いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
やぶれかぶれな外構にマックスノブロック :: 2014/02/20(Thu)

以前やぶれかぶれ外構計画の記事で書きましたが、
ハイムのエクステリア担当の方が、
予算のない我が家のために作ってくれた門まわりのプラン。

門扉計画

このプランで使われている門柱と門扉はこちらです。

  

両方ともLIXIL(TOEX)のもので、
ウィルモダンというシリーズの機能門柱&プリレオという門扉。

なんか・・・ザ!普通!!ですよね。
このシンプルすぎる門まわりのプランが不満で・・・。

予算はないけど門まわり、もうちょっとかっちょよくしたい!!
という思いはあるんですが、外構に関して無知な私たち、
ビジョンがないため具体的にイメージを伝えられず・・・。

ということで、しばらくの間足で情報収集していました。
現在の住まいであるマンションの裏手には、
戸建ての分譲エリアが広がっていて、
ここ数年で建てられた建売や注文住宅がひしめいています。
自分たちのイメージを固めるために、
その戸建て分譲エリアをてくてく歩いて、
世の中のエクステリア事情をリサーチ。

実際に建っている家のエクステリアを見るのは参考になりますね!
今まで戸建て住宅を見て、家そのものは見ても、
庭や門まわりに注目したことありませんでしたが、
エクステリアへのお金のかけ方ってほんとピンキリですね。
あらためて見渡すと、
うわぁーこの家めちゃくちゃお金かかってんな・・・。
という家や
あ、予算がなくて植樹はまだ先なのかな?←余計なお世話
という家など、いろいろであります。

我が家のプランの門柱も、建売エリアの一角で使われていました。
実物を見て、なんかやっぱこれイヤかも~・・・という思いは強くなり。

そんな中、数軒の家に使われていて一目惚れしたポストがありました!

それがこちら。

 

ドイツのマックスノブロック社のポストです。
シンプルですがクールな佇まいでかっちょいい!

これ、バウハウスの精神を受け継ぐものらしいですね。

バウハウスと言えば・・・。

TECTAの家具とか。

 tecta.jpg

ACTUSのHPより画像お借りしています。
クリックするとTECTA商品のページにジャンプします。


マックスビルの掛け時計とか。

  

どれも垂涎モノのかっこよさです
とか知ったかぶりして書いちゃったけど、これしか知らないです。テヘヘ。

いいないいな、マックスノブロックのポスト!

もとのプランのLIXILのものと、定価ベースでも価格差があるのに加えて、
LIXILは大体定価の7掛けの価格で入れられるのに対し、
マックスノブロックのものはほぼ値引きなしだそうで・・・。
価格はグッと上がります。

ちなみにマックスノブロック社製品の日本の総輸入代理店が、
図らずもハイムのグループ会社でもあるセキスイエクステリアなのですが、
別にグループ会社だからって安く入れられるわけじゃないそうですね。
ザーンネン。


LIXILで他のポストや門柱も提案してくれましたが、
どれもピンとこないというか、
やっぱりマックスノブロックのが断然好みだなぁ。
ってことで、門扉を削って門柱だけにすることで費用削減し、
マックスノブロックのポストを採用することにしました!

門柱はこちら。

 

マックスノブロックのポスト専用の機能門柱です。

門扉をなくすのはちょっと迷ったんですけどね・・・。
新しい分譲エリアだと門扉のないオープンな外構の家が多いですが、
建築予定地はかなり田舎で、どの家も大体門扉を構えています。
周りの家に門扉があるのに、我が家だけがオープンだと、
セールスも不審者もウェルカムになっちゃうのかなぁ・・・と心配だったり。
ま、でも逆にオープンな方が安全という説もあるし、
ほんとに悪いこと考えている人は門扉なんてあってもなくても関係ないか、
ということで結局門扉ナシに落ち着きました。


門まわりのイメージ、こんな感じになりました!

門扉計画その2

・・・。

びっ・・・。

微妙すぎる変化ですね!!

はっきり言って外構計画そのものが必要最低限なので、
門柱とポストだけ変えたところで焼け石に水感がありますね。

でもいいの。
毎日帰ってきたときにポストを目にするから、
せめてここだけでも気分が上がるものであるのはきっと重要!
と自分に言い聞かせる。

外構に関しては、住み始めてから少しずつ、
カーポートやウッドデッキ設置、庭の植樹なんかをやっていきたいなと思ってます。
いつかこのやぶれかぶれ感から脱却できるのでしょうか!?

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外観・外構
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
衝撃の標準ガーデンパンと施主支給 :: 2014/02/06(Thu)

屋外に設置する立水栓とガーデンパン。
長いこと私たちの検討のスコープ外にありました。
他に考えることがありすぎて気が回らなかった・・・。

仕様決めのかなり終盤、最終仕様確認の直前くらいだったと思います。
駆け足で諸々の仕様を決めていっている中で、
営業さんが申し訳なさそうに提示してくれた、標準仕様のガーデンパン。

私的にはかなりの衝撃画像でした。

いきます!

