いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
夫婦の意見相違とセキスイハイム契約 :: 2013/10/27(Sun)

さてさて、ヘーベルハウスとセキスイハイム。
2社の最終提案が出揃ったのが、9月27日(金)の夜でした

9月末までに契約し、消費税5%の恩恵にあやかるためには、

9月28日(土):ハウスメーカー決定・連絡
9月29日(日):契約書にハンコ
9月30日(月):手付金振込

というスケジュールで行かねばなりません。
つまり、提案をもらった翌日に決断する必要があります。
ほんとギリッギリのスケジュールですね・・・。

この時点で、夫婦の意見は割れに割れました。

何度も書いていますが、
夫はヘーベル派私はハイム派

夫曰く。
・ヘーベルの外観が好き。ハイムのBJはイマイチ・・・。
・ヘーベルの営業さんの方が安心感あり。

私曰く。
・ハイムの方が間取りが良いし、広さにゆとりあり。
・ヘーベル営業さんとはこれからうまくやっていく自信がない。

カンゼンにお互い感情論ですね・・・

ちなみにね、夫の言う「ヘーベル営業さんの安心感」ですが、
ヘーベル営業さんは、ザ・営業マン!でいろいろ抜かりなくて、
メールには必ず当日中にレス(たとえ夜中になろうとも)があったり、
打ち合わせ前日には必ずスケジュール確認の電話があったり、
こちらがちょっと口にした疑問に対して即資料を作って家まで届けに来たり。
そういうところをすごく評価していたようです。
でも、私はそれよりもハイム営業さんの他社批判のない姿勢や、
自分のできることを真摯にやっていこうという態度の方が好きでした。
この部分はほんとに感情の問題なんですよね・・・。


多分ね、どちらを選んでも快適な家ができると思うんです。
それは2人とも頭では分かっていたんですが、
感情的な部分で決めきれず・・・。

最終的にセキスイハイムに決断したわけは・・・。

今回は夫の両親との同居ということになるので、
形としては「妻である私が夫の家に入る」ということになります。
だから、妻の意見を最優先しようと夫が決断してくれました。
ゴメンネ

でもでも、その代わり、ハイムと契約するならば、
金額はアップするけれど、
BJではなくてパルフェにしたい!!
という、外観重視派の夫の強い希望で、
土壇場でパルフェに変更して契約の運びとなりました。
ちなみに、パルフェにしたことで金額は約140万UPしてします・・・。
こうなったら頑張っていい家を建てよう!って気分でした。


そして、9月29日(日)

あり得ないくらいたくさんの書類にハンコを押して。
1603079.jpg
無事セキスイハイムと契約となりました!!
1603075.jpg
もうこれで前に進むしかないって感じですね・・・。
今住んでいるマンションもまだ売れていないのに、
ここからさらに大枚の借金を背負うことになります。

でもでも、紆余曲折の末にハウスメーカーと契約したので、
楽しみながらいい家を造っていきたいなと思います。

ちなみに、パルフェに変更した外観イメージはこちら。
1603080.jpg
タイルのイメージは現在の計画とは異なります。
BJからパルフェに変更したことで、
屋根がバルコニー上までせり出していて、
懸念だった庇問題は2階に関しては解消されています

ということで、やっとセキスイハイム契約までの
経緯を記事にできました。ゼェゼェ・・・。
自分の記録も兼ねていたので長文の記事が多くなりましたが、
もし読んで下さった方がいたらありがとうございます!

ブログ村のカテゴリも変更しまして、
今後は家づくりの過程をつづっていこうと思いますので、
↓応援クリックいただけると更新の励みになります☆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
セキスイハイムとの打ち合わせ記録2(契約前) :: 2013/10/24(Thu)

前記事からの続きです。

間取りに関してはすごーく満足度の高かったセキスイハイム。

ですが懸念点がひとつ。
ヘーベルハウスの記事でも書きましたが、
この段階でのセキスイハイムの提案はBJのプランでした。
BJと言えば、建物前面がフラットでスッキリした外観ですね。

01_01.jpg

セキスイハイムHPから画像お借りしています。
クリックするとHPにジャンプします。


我が家の提案もこんな感じ。
ハイム1
分かりにくいですが、1階、2階ともに南側の窓に庇がありません
これって真夏、直射日光が差し込んでくるんじゃないの・・・。
雨が窓にめちゃくちゃあたるんじゃないの・・・。
というのが心配でした。

