いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
契約時の間取り(2階) :: 2013/11/01(Fri)

1階の間取りに続きまして、次は2階です。

2階の間取りはこんな感じです。

間取り二階

水回りが少ないので1階よりシンプルです。
ゾーニングとしては。

間取り二階説明付

中央部にLDK
北西に子供部屋
南西に主寝室
北東にトイレ・洗面などの水回り

と言った感じ。

1階は回遊性が大きなテーマでしたが、
2階はLDKを中心として放射状に各部屋が配置しています。
1階から上がってきてどこかの部屋に行くには
必ずLDKを経由することになるので、
子供たちが思春期を迎えた頃、この間取りが、
家族のコミュニケーションに役立つといいなと期待して・・・。

このときの間取りでは、子供部屋はまだ仕切らず、
オープンにしてリビングと一体化させる予定でしたが、
長男ももう5歳。子供部屋として使う日も遠くないかな?
と思い、結局今はすでに壁・ドアでLDKとは仕切る設計になっています。
子供部屋内部のみ壁は作らずに大きな一部屋にしておく予定。


でも、これまた1階と同様、ごくごく普通の間取りですね
2階はそこまで動線なんかにこだわらなかったので、
ヘーベルハウスでもセキスイハイムでも優劣ない提案でした。

ただ、ほぼ同じ金額で、ヘーベルハウスは46坪、
セキスイハイムは51坪の提案だったことから、
セキスイハイムの間取りはやっぱりゆとりがありました。

それゆえのお気に入りが2階にはいくつかあります。

間取り二階コメント付

★LDKにプラスアルファ空間

①の部分ですね。LDKが少しL字型になっていて、
ちょっとだけ独立しているっぽい空間が取れています。
「必要な部屋だけを配置した間取り」ではなくて、
こうしたプラスアルファの空間があることでほんの少しだけ夢が広がります。
当面は手持ちのデスクを置きPCスペースかなと思っていますが、
将来は壁一面本棚にして読書スペースにしたいな~
とか、
間仕切り家具で仕切ってこもれる空間にしたいな~
とかね。
その楽しみがあるというのは大きいです。

★アイランド型キッチン

②の部分です。
LDKがわりと広めに取れていることから、
キッチンもアイランド型を配置できました。
キッチンをアイランドにしたい!と言っても、
別にオープンでハイセンスなキッチンを目指しているではなく、
(きれいに保つ自信はないしね・・・)
壁付けせずに両側に動線を取れると、
回遊性が高くていろいろ効率がいいだろうと思うのです。

キチキチの広さだとアイランドキッチンはきついかな、
と思うので、これもゆとりの坪数ゆえの間取りです。

★キッチンから水回りへの動線

③の部分です。
これは広さとはあんまり関係ないし、
別にそこまで考えられた動線!!ってわけでもないんですが。
日々の暮らしを考えると、キッチンで作業しながら、
洗濯やら、朝の身支度やら、長男にトイレから呼ばれたり、
と、わりと頻繁に水回りを行き来していることが多いわけで、
ここはやっぱり近い方が断然便利ですね。

ただ、洗濯機もここにあるので、
ほんとはここからバルコニーに出られれば、
洗濯動線的にも超!スマートで良かったんですが・・・。
しかしながら、それを実現しようとすると、
南側に面したスペースを水回りに割かねばならず、
それはもったいないなぁと思ってあきらめました。
東側に洗濯干し用のバルコニーをつける案もありますが、
予算を考えると厳しいのでそれも却下。

まぁたぶん平日はほぼ部屋干しだしいっかなぁ、
と自分を納得させています。
あれ?お気に入り箇所なのか不満箇所なのか分からなくなっちゃった・・・。

とは言っても、概ね大満足の間取りです。

偉そうにあーだこーだ書いてきましたが・・・。

基本的にはヒアリング時に私たちがペラペラ話した内容をもとに、
全てセキスイハイムの方が考えてくれた間取りです。
最初に提示された素案から微調整はありましたが、
ゾーニングはほぼ変わっていない状態。
色々な思いをくみ取ってくれた感じが伝わってきて、
最初から満足度の高い間取りでしたが、それは、
間取りを考えてくれたデザイナーさんの力量に加え、
やっぱり相性もあったかなぁなんて思っています。