ドーン!!


標準ガーデンパン

どっ・・・。

どうでしょうか・・・?普通?

右側のステンレスっぽいオサレなやつじゃなくて、
赤丸で囲ったやつですよ。


え、こ、これ・・・!?

と夫とともに絶句。

この頃集中力が保たなくなっていた上に、
あちこち減額モードになっていて、
あれもこれも標準でいっかなんて流れになりつつあったのですが、
このガーデンパンの写真を見て夫婦でハッと目が覚めました。

いや、ガーデンパンとか正直そんなこだわる箇所でもないんですが、
いくら何でもこれは安っぽすぎないでしょうか!?

あ、セキスイハイムでも地域によっては選択肢が複数あったりするみたいですね。
あと、もしかしたら新しいカタログではまた違うタイプになってるかもしれません。


でもとりあえず私たちが標準で選べるのはこれだけです。
このガーデンパン、当然不満なお客さんが多いんでしょうね。
営業さんも、ぜひ好みに合うものを施主支給してください。
ってなことでしたので、ここ数週間ちょこちょことリサーチしてました。

しかし、立水栓やガーデンパンってほんとピンキリなんですね。

かっちょよくてステキ~!!というものは、
やっぱりかなりお値段が高い・・・。
ハイムのカタログに載ってる右側のオサレなやつも同様。
そして低価格だとそれなりの見た目です。
ちなみにハイムの標準だと工事費込みで約2万円くらいだった気がします。

あまりお金はかけたくないので、値段と見た目のバランスで、
この辺のシンプルなタイプでいいかな~とも思ったんですが。



でも、やっぱりいろいろ比較検討しちゃうと欲が出てきてしまい・・・。
ちょっぴり高いけど、パンが大きくて使いやすそうで、
水栓が2口あるこの立水栓とガーデンパンのセットにしよう!



ってことでいったん買い物カゴに入れたのですが。
改めて仕様を見るとガーデンパン重量:55.0kgって書いてあります。

ゴ、ゴジュウゴキロ!?

それ、車に積み込んで現場まで運ぶのムリじゃない?
私より重いわぃ。
現場に直接送ってもOKと言われていますが、
一応自分たちでモノを確認してから持って行きたいので、
55キロとかあり得ないよ・・・。


とひよってしまい、再度リサーチして、結局こちらに決めました!



オンリーワンクラブのトリムラインというシリーズ。
この写真と同じシルバーとブラックの組み合わせを購入しました。
ぶっちゃけ値段のわりにそんな高級感はなさそうですし、
水栓も1口しかないんですが、
でも、デザインはシャープでいい感じです。
そしてガーデンパンの重さは1.8kg!
軽ーい!ぜーんぜん違いますね。
まぁガーデンパンの重さなんて設置しちゃえば関係ないんだけどさ。

ということで施主支給ではあるけれどかえって増額になってますが、
気に入らない見た目のものを選んで日々後悔するよりはいいかな?
と思ってます。

以前の記事でも書きましたが、ハイムに依頼している我が家の外構計画、
必要最低限だけのやぶれかぶれな計画です。
あんまり予算も増やせないので計画はほぼ変更なしですが、
ちょっとだけ良くしようとあがいてるのと、
引き渡し後に外構業者に依頼して追加工事をしようと目論んでいるので、
その辺りの情報収集などまた書いていければなと思います~。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外観・外構
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
やぶれかぶれ外構計画 :: 2013/12/04(Wed)

予定どおり、外構の話題に戻ります。

外構に関しては、わりと早い段階から、
セキスイハイムのエクステリア部門の方が時々同席して、
数回打ち合わせを行ってきています。

外構ってハウスメーカーに頼まずに、
別の業者にお願いしてる方も結構いますよね。
その方が安かったりセンス良かったり、
いろいろとメリットもありそうですが・・・。

私たちはとにかく外構まで頑張って考える気力と時間がなく、
ズルズルこのままセキスイハイムに頼むのかなぁ・・・
という感じになってます。

他の方のブログなんかで、
家の外観とマッチしたステキなエクステリアの写真を見ると、
いいなぁと憧れは募るのですが、
建築予定の実家の土地はいろいろ制限がありまして・・・。

夫の実家は、川の近くで若干水災の不安があるエリアにあり、
もともと道路面から1m以上盛り土した高さに家が建っています。
こういう盛り土している土地の外構を根本からやり直すとなると、
とんでもない金額になるそうですね。
数百万円レベルで金額があがるそうな・・・。
なので、基本的には現在の形をほぼ残して
外構計画を考えていくことになります。

