういう隙間収納、かなり良くできてるし、
価格もお手頃だしまぁいいかなぁ・・・。

と一時は考えていました。

でもでも、せっかく洗面台と洗濯機上収納の扉材を合わせてるのに、
その間に全然違う素材の収納がきたら合わせた意味なくない!?

っていうのがやっぱり許せなくて、
いい案はないか~と最終仕様確認を終えてもウダウダと悩み続け・・・。

あ、ちなみにウツクシーズのサイドキャビネットも検討したんですが、
・このスペースだと15センチ幅のタイプしか設置できない
⇒タオル類を収納できるほど収納スペースは増えない
・サイドキャビネットは壁に隣接してないと設置できない
⇒我が家の場合、洗面台左側にしか設置できないので洗濯スペースとの区切りにならない
ってことで却下でした。


で、メーカーへの発注期限も刻一刻と迫る中、
ようやくいいことを思いつきました!

洗面台と同じパナソニックのシステム収納
キュビオスです。

いろんなユニットパーツを組み合わせて、
カスタマイズした収納が作れるというものですね。

こんな壁面収納とか。

 

こんなTVボードタイプとか。

 

で、ユーティリティスペース用にこんな組み合わせもできます。

  

存在自体は知っていましたが、
1ユニットのサイズ(幅)が決まっていると思い込んでいて、
我が家の洗面スペースのこの隙間には入らないだろう、
と検討していませんでした。
基本のユニット幅は、40センチ、55センチ、80センチの3種類です。

が、なんと1センチ単位でサイズオーダーできるんですね!!
それなら洗面台と合わせた扉材でピッタリサイズの収納が作れるじゃん!

ということで考えた案がこちら。

 洗面最終プラン

もともと予定していた洗濯機上のキッチン吊戸はやめて、
右側全体をキュビオスの組み合わせにしてみました。

洗面台と洗濯機の隙間に合わせた幅25センチのトール収納と、
洗濯機上は幅80センチ、高さ96センチの吊戸収納。
実際のサイズは現地確認の上発注になります。
もちろん扉材は洗面台と合わせてリアロウォールナットです。

・・・い、いいんじゃないでしょうか??


必要だった収納スペースの追加と、全体の統一感が両立できています。

そして、スペース間をゆるく区切ることができているか?と言いますと・・・。

キュビオスの奥行は30センチと45センチの2タイプありますが、
幅が細く奥行の深い収納は使いにくいし、
洗濯機搬入時のスペース確保も必要ということで、
奥行30センチタイプのものを選びました。

洗面台と洗濯機の奥行に対するサイズイメージはこんな感じ。

  洗面最終プラン(俯瞰)

・・・あんまりスペース分けできてないですかね。

でも、水栓やコンセントなど、
一番ゴチャゴチャする洗濯機背面の壁に関しては、
洗面スペースからの視線を遮れそうなのでまぁ良しとしましょう!

気になるお値段ですが。
もともとの計画からの差額が14万くらいでした。

た、高い高い~


長時間過ごすLDKならともかく、
洗面所の収納にそんなにお金かけるのもどうなの?
と正直なところ自分でも思います・・・。

でもでも、これがベストかなと思うプランがあるのに、
減額のためにそれをガマンしたら、住んでから、
「あぁやっぱりああしておけば良かった
と見るたびに後悔しそうで・・・。
ここにずっとゴチャゴチャこだわってきた私を見ていた夫からも、
「後悔するくらいならいいんじゃない?」と後押しがあり、
このキュビオスの案を採用することになりました!

