いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
子供と家の関係を考える~「家族の絆をつくる家」 :: 2014/10/18(Sat)

次は子供部屋について書くつもりだったのですが、
その前に家づくり検討中に読んだ本について書いておこうと思います。

こちらです。

 

家族の絆をつくる家 [ 外山知徳 ]

この本、家づくりなんて考えていなかった頃に友達に借りて読み、
建て替え計画が始まってから図書館で2回借りて読み、
最終的に結局自分で購入した・・・というくらい何度も繰り返し読みました。

子供にとって家や家族はどうあるべきか?
ということをすごく考えさせられた本です。

「住居学」を専門とする著者が、たくさんの家と家族を眺めてきた結果、
不登校や引きこもりになる子供は
テリトリー形成力が健全に育っていないことが多い。

とこの本の中で語っています。

テリトリー形成力というのは、
自分で自分の居場所をつくる力ですね。

そして、このテリトリー形成力の発達において、
家や家族の在り方がとても重要だということを、
いろんな実例を交えつつ説いています。

家って「居場所」としての根幹ですもんね。
ちょっと長いんですけど、本質はここに尽きる!と思った部分を抜粋します。

 子どもが元気に「行ってきまーす」と言って出かけられるのは、そこが、いつも親がいていつでも安心して戻ってくることができる場所だからである。そこに自分の居場所が確立しているからである。
 居場所が確立しているというのは、(中略)家族の人間関係の中で、その子の存在が、一個の人間としての存在がしっかりと認められているということである。そしてそのことが部屋の使い方や住み分けにはっきり示されているということである。


この「居場所」としての家というのは、
幼児期学童期思春期という子供の年齢によって
意味合いが変わってくると私は解釈しています。

この本を読んで、それぞれの時期において気を付けよう!心がけよう!
と思ったことを、自分の覚え書きも兼ねて以下に書き連ねてみます。

まず、幼児期には、家全体がその子の居場所であり拠点たるべきということ。
なので、家そのものが安心できる場所であること、
暮らしの核となる居間が家族のくつろげる空間として機能していること、
父親と母親がひとつの核を共有していることなどが重要になります。
家というハコがどうかと言うより、親の在り方が問われますね。

そして、思春期を迎えたときには、
家の中にその子だけの居場所(自分だけの空間)があるかということ。
これは、個室を与えればいいという意味ではなくて、
たとえ個室があったとしても、
以下のような状況だと「自分だけの空間」とは言えないわけです。
 ・家族の事情で、その子の部屋が家の中を転々とする
 ・その子の部屋に他の家族のものが置いてある
 ・その子が自分の部屋に入るのに、他の家族の部屋を通らなければいけない
 ・家族が他の部屋に行くのに、その子の部屋を通り道にしている
などなど。

上のような状況って間取りの問題のようですが、
親の子供に対する考え方やスタンスの現れでもありますよね。
子供部屋に家族共有のものを置くとかは安易にやってしまいそうなので、気を付けないと。

そして、最も気を付けなければならないと思ったのは、
この幼児期と思春期の間の学童期

この時期は、幼児期と同様、家全体が居場所であると同時に、
徐々に「自分だけの空間」を必要とするようになっていく過渡期です。
でも、このテリトリーを必要とするようになっていく時期は人それぞれなわけです。

家の新築や進学なんかをきっかけとして、
学童期に個室を初めて与えるっていうことが多いと思います。
だけどそれはその子のテリトリー形成力の発達に合わせて行われるべきで、
まだ子供部屋で過ごしたり寝たりするよりも、
親とリビングで過ごしていたい、親と一緒に寝たいと思うようだったら、
無理やり子供部屋で過ごす・寝ることを強要してはならないということです。

小学校低学年でも1人で平気で寝られる子もいれば、
小学校高学年でもそれは不安でしょうがない子もいます。
そういったそれぞれの子供の性格・成長の程度を見極めずに、
せっかく子供部屋があるんだから、という親側の都合や、
もう○歳なんだから、という一律の基準で、
子供部屋を押し付けてはいけないということですね。
それが原因で崩壊してしまった家族の実例なども書いてあります。

なんだか当たり前のようなことかもしれませんが、
もう○歳なんだからそろそろ1人で寝たら?
ということは深く考えずに促してしまいそうなので、
無理強いせずに自然とそのときを待った方がいいんだなと、
この本を読んでハッとさせられました。