あと、BJのタイルはラティスタイルというスクエアなタイプなのですが。

  outv_tile_b_lt_pw02.gif

こちらもセキスイハイムHPから画像お借りしています。
クリックするとHPにジャンプします。


このタイル外観の醸し出すカジュアル感が、
夫的には好みじゃなかったようです。
私は別に悪くないと思いますが、
ヘーベルの外観を愛する夫は、もう少し重厚なタイプが好みだそうで。


なので、セキスイハイムのプランは、建物内側は文句なしですが、
外観・外壁に少々懸念点があって決めきれない。
という感じでした。
特に、この外観・外壁の懸念点をヘーベルハウスはクリアしていたので、
なおさらどちらかに決断できないという状況。

<最後の追い込み>
最初のんびりしていたように見えたハイム営業さん。
(セキスイハイムは納期が早いので、契約が9月末に間に合わなくても、
 急げば3月までに完成して消費税5%のままいけるのです)

ここから怒涛の追い込みが始まります。

ハイムとの3回目打ち合わせの翌日が、
ヘーベルハウスとの打ち合わせだったのですが、
その後に少しお話しましょう、とさり気なく予定を確保。
大体後に聞いた方の話で良いイメージができてしまうと、
危機感を持っていたんでしょうね。

その際の打ち合わせで、南側に庇がないことの懸念を伝え、
あと、ヘーベルハウスと違って実邸を見たことないので、
できれば見たいなとチラッと言ったところ・・・。
その翌日に即座にスケジュールを組んでくれたのです。
営業さんが担当されたBJのお宅が、
我が家から車で15分ほどのところにあり、
そちらにお邪魔して住み心地などを聞くことができました。
でね、そのお宅の子供たちに営業さんがすごーく好かれているのを見て、
あぁ、この営業さんいい人なんだなぁとよく分かりました。


その後、その場でまた細かい要望の打ち合わせをしました。
これ以上値引きできない分は、
今後オプションで増えるだろう項目を言ってもらえれば、
ある程度サービスでつけられるよう努力してくれる、
ということで、いくつか要望を。
ヘーベルハウスと一騎打ちになっていることは伝えていましたが
ハイム営業さんは、打ち合わせの過程で、
決してヘーベルハウスの批判はしませんでした。
この日も、
「ヘーベルさんの状況も気になりますし負けたくないですが、
 まずはハイムのプランをブラッシュアップしていきます」

と言っていました。
これ、ヘーベル営業さんに切れてしまった翌日なだけに、
この発言は私的に胸キュンでしたよ、ホント。

と言う感じで、まさかの3日連続打ち合わせを終えて、
「この日に契約するかどうかを連絡します」と伝えた日の
前日夜遅くギリギリに、要望を盛り込んだプランと見積もり、
細かい設備仕様の資料などをポストインしてくれたわけです。

ほんと、ヘーベル営業さんも最後すごかったですが、
ハイム営業さんの頑張りも脱帽モノでした。
契約するしないにかかわらず、社会人・サラリーマンとして、
2人とも仕事に対する姿勢が真摯で尊敬してしまった私であります。

というわけで、2社の提案が出揃い、
後は私たち夫婦で決断するという段階になりました。
このあたりの葛藤は次回の記事で~。

長々とお読みいただきありがとうございました☆

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
セキスイハイムとの打ち合わせ記録1(契約前) :: 2013/10/22(Tue)

ヘーベルハウスに続きまして、
契約前のセキスイハイムとの打ち合わせ記録です。

<初回打ち合わせ>

最初からプランを作ってもらおうという勢いで、
セキスイハイムのモデルハウスに行ったので、
初回の訪問時にある程度要望をヒアリングしてもらいました。

セキスイハイムはヒアリングがすごーく細かくて丁寧なんですね。
少し時間がたってしまったのであまり覚えていないですが、
大体の間取りの要望、
今の住まいに関する気に入っている点や不満点などに加えて、
何でそんなことまで?ということまで訊いてきます。
(たとえば私の兄弟構成など。
 ↑将来的に妻側両親との同居の可能性を探るためだそうです)

ヒアリングシートのフォーマットが営業さんの手元にあって、
その項目に基づいて訊かれたので、
別に担当の営業さんが特別丁寧というわけではなく、
セキスイハイムとしてそういう進め方なのかなと思いました。