ちなみに、最初の案(キッチン吊戸)と
最終案(キュビオス)についてしか触れていませんが、
その間に2、3回ほどプランが変わっています。
私が「やっぱりこういう風にしたいんですが・・・と言うたび、
ギリギリのタイミングでもイヤな顔ひとつせず、
一緒に考えたり見積もりを取り直したりと動いてくれた営業O氏。
いろいろ気がきかずイライラしてしまうこともありますが、
最終的に満足できる家になることが大事ですから!
と笑顔で対応してくれるスタンスはやっぱりありがたいなと思います。
と、以前不満をぶつけてしまったお詫びを兼ねて書いてみる。

そんなわけで長いことモヤモヤしていたことが解決しました!
ムダに長文になってしまい息切れしてしまった・・・。ハァハァ・・・。
分かりにくい文章&つたない図で読みづらかったと思いますが、
最後までお読みいただいた方、ありがとうございます!

↓↓参考になる収納計画がたくさんあります。↓↓

にほんブログ村 トラコミュ マイホームの収納計画へ
マイホームの収納計画

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  洗面・トイレ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
扉材で選ぶ洗面台と減額アイデア :: 2013/12/07(Sat)

なんだか話があっち行ったりこっち行ったりですが・・・。
今回は洗面台についてです。

洗面台もキッチン同様、各社特色があって、
こだわる人にはこだわりポイントですよね。
私の場合は洗面台そのものへのこだわりと言うより、
キッチンとの統一感が欲しい!!
というのが最重要ポイントでした。
特に二階はキッチンと洗面スペースが横並びで隣接していて、
(間取りは過去記事参照⇒
その間のドアも開け放しておく場面が多くなる気がするので、
キッチン・洗面は連続する空間として
同じテイスト・素材感で揃えたい!

と思うのです。

機能的な条件としては、
・排水口が掃除しやすいこと
・できれば壁付け水栓であること
・三面鏡裏の収納内にコンセントがついていること

くらいかなー。

そうすると、キッチンが決まった時点で、
必然的に洗面台のメーカーも決まります。
キッチンにパナソニックのリビングステーションを選んだ我が家は、
洗面台もパナソニックのものから選ぶことになります。

機能面にこだわるとすると、
パナソニックよりTOTOサクアの方が
収納の小技がいろいろ効いていて魅力的なんですけどねー。

 

それはさておき、当初は一階親世帯、二階子世帯ともに、
ウツクシーズシリーズにしようかと考えていました。

が、一階キッチンの扉材で選んだアルベロホワイトは、
ウツクシーズシリーズの扉材としては選べないんですよね・・・。

というわけで、一階洗面台はやむなく、
壁付け水栓という条件は満たせないものの、
アルベロホワイトの扉材が選べるシーラインシリーズに。

 

90センチ幅のタイプを設置する予定ですが、
設置場所はもう少し幅にゆとりがあるので、
現地造作で洗面台と同じ高さのカウンターを横に作ろうと計画中です。

二階はウツクシーズシリーズです。

 

シーラインよりウツクシーズの方が上位グレードなので、
親世帯をシーライン、子世帯をウツクシーズとするのは
申し訳ない気がして若干抵抗感があるんですけどね・・・。
まぁしょうがない!!統一感重視で!

最初のパナソニックへの見積もり依頼時は、
二階はまさにこの↓写真のような感じで。

 

90センチ幅の洗面台に加えて、
天袋を洗面横の洗濯機スペースまで設置して、
その下にパナソニック製品のランドリーラックを設置するプランでした。

でもね。
天袋(幅75センチ):定価44,100円
(扉材が一番高いランクの場合)
ランドリーラック(幅75センチ):定価42,000円
合計86,100円!
7掛けでも約6万円です・・・。

たっかくないですか!?
天袋はともかく、ランドリーラックなんて、
単にパイプ組み立てたような感じなのに・・・。
一応スライドできる物干しバーがついてます。

しかも洗濯機上は洗剤やら洗濯ネットやら、
生活感満載のものを収納する場所なので、
オープン収納はやっぱり避けたいところ。

もう少しお手頃で、洗面台との統一感もあり、
収納力があり、なおかつ、隠せる収納はないのか!?
とリサーチすると。

身近(?)なところにありました!