・・・とダラダラ書いてしまいましたが、
私が大事だと思ったことは要約すると次の3つです。

☆家全体を子供にとって居心地のいい空間とすること

☆子供のプライバシー空間を尊重すること

☆子供部屋への移行はその子のペースに合わせること


子育てをしていく上で間取りは重要なポイントではありますが、
でも、大事なのは間取りよりも親の心構え!と痛感しました。
なので、この本を読んで具体的に間取りをどうこうしたわけではありませんが、
でも、精神論に終始するような子育て本よりは、
具体的で説得力があり参考にしたいと思える一冊でした。

あ、ちなみに半分以上は子どもと家という観点で書かれていますが、
夫婦で過ごす家や年老いた両親と暮らす家の在り方なんかも書いてあります。
とてもおすすめの本です。


以上!
覚え書きを兼ねているということもあり、
分かりにくい&無駄に長い文章でスミマセン。
ということで、次の記事で子供部屋について書こうと思いまーす。
長々本の内容を語ったわりに普通の子供部屋ですけどね。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  こぼれ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
不満ムクムク・・・(グチ) :: 2014/01/19(Sun)

少々更新が滞り気味なのは・・・。
ってもともとスローペースなのであんまり変わらないですが。

ハイムに対してちょっとモヤモヤがたまっているからです。

今回の記事はグチなので、不快な方はスルーしてください~。

このところ、気になっていることが2つあります。

1つ目。

外構工事の見積もりに、
「なんでこの項目が積算されているの?」
と納得できない項目があること。

ちなみに、少し前に外構工事の見積もりでミスがあって、
不要な項目(2万円程度ですが)が含まれていたことがあり、
それもあってほんとに必要な項目なのかが信用しがたく・・・。


2つ目。

私たちの家のユニットが工場のラインに乗るのをぜひ見学に行きたい!!
と営業さんに伝えていたところ、
「おそらく来週のこの日かこの日になりますが、
 一週間前にはほぼ確定しますのでご連絡します。」
と言われていたのに、一週間を切った金曜の夜にも連絡が来ない・・・。

工場見学は平日で、私も夫も仕事を休むことになるので、
できれば前の週のうちに職場に休むことを伝えたかったし、
一週間前に確定すると言った以上、たとえまだ曖昧だったとしても、
一週間前の時点でいったん連絡をくれるべきなんじゃないの?
と思うのは過剰な要求なんでしょうか・・・。

で、そのモヤモヤした気持ちをぶつけるような、
若干トゲのある文面で営業さんにメールを出してしまいました。
それに対し、営業さんもカチンと来たんだろうなと感じさせる、
こっちのトゲをそのまま打ち返すようなメールの返信が・・・。
一応謝罪の言葉はありました。

なんなのー!?

感情的なメールを出してしまった私も悪いと思います。
営業さんも私たちの家のことだけやっているわけじゃないでしょうし、
忙しいのも分かります。
でも、ハウスメーカーにとっては、
たくさん建てる家のひとつにすぎなくても、
私たちにとってはおそらく最初で最後の家づくりです。
やっぱりひとつひとつのことに納得して前に進みたいので、
ついついゴチャゴチャ言いたくなってしまいますが、
そのあたりの気持ちをもっと配慮してほしい!!
そんな無理難題を言っているつもりはないんですが、
ワガママな施主なんですかね・・・。


私の希望でセキスイハイムと契約しましたが、
ほんとにそれで良かったんだろうか・・・。
このままじゃ満足いく家なんてできないんじゃ・・・。
なんて原点まで立ち戻ってモヤモヤしてしまっています

ネガティブ(というか単なるグチ)な記事で失礼しました。
ここに書くようなことじゃないかなと思いましたが、
どこかに思いを吐き出したくて書いてしまいました。
そうは言っても前に進むしかないので、
自分の気持ちに折り合いつけないとですね。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  こぼれ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
マンション売却までの道 :: 2013/12/27(Fri)

今回は家づくりに関する話題から少し外れますが、
記録のために書いておこうと思います。

何度か書いていますが我が家の現在の住まいは、
5年ほど前に新築で購入したマンションです。
今回夫の実家の土地に二世帯住宅を建築するにあたり、
そのマンションを売りに出していたのですが・・・。

9月末の売却開始から3ヶ月

先週、ようやく売却契約を結ぶことができました!

途中1ヶ月半ほど全く内覧もなく、
このまま売れなかったらどうしよう・・・。
マンションと新居の二重ローンは何としても避けたい・・・。
かなり安い価格で不動産業者の即時買取しかないのか!?

と不安でたまりませんでしたが、
12月に入って急に立て続けに4組の内覧があり、
その中の1組で駅近のマンションを探しているという
60代のご夫婦が購入してくださることになりました。

いやはや。

ほんとに一安心。


これで心おきなく家づくりに邁進できます!

ちなみに、マンション売却にあたり、
4社の不動産業者に査定をお願いしましたが、
築浅中古マンションが多く売買されているエリアで、
過去の売却成立価格がわりと似たり寄ったりということもあり、
各社の査定価格には大差がありませんでした。
というわけで、その4社の中から、
対応が信用できそうな2社に絞って依頼先を検討。

<A社>
ネット発信にかなり力を入れているのが強み。
不動産ポータルサイト(SUUMO、HOME'Sなど)への
物件情報掲載は、ほぼ全ポータルサイト網羅。
また、ポータルサイトへの写真掲載は、
「1物件につき何枚まで」という枠で
不動産業者がポータルサイトと契約しているそうですが
(多く写真掲載するにはそれだけポータルサイトにたくさんお金を払う)
一番枚数が多い枠(20枚だったかな?)で契約しているので、
かなりたくさんの情報を発信できるということでした。

<B社>
こちらは逆に地域密着の業者。
我が家の最寄り駅前に営業所を構えていて、
近隣の不動産売買、賃貸など手広く(?)やっています。
「このあたりのこんな物件を探している」という希望条件を
この業者に登録しているお客さん中心に営業をかけているそうです。
一応不動産ポータルサイトにも掲載されますが、
SUUMOだけだったかな?
写真掲載の枠も1枚だけでした。

迷った末に、地域密着型のB社に売却仲介をお願いしました。
決め手となったのは、皮肉にもA社の営業さんが教えてくれた、
中古マンション購入者の6割は、
対象物件の半径2キロ以内に住んでいた方

という情報でした。
(3ヶ月前に聞いた記憶なので、正確な数字は違うかも?)

つまり、近隣に住んでいる方が購入する可能性が高いわけで、
それなら地域密着型の業者の方がいいかなと思ったわけです。

が、売却開始してすぐ1組の内覧があった以外、
しばらくなしのつぶてで・・・。
「やっぱりA社にしておけば良かったかな」とちょっぴり後悔も。
そんなわけで再度A社にコンタクトを取ったり、
不動産業者による即時買取を検討したり、
と、次なる手を模索していた矢先の売却成立でした。

結果論ではありますが、我が家の場合、
地域密着のB社で正解だったのだと思っています。
と言うのも、3ヶ月で計5組の内覧がありましたが、
どの方も、別にピンポイントで我が家を見たい!
と問い合わせしてくれたわけではないからです。
我が家のあるエリアで築浅マンションを探している方に、
不動産業者が条件に合う物件をいくつかピックアップして
案内した中のひとつが、我が家のマンションだったわけです。
購入してくださったご夫婦も、そういった経緯で、
我が家含め10件ほどの近隣マンションを内覧・検討した結果、
我が家を気に入ってくださって購入にいたりました。

近隣の物件を多数抱えている業者だったからこそ、
我が家を検討候補に入れてもらうことができたのかなと思います。

webでの発信をメインに考えていたら、
問い合わせが来ないまま時間が過ぎて行ったかもしれません。
まぁ、たら、れば、なので分からないですけどね。


そんなこんなで、契約を済ませた夜の帰り道。
ホッとしたと同時に、
5年間大事に住んできたマンションを手放すことが決定して、
さみしさも感じた夫と私でした。
新居の資金計画のためには売却が必須でしたが、
資金のことさえなければずっと所有していたかった、
とっても愛着のある住まいです。

次の方も大事に住んで、この部屋を愛してくれるといいな。

と、ちょっぴり感傷的になってしまいましたが、
残り少ないこのマンションでの日々を、
大事に過ごしていこうと思います。
ともあれ、懸念事項のひとつがクリアできたので、
良い新年が迎えられそうであります!

ブログ村の参加カテゴリとは関係ない内容でしたが、
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  こぼれ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。