このヒアリングの深さは明らかに他社とは違いましたね。
地場ハウスメーカーもヘーベルハウスも、
ヒアリングはごくごく簡単なもので、軽くイメージを伝えただけ。


ですが、このときは私たちに後の予定が入っており、
1時間ほどで時間切れ。
少々中途半端な段階で終了となりました。

<2回目打ち合わせ>
初回打ち合わせの翌々週、今度は自宅で打ち合わせでした。
またまたヒアリングの続きです。

一般的にはどうなのか分かりませんが、
このときは、展示場の企画なども手掛けているらしい、
デザイナーという肩書きの方が同席されました。
デザイナーを連れて行きますと言っていたので、
どんな方かと思いきや、見た目は普通のオジサマでした


たまたま私たちの今の住まいの近くに住んでいるということで、
営業さんがデザイナーさんをアサインしてくれたようです。
ネットの情報などを見ると、セキスイハイムは、
営業が間取りが作っているのでイマイチ、
などと書かれていることもありますね。
なので、契約前にデザイナーが入ることは稀なのかもしれません。
そういう意味では運が良かったのかなーと思います。

この日もデザイナーさん含めて1時間ほど、
その後営業さんだけ同席で30分ほど、
いろいろな内容を話しました。
たとえば・・・。

私たち夫婦は共働きなので、子供が小学校高学年以上になってくると、
おそらく私たちがいないところに子供たちが帰ってくることになる。
子供部屋はもちろん私たち世帯のLDKに隣接させるけれど、
それだけでは子供に目が届かなくなる可能性があるので、
玄関から2階子世帯への動線が、親世帯から見えるようにしたい。


とか、

おそらく今の家族の人数がMAXで、減っていく方向になるので、
それも踏まえて広すぎない間取りの方がいいのかな?


とか、

私も夫も本を読むのが好きなので、本棚や読書スペースが欲しいな。

とかとか。

初回打ち合わせ含めると3時間近く話したことになるのかな?
このヒアリング踏まえ、まずは計画素案をメールで送ってもらう。
ということになりました。
(しばらく週末の予定が空いていなかったので)

<計画素案提示>
2回目打ち合わせから5日後、
メールで簡単な間取り図が送られてきたのですが、
ヒアリングが丁寧だっただけあって、
一発で満足度の高い間取りが出てきたのです!
期待していたとは言え、ちょっと驚きました。
この頃ヘーベルの間取りに行き詰っていたこともあり・・・。

細かい要望はちょこちょこありましたが、
窓の追加や、勝手口の設置程度で、
間取りに関してはほとんど修正希望はありませんでした。

<3回目打ち合わせ>
メールでのこちらの要望を踏まえ、1週間後、
再度プラン&見積もり提示の打ち合わせを行いました。
これは展示場にて実施。

この時の提示されたプラン。
基本的な間取りは前回と変わっていないのですが、
ユニットの組み合わせを見直して、
家のハコそのものの形を変えて提案してくれました。
ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録で書きましたが、
ヘーベルハウスは最初に考えたハコから脱しようとしなかったんですね。
あくまでそのハコの中でしか間取りを変えようとしないので、
どうしてもある程度以上は満足度が上がらなかったのです。
それに対し、セキスイハイムは柔軟にそこを変えて提案してくれる。
この差は私の中でかなり大きかったです。

そして見積額の提示ですが、
セキスイハイムの営業さん自身が、
「私は駆け引きとかイヤなので、基本的にワンプライス提示です」
と言っていたとおり、この段階で、
(おそらく)営業さんの裁量で値引ける金額は、
全て値引いたものを出してくれました。
これも私的にはかなり高ポイントでした。
いつまで経っても値引きを提示しないヘーベルにイライラしていたので・・・。

金額は少々予算オーバーでしたが、
快適エアリーや太陽光など設備をモリモリ盛り込んでいましたし、
間取りも50坪超とゆとりありなので、
まぁしょうがないのかなというライン。

私としては、この段階でかなりセキスイハイム推しでした。
が、やっぱりヘーベルハウスと比較しての懸念点もあったりして・・・。
そのあたりは次回に続きますー。

長文になりましたが、お読みいただきありがとうございます!