そして、奇しくも計画が進んでいる最中に大きな水災があり、
夫の実家も若干水災の被害を受けました。
それを受けて、水災対策をもっと盤石なものにしたい!!
という気持ちが高まってしまいました。

というわけで、意匠的な観点ではなく現実的な観点から、
外構計画の前提はこのような感じになります。

・既存の土留めブロックはそのまま生かして、
 できるだけ費用を抑えること。


・浸水対策として、建物の基礎となる部分の周囲は、
 庭の高さよりさらに15センチほど高く盛り土し、
 土が流れないようにブロックで周囲を囲むこと。

(浸水の危険があるときはこのブロックまでで水を食い止めたい)

・既存の駐車スペース(道路面と同じ高さ)に加えて、
 もう一台分は盛り土の上部分に駐車できるよう、
 建物横に駐車スペースと、
 そこに上がるためのスロープを作ること。

(水災時は車も水没の危険があるので、
 いざという時には高い場所に退避できるようにしたい)


以上の前提条件をもとに数回のやり取りした結果、
外構計画はこのようになっています。

 外構計画

上に挙げた条件を満たしただけの、
ザ・必要最低限!!という感じの外構ですよね・・・。
大きな不満はありませんが、ウキウキ感もない感じです。
庭に関しては、後で自分たちで何とかしようかなと思っています。

でも、この必要最低限をクリアしただけの外構でも、
当初見積もりの金額より130万円ほどアップしています・・・。
あ、ちなみにカーポートはハイム手配だととんでもなく高いので外しています。
カーポートなしでプラス130万円です・・・。


みなさんよく書かれていますが、
外構って・・・ほんとにお金かかりますよね
我が家は、契約後の増額分の6割くらいは外観と外構によるものです。

ハイムのエクステリア担当の方も、意匠的なことを考えて、
スロープの一部に乱形石を貼る案なんかも提示してくれましたが、
こちらの予算不足で断念しました。

門扉や門柱もできるだけ低価格のものということで・・・。

 門扉計画

シンプルというかアッサリしたものでの計画になっています。
LIXILのこのタイプかな?

 

予算がないからしょうがないとは言え、
建物外壁はボルドーブラックタイルでこだわっているのに対して、
やっぱり外構の残念感は否めないかもなぁ・・・。

建物そのものにばっかり気持ちが行っていましたが、
契約前からある程度外構のことを考えておくべきだったのかな?
と痛感しています。

まだ最終FIXではないんですが、
こんな感じでやぶれかぶれの外構計画になってますよ
という記事でした。

とりあえず金額が増えない範囲で
見た目レベルを上げるいい方法がないか、
ギリギリまでリサーチしてみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外観・外構
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ハイムらしい窓たち :: 2013/12/01(Sun)

少し前の話になりますが、今回は窓についてです。

契約時のプランは、見にくいですがこんな感じで。
1603080.jpg
基本的にどこも引き違いの窓になっていました。

これ、なんだかつまんない外観ですよね・・・。
タイル貼りの普通の家っていう感じです。

地場のハウスメーカーや工務店でなく、
せっかくセキスイハイムで建てるんだから、
ハイムらしい外観にしたいなと思いまして。

ハイムっぽい外観と言えば、
細長い縦すべりだし窓のキッチントールや、
小さい窓がリズムよくならんでいるアクセント小窓など、
特徴的な窓たちですかね。

01_05.jpg

セキスイハイムHPから画像お借りしています。
クリックすると該当ページにジャンプします。

こういった窓は他のハウスメーカーでもあるものなので
ハイム特有というわけじゃないですが、
私の中ではこんな感じの窓がハイムの家のイメージです。

あと、防犯的なことも考えると、
庭やバルコニーへの出入りに使う掃き出し窓以外は、
人が出入りできないタイプの窓にした方がいいかなとも思います。

というわけで、あちこち窓を変更してもらいました。

引き違い窓は、
<一階>
・LDKの掃き出し窓(シャッター付)
・和室の掃き出し窓(シャッター付)
・和室の雪見窓(面格子あり)
・浴室の地窓(面格子あり)
(浴室はほんとは違うタイプに変えたいけど変えられないですね・・・)
<二階>
・LDKの掃き出し窓(防犯ガラス)

の五箇所のみとして、他は全て、
キッチントールアクセント小窓スクエアウィンドウ
のいずれかに変更しました。

内訳としては、

キッチントール:18箇所
スクエア600:4箇所
スクエア900:4箇所
アクセント小窓(4つのタイプ):1箇所


という感じです。
こうやって書き出してみると、すごいキッチントールの数だ・・・。

正面から見るとこんな感じの外観になりました。
 ファサード

二階の窓がちょっとアクセントになっていて、
当初計画よりはちょっぴり粋な外観になった!(自己満足)

でも、これだけ窓を変更した結果、

な、なんと、驚愕の

40万円アップ!!