キッチンのカップボードのウォールユニットです。
上側にくる開きの収納ですね↓

 


たとえば、高さ84×幅75×奥行き38センチを設置する場合、
定価53,970円!
(扉材が一番高いランクの場合)

同じ扉材も選べるし、
天袋+ランドリーラックより断然安いですね!!
この案を思いついたとき、なんて画期的なんだ!
と自分で自分を讃えたくなりましたが、
わりとみなさん選んでることなんですかねー。

まぁ洗面スペースではなくキッチン用に作られているので、
実際の使用感は使ってみないと分からないですけど、
それはまた先々検証したいと思います!

あ、でも、選ぶ扉材によっては、
キッチンと洗面台で木目の方向が違ったりするので、
注意が必要だったりしますー。


そんなわけで今日も夕方から打ち合わせです。
仕様決めももう終盤になってきて、
なんだかさみしいような感じもしますが、
納得いく家にできるよう臨みたいと思います☆

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  洗面・トイレ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
トイレはやっぱりアラウーノ :: 2013/11/28(Thu)

トイレはアラウーノにしようといったん決めたものの(過去記事⇒)、
ほんとにそれでいいのかモヤモヤし続け数日間。

他にもかなりあちこち増額の嵐になっているので、
よし!やっぱりトイレは標準にして減額しよう!
と唐突に決心がつきました。

で、ちゃんと確認してなかったけど、
そもそも標準トイレってどんな仕様なの?
と確認したところ。

トイレ本体は、TOTOピュアレストが共通仕様。
品番はもしかしたらこれ↓とは違うかもしれません。



トイレ本体に組み合わせるウォッシュレットがいろいろ選べます。
グレードは5段階で、当初見積もりに入っていたのは、
真ん中3番目のグレードのJ2というタイプ。



ウォッシュレットの機能そのものにはあんまりこだわりないですが、
これは隙間も結構空いてるし、
見た目がポッテリしててなーんか微妙かなぁ。
このひとつ上のグレードも似たような感じでした。

唯一見た目が許容できるのは、最上位グレードのアプリコット



隙間が少なく、フラットな感じでスッキリしています。
ほんと人によってはこの見た目の差はささいなものでしょうし、
我ながらどうでもいいこだわりな気もしますが、
気にし始めると止まりませんね。


標準トイレにするならアプリコットにしたいなと思ったんですが、
な、なんと、アプリコットだと
アラウーノの金額を上回るんだって!!

アプリコットってそんな高級ウォッシュレットだったのね・・・。

なーんだ。だったらアラウーノでいいじゃん。

と、回り回って結局アラウーノに落ち着きました。

でも、見た目・機能・金額のバランスは
アラウーノが一番良い(あくまで私に取っては)ことが良く分かったので、
モヤモヤした気持ちはなくなり納得した上での選択となりました。

それに、アプリコットを選んでも、
背面パネルの洗浄用レバーのレトロ感は変えられないしね。
標準トイレ
展示場のトイレでこのレバーを見ながら
ブツブツ文句を言っていた私に、
「私にできることと言えば・・・
 つける位置の左右を変えて
 少しでも目立たなくすることだけです」

とうなだれていた(開き直っていた)営業さん。
標準品の仕様や値段に私が不満をブツブツ言うと、
「私にできることと言えば・・・」と受け答えするのが
最近の営業さんのお得意(本人は自覚ナシ?)で、
それが密かに私のツボだったりします。

話がそれましたが、そんな感じでトイレは決定!という記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございます☆

応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  洗面・トイレ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
標準トイレ VS アラウーノ VS アステオ :: 2013/11/21(Thu)

設備の記事が続きます~。
今回はトイレについて。

セキスイハイム標準だと、こんなトイレがついてます。
タンクを背面パネルで隠したなんちゃってタンクレス。
標準トイレ
これ、どうですかね?