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録2 :: 2013/10/21(Mon)

前記事からの続きです。

前記事ではネガティブなことを多く書きましたが
営業さんに対して、私自身がかなり不満があったにも関わらず、
ヘーベルハウスが最終段階まで候補に残った要因のひとつは・・・。
ヘーベル2
提案時の外観イメージ図です。紙がヨレヨレしちゃってるので歪んでますね。
2階バルコニーや屋根がグッと張り出していて、
それぞれ1階・2階の庇を兼ねているというところでした。
これだけ庇があれば、少々の雨でも問題ないし、
夏は直射日光が入らず快適だろうなと思ったのです。

実際今住んでいるマンションでも、上階のバルコニーが、
自分たちのバルコニーと同じ奥行き分あり庇代わりになっているので、
少々の雨では洗濯物を干していても平気だし、
夏に直射日光が部屋まで入るということもありません。
ヘーベルハウスのこの構造であれば、今と同じ快適性を、
戸建てでもそのまま得られるというのは魅力的でした。

そして、ヘーベルハウスではプランをもとに、
通風や採光のシミュレーションをしてくれるのですが、
それを見ても、風もきちんと通り、
冬は日差しが入り夏は日差しが入らない、
という快適そうな結果を示していたのです。
(まぁ実際のところは住んでみないと分からないですけどね)

この構造は、別にヘーベルハウスでなくてもできることだと思います。
ただ、この時点でセキスイハイムの提案はBJだったため、
2階バルコニーや屋根がオーバーハングになっているような
構造は採用できず、そこが懸念点になっていました。
だからこそ、ヘーベルハウスの提案を捨てきれなかったというのもあります。

と、こんな感じで決めきれないまま9月終盤・・・。
9月末までに契約すれば消費税5%のままいけるわけで、
私たちも営業さんも少々焦りつつ・・・。

<最終打ち合わせ>
最後の最後、修正した間取りと、
見積もり&値引き提示の打ち合わせです。
この打ち合わせは自宅で行ったのですが、
営業さんと設計士さんに加え、
ちょっとびっくりするくらい偉い方が同行されていました。
営業さんも若干ビクビクしていて、いつもと感じが違う・・・。
スーツ姿の男の人が3人もリビングに座っているという、
普段ありえない光景に私たちも固くなってしまいました。

間取りは、一生懸命考えてくれたんだろうなと思います。
このハコの中では最良の間取りになっていたとは思います。
でもやっぱり1階水回りの無理やり感が否めず・・・。
そして、この時点でヘーベルハウスの提案は約46坪、
セキスイハイムの提案は約51坪でほぼ同価格だったのですが、
5坪違うと間取りのゆとりが全然違うんですよね。
なので、間取りはハイムの方がやっぱり魅力的でした。

そして最後の最後なので、値引きもガツンとしてくれて、
これだったら建てられるかなという価格になりました。
でもね、ここでこんなに引いてくれるなら、
坪数を減らすためにあれこれ頭をひねったことは
何だったの・・・っていう思いになってしまいます。

とりあえず、提案内容を踏まえて、
9月中に契約するか否かのお返事をします、
ということになりました。

9月の最終週はヘーベルハウス、セキスイハイム双方の
最後の営業攻勢がすごかった!
ほんと営業さんって大変だなというか、
私はこんなに一生懸命仕事できないな・・・と尊敬してしまいました。


夫はやっぱりヘーベルハウスの外観がすごく好きで、
できればヘーベルハウスにしたいようでした。

でも私としては、
・やっぱり間取りの納得感が低い(特に水回り)
・ギリギリの坪数なので、狭いと感じる気がする
・気密性・断熱性があまり高くないので、冬寒いのでは?
という家に対する不満・不安と、
・営業さんとイマイチ合わないかも(他社批判の多さなど)
・ギリギリまで値引きを提示しないというやり方が気に入らない
という営業さんや営業姿勢に関する不満・不安があり、
ヘーベルハウスよりはハイムだなぁ・・・という思い。

ここは最後まで思いが一致せずなかなか大変でした。
が、とりあえずここまでにして、
次はセキスイハイムの打ち合わせ記録を書こうと思います!

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録1 :: 2013/10/19(Sat)

ハウスメーカーを検討していった中で、
最後はヘーベルハウスとセキスイハイムまで絞り込まれ、
どちらかで契約する!という一騎打ち状態になりました。

ヘーベルハウスとは契約に至らなかったのですが、
かなりの労力を割いて(お互い)打ち合わせを重ねたので、
家づくりの記録としてその過程を書いておこうと思います。

ヘーベルハウスも坪単価はかなり高いので、
モデルハウスでいいなとは思ったものの、
予算的に厳しいかなぁという思いはありました。
でも、地場のハウスメーカーを見た後は(過去記事⇒
やっぱりヘーベルハウスが魅力的に思えたので、
プランの提案をしてもらうことに。