というわけで、間取りに関しては契約時点でほぼFIX。
今後は内装や設備関係を決めるのがメインかなと思います。
そのあたりも今後書いていきたいと思います

よろしければお付き合いください☆

応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  間取り
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
契約時の間取り(1階) :: 2013/10/29(Tue)

前回の記事に応援クリックありがとうございました☆
こんな自己満足なブログですが、
読んでくださった方がいて嬉しいかぎりです

さてさて、設備や内装の検討なども書いていきたいんですが、
その前に、セキスイハイムとの契約時点の間取りについて
書いておこうと思います。
間取りの満足度が高かったことも、
セキスイハイムに決めた理由のひとつなので、
そのあたりの思いを交えつつになります。

まずは1階。親世帯+共用の水回りです。

間取り一階

スキャンしたものなので見にくいですね・・・。
しかも手描きでいろいろ書き込まれてます


契約後の打ち合わせで、壁の位置や、
収納の取り方など少々変わっていますが、
ゾーニングとしてはほぼ同じ状態です。
間取りに関しては特に不満はないので、
今後も大きな変更はないかなと思っています。

ちなみに1階は親世帯なんですが、将来的に自分たちが使うことを想定し、
ほとんど私たち夫婦の希望で間取りを考えています。
義両親のおおらかさに甘えてますが、いいんだろうか・・・。


ざっくり見ると、こんな感じになってます。

間取り一階説明付

東南の玄関から入って、
南側中央にLDK
北西に寝室
南西に和室
北側に浴室・洗面などの水回り

ごくごく普通の間取りですが、私なりの気に入りポイント。

まずひとつめ。

★回遊性が高い!
間取り一階コメント付①

今回間取りを考えてもらうにあたって、
回遊性は大きなテーマのひとつでした。
と言っても明確にはハウスメーカーには伝えなかった気がしますが
矢印で示したように各部屋間をクルクル回れるようになっています。
行き止まりはほとんどありません。
すぐ近くの場所に移動するのにグルッと迂回せずとも良いので、
生活していく上での動線的なストレスが軽減されるかな?
と思っています。
あとは、和室がLDKにも寝室にもつながっているので、
LDK側をオープンにすれば広々LDK、
寝室側をオープンにすれば義両親のプライベートスペース、
という感じで使い分けられるのが、
将来家族構成が変わってきても使い勝手が良さそうと思っています。

ただ、回遊性を高めた結果、ドアが多く壁が少なくなっています。
義父は絵を描くのが趣味なので、
絵の飾る壁の確保に今はちょっと頭を悩ませています。


そしてそして。

間取り一階コメント付②

順番に行きます。

★親世帯寝室からトイレが近い

①の部分です。
ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録でも書きましたが、
既に高齢の義父がトイレが近いことや、
将来的な介護の可能性を考えると、
親世帯寝室からトイレが近く、かつ、
引き戸で横から入れること

を実現したいと考えていました。

ヘーベルハウスの間取りでは、それをかなえようとすると、
あちこち無理が来てしまい・・・。
ハイムの案では最初からこの部分が考えられていました。

★水回りの動線の良さ

②の部分です。
洗面所と脱衣スペースを分けているのですが、
洗面所→脱衣スペース→浴室がまっすぐな配置となっています。
親世帯の入浴や家事の動線的に、クネクネ曲がらなくて良くなります。
↑これが意外とストレスだと何かの本で読みました。

あとは、子世帯が階段降りて浴室に行く際の動線も確保できていること、
そして、洗面所2畳脱衣スペース2.5畳とそれなりのスペースがあること、
も私の中では大きなポイントです。