別にタンクレスじゃないのは全然良いですし、
タンク式のわりには形状が直線的でスッキリしてますが、
いかにも「後ろに何か隠してますよ!!」的な感じがして、
ちょっと中途半端かなぁ・・・。
背面パネルにチョコンとある洗浄用レバーも
なんだかレトロ感漂ってます。

というわけで、大満足とはいかないので、
一応他もいろいろリサーチしてみました。

キッチン同様、機能的にあまりこだわりはなく、大事なのは、
・スッキリした見た目
・掃除のしやすさ

です!

そうすると、必然的にタンクレスが有力候補になってきます。
が、大半のタンクレスはお値段がかなりお高め・・・。

正直トイレはそんな力を入れるポイントでもないし、
できれば安く抑えたいところではあります。
低価格の昔ながらのタンク式タイプや、
お値段かなり安めの低グレードタンクレスもありますが、
やっぱり値段が下がると見た目のグレードも下がり、
なんだか形状も掃除しにくそうな感じになるんですよね・・・。
なんでデザイン性や機能性と価格は比例しちゃうんでしょう。
悔しい・・・。

もっとお値ごろで見た目の良いトイレはないのか~!!と探すと、
タンクレスの中では、
パナソニックのアラウーノSがかなり安いですね!



見た目は普通のタンクレスですが、
まぁシンプルな形状で隙間も少なく、掃除はしやすそうです。
しかも「トイレがトイレをアラウーノ」とのキャッチフレーズにのっとり、
食器用洗剤を入れとけば勝手に便器の中を掃除してくれるそうな。
でもいろいろブログ読むと、アワアワになりすぎるので、
結局その機能はOFFにしてるという人もわりといますね。


定価199,500円!

見た目の悪くないタンクレストイレとしては、
かなり破格の金額な気がします。

あと気になったのは、INAXのアステオ



タンク式ですが、見た目がスッキリしてモダンな感じ。
タンク式には珍しく凹凸の少ないデザインなので、
お掃除もしやすそうです。
アラウーノのような高機能ではないですが、
お掃除リフトアップ機能というのがあって、
便座と便器の間を掃除しやすい構造だそうな。
まぁそんなところ掃除したことないけどね。

こちらは一番低グレードの手洗いなしタイプでも、
定価220,000円と、
タンク式にしてはわりとお高い感じ。

定価ベースだと、アラウーノSの方がわりと安いですね。
でも見た目の好みはアステオの方がちょっぴり上かなぁ。

そんなに幅広にリサーチしたわけじゃないので
他にももしかしたらいいのがあるのかもしれませんが、
とりあえずアラウーノかアステオで行く方向で
メーカーの見積もりを取ってもらいました。

結果、もともとの定価の差に加え、
メーカーからセキスイハイムに納入する際の掛け率が
パナソニックの方がちょっぴり良いようで、
やっぱりアラウーノの方が数万円低い金額でした。

一階二階ともにアラウーノにすると、
最初のセキスイハイム標準からはプラス8万くらいかな?
まぁタンクレスにしては安いですが、
それでも結構な増額ですよねー。

うーん。どうしようかなぁ。

価格的には、
1.標準トイレ
2.アラウーノ
3.アステオ


見た目の好み的には、
1.アステオ
2.アラウーノ
3.標準トイレ


機能的には、
1.アラウーノ
2.アステオ
3.標準トイレ


という感じで、総合点でいうとアラウーノが僅差でトップ。
ただタンクレスを二階に設置すると
水圧が足りないことがあるなんて説もあり、
じゃあ二階だけアステオにしようかなぁ。とか、
でもわざわざ増額して他のタンク式にするなら
そもそも標準でもいいんじゃ?
とか、たかがトイレにあれこれ悩んでいます。

とりあえずアラウーノで行きますと営業さんには伝えてますが、
潔く標準トイレでもいい気もしなくもないし、
決め手がなくてまだちょっぴりモヤモヤしてます。

うーん。どうしよう!

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  洗面・トイレ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。