<初回打ち合わせ>
そういうわけで、打ち合わせの時間を取ったのですが、
最初に提示してくれたのは・・・。
ヘーベル1
営業さんの手描きの間取りでした
間取りもごく普通で特に魅力的でもなく・・・。
そしてこの段階での見積額も、
きちんと積算したものでなく、坪単価で算出したもの。
しかも5000万オーバーの金額ですよ・・・。
(予算を伝えているはずなのに全然考慮されていない)

最初に簡単な要望を伝えてから2週間程度期間があり、
わざわざ時間を取って展示場まで出向いたのに、
この完成度の提案なのか・・・と正直ガッカリしました。
素案の段階で意見を聞いて、
その後でちゃんとした図面に起こすというステップなんでしょうが、
この程度だったらメールでのやり取りで十分だったのに、
と今でも思っています。

というわけで、この金額じゃ全然ムリだし、
もっとちゃんとした提案&見積もりを出してくれないと判断できない、
とやんわりと伝えて次回持越しとなりました。
今思えば、そうやって次につなげさせたのも、
営業さんの戦法だったんですかね・・・。


帰った後、夫が減額のために坪数を減らすよう、
アレコレ頭を悩ませて間取りを検討していたのですが、
それってまずはハウスメーカーがやることなんじゃない!?
と私は少々ご立腹でした。

<バスツアー+2回目打ち合わせ>
そしてその翌週、バスツアーに参加しました。
工事現場+新築の実邸+築30年程度の実邸を見る、
という半日がかりのイベントです。
ここで見た実邸は確かにとってもステキでしたし、
工事現場では徹底的に管理されて丁寧に作っているなぁ。
という印象でした。

で、その後展示場に戻り、再度プランの打ち合わせ。
無理やり一日に詰め込みましたが、
子供たちも途中で飽きてきてムリな行軍だったなと思います


今度は設計士さんも同席のもと、
CAD(かな?)で作成したちゃんとした図面でした。
でもね、間取りは夫がアレコレ頭を悩ませて考えたもの、
ほぼそのままを図面に起こしたという感じ。
ヘーベルハウス側から新たに提案はなしでした。

各部屋のゾーニングは概ね問題ないんですが、
1階水回りの配置がイマイチかなぁ・・・という間取りでした。
一番気になったのは、親世帯寝室からトイレが遠いこと。
高齢でトイレが近いし、将来介護の可能性を考えると寝室・トイレは近い方がベター。
なんですが、そこを何とかしようとすると、
他の水回りの配置に無理が来てしまって・・・。

そして、見積もりはきちんと積算した額で出してくれましたが、
まだまだ予算オーバー。
1階水回りに関する要望+予算的な条件を考慮したプランを、
また次回打ち合わせで再提案してもらうということになりました。

<3回目打ち合わせ>
前回の打ち合わせ要望を盛り込んで、
翌々週、再度プランの打ち合わせ。

ちなみに、この頃はハイムとの打ち合わせも進んでいたのですが、
この打ち合わせの少し前に、
自宅にヘーベル営業さんが資料を届けに来てくれた際に、
「現状セキスイハイムと一騎打ちです」と伝えたところ、
想定外だったようで、少々焦りを感じさせるようになりました。
(それまで夫がヘーベルびいきの発言を繰り返していましたし、
 打ち合わせも他社より先行して進んでいたので)


それまではザ・営業マン!でゆったりした態度だったのに、
この打ち合わせでは、何かとセキスイハイムの欠点を言ってきました。
まぁ、私自身がハイムにかなり傾いていて
ハイムびいきの発言をしていたので、
営業さんもヒートアップしていたのもあると思います。
でも、あまりにハイム批判が多いので、
こちらもイライラがMAXに達してしまい、
「他社の欠点ばかり言うのはやめていただきたい!!」
と切れてしまいました。
それで営業さん自身もハッとしたようで、神妙に謝罪。
私も感情的になったことを反省しましたが、
「あぁ、このままじゃヘーベルと契約しても、
 楽しく家づくりの打ち合わせはできないかも・・・」

と思ってしまったのです。

肝心の間取りもね・・・。
一生懸命考えてくれたのは伝わるんですが、
同じハコの大きさの中であちこち入れ替えているだけなので、
どうしても限界があるんですよね。
(どうしても1階水回りの動線がイマイチ)
今まで検討してきたハコそのものの枠をとっぱらって、
ゼロから「こんな間取りも考えられますよ」と、
他の案を提示してくれてもいいのに、
あくまで最初に決めたハコの中でしか考えてくれないことに
不満を感じました。

そして、予算もまだまだオーバー。
最終的に値引きしますよという発言はあるんですが、