この水回り動線の良さがヘーベルハウス案と比べて、
セキスイハイム案は圧倒的に優れていたのです。

★親世帯LDKから子世帯への出入りが目に入る

③の部分です。
LDKの入り口は引き込み戸になっているので、
フルオープンにすれば、玄関・階段ホールと一体化して、
リビング階段のようになります。

前にも書きましたが、子供たちがある程度大きくなると、
共働きの私たち夫婦がいないところに子供たちが帰宅する、
というシーンが多くなると思っています。
私たち世帯のLDKに子供部屋が隣接していても、
結局それでは子供に目が届かなくなってしまう!
というわけで、子供たちの帰宅時には、
祖父母とできるだけ顔を合わせられるような配置が希望でした。

★仏壇の位置

④の部分です。
これは特に希望したわけではないんですが・・・。
義父が少々家相を気にするということを伝えたところ、
仏壇の位置を気にかけてくれました。
東向きに配置してくれたのはまぁ想定内なんですが、
2階のこの箇所、私たちの寝室のクローゼットにあたります。
つまりね、仏壇(仏さま)の上を人が歩かないというわけです。

3社プランニングをしてもらいましたが、
ここまで考えてくれたのはハイムだけでした。
私はそんなに家相は気にしないのですが、
それを考慮してくれたというのはポイント高し!です。


主なお気に入りポイントは以上です!
ひとつひとつ見ると大したことないというか、
ごく平凡な要望だと思います。
でも、予算に上限がある以上、家の大きさには制限があります。
その制限の中で希望の間取りをかなえようとすると、
結局はパズルをどう組み合わせるかの検討になるわけです。
その検討過程でシューズクロークなんかは諦めたのですが、
実現できたものと諦めたもののバランスを考えると
一番満足度の高かったのがこの間取りです。
間取りを作るって、簡単なようで難しいですよね・・・。

ほんと、あまり他の人には興味のないような間取りの記事でしたが、
長々と書いてしまいました・・・。
お読みいただいた方、ありがとうございます☆

懲りずに次回は2階を書こうと思います!

応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  間取り
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
HMに伝えた間取りの要望(基本) :: 2013/10/18(Fri)

今回は大したことのない記事です(いつも?)

ヘーベルハウスとセキスイハイムの選定過程を
記録に残していこうと思うのですが、
そもそもプランニングしてもらうに当たって、
各社に伝えた基本的な要望を書いておきます。

★全体
・1階が親世帯・2階が子世帯
・玄関・浴室は共用、LDKは別の一部共有型
・駐車スペースは2台分

★1階部分
・LDK・和室・寝室・洗面・浴室・トイレが必要
・洗面と脱衣室は分ける
・階段上り口近くに浴室(子世帯の動線のため)
・ピアノを置くスペースが必要
・和室には仏壇を置くスペースが必要
・玄関はできるだけ広く取りたい

★2階部分
・LDK・主寝室・子供部屋×2・洗面(洗濯機置き場)・トイレが必要
・子供部屋はLDKに隣接し、あまり広くしない
・子供部屋は最初1部屋でのちのち2部屋に区切れるように
・キッチンから洗濯スペースへの動線重視

ま、ごく普通の要望ですね
一般的な二世帯住宅の仕様だと思います。

上記以外にも、
シューズクロークがあったらいいな
とか、
パントリーが欲しいな
とか、
資金に余裕があれば2階にシャワールームを付けたいな
とかとか、夢見がちなことも軽く伝えました。
最終的に、この3つは全て実現できませんでしたけどね。

ちなみに夫の両親は、
「基本的に子世帯夫婦の考えで進めてくれて構わない」
というスタンスで、そんなに意見は言いませんでした。
が、義父が唯一気にしていたのが、家相ですね。
固執するというほどでもないですが、
できれば気にして欲しいという感じでした。
それも一応それぞれの営業さんには伝えておきました。
まぁでも各社とも理解は示しつつ、
そこにこだわりすぎない方がいい家になりますよ。
とやんわり言っておられました。ですよねー。


とりあえず、この時点では私たちもあまり深く考えていませんでしたし、
具体的なイメージもできていなかったので、
実際は出してくれたプランを見ながら、
考えを煮詰めていった感じです。

一応、覚え書きも兼ねて基本的な要望を記録しておきました!

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  間取り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。