当初計画より窓の数自体が増えたというのもありますが、
窓は種類によってすごーく価格差があって、
やっぱり引き違い窓というのはかなり安価らしく、
そこから変えていくとみるみる値段は上がっていくそうな。

実は当初はこんな一階二階が連続した窓とか。
連続窓
角部分が連続してる大きな窓とか。
出隅窓
いいななんて思ったりしたんですが、
こういったあまり数の出ない窓なんかは、
下手するとひとつで20万円とかアップするそうで、
営業さんにストップをかけられました。
く、悔しい・・・。今一番欲しいのはお金です!!

キッチントールやスクエアウィンドウはわりと抑えめ価格の窓ですが、
それでも40万円アップですからね・・・。

打ち合わせが進んであちこちで金額が膨らんできて、
いっとき窓を見直そうかなとも思ったんですが、
やっぱり外観的にも防犯的にも、
引き違いを多用するのはちょっとなぁ・・・。
ということで、結局減額対象にはできませんでした。

しかし、タイルの変更で60万円ほどアップしてるので、
外観に関わる部分だけで当初より約100万円!も増えてます・・・。
恐るべし、外観・・・。

家って中身だけじゃなく、
いろんなところでお金がかかるものですね。
と打ち合わせが進むたびに現実を思い知る我が家でありました。
そのひとつである外構計画について次は書こうと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外観・外構
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
レジデンスタイルへの憧れと現実 :: 2013/11/05(Tue)

契約時に「基本的にこれから毎週打ち合わせになります」
ということで、翌週から打ち合わせが開始しました。

契約後初の打ち合わせは、ローン関係・今後の進め方などと・・。

夫が気になっていた外観のこと。

契約時に急遽パルフェに変更したことは書きました(過去記事⇒)。
で、パルフェに変更した場合は差額140万ということで、
その金額は盛り込んだ上で契約は交わしたのですが・・・。

契約時のプランはこうですね。
1603080.jpg
外壁はラスティックタイルのホワイトでのプランでした。
こんなタイルです。

 outv_tile_b_rut_white.gif

その後カタログなんかを眺めていて、
このタイルにしたい!と夢がふくらんでいた夫。
それが、レジデンスタイルのボルドーブラックです。

 outv_tile_b_ret_bb.gif

確かに凹凸感があってかっちょいい外観です。

01_05.jpg

画像は全てセキスイハイムHPからお借りしています。
クリックするとセキスイハイムHPにジャンプします。


でもね。カタログ上の配置を見ても一目瞭然。

★レジデンスタイル
1625609.jpg
★ラスティックタイル
1625608.jpg
どう見ても、レジデンスタイルの方が高価ですよね
しかもボルドーブラックは、レジデンスタイルの中でも、
プレミアムラインというさらに高そうなラインに属しております。

芽生えてしまったボルドーブラックへの夢を諦めきれない夫は、
一体どのくらいの差額なんだと戦々恐々としつつも、
初回打ち合わせで恐る恐る聞いたわけですが・・・。

その差額、63万円でした。

これ、高いの?安いの?どっちなの??
という感じです

外壁なんかは建てた後に変えられない部分なので、
+60万出して家の満足度がグッと上がるなら、
(逆にそこをケチってのちのち後悔するのなら)
出せない金額でもないですが・・・。
でも、これから設備や内装も決めていったら、
他の部分でもどんどん金額は上がりますよね・・・。

しかも、パルフェ変更の差額も増額分と見なしたら、
既に200万アップしてますから・・・

外観にこだわりのない私としては、
ラスティックタイルでも十分じゃないの?というのが正直なところ。

でも、私の希望でセキスイハイムと契約したこともあり、
外観に関しては夫の希望を優先してあげよう、
ということで、とりあえずはボルドーブラックで突き進むことに。

こんな外観イメージになりました。
バルコニーの形状や窓のタイプなんかも変わってます。
1625610.jpg
確かに辛口でかっこいいんだけど!!
お金に余裕があれば私も大賛成なんだけど!!

ま、いろいろ思うところはあるわけですが、
でも、たとえば仕事から帰ってきて家が目に入った時に、
「あぁ、俺っていい家に住んでるな。
 よし、明日も仕事頑張ろう!!」

なーんて夫が思ってくれるなら、60万くらいは出してもいいのかな。
外観って暮らしやすさには直結しませんが、
ローンを払うモチベーションにはつながるかもしれませんね。


というわけで、初回打ち合わせからいきなり増額で、
家づくりの現実を思い知った私たちでありました。
今後の金額アップがおそろしい・・・。

そうは言っても、やっぱり納得のいく家にしたいし、
どうやって自分たちの希望と折り合いをつけていくんでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます!
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ


  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  外観・外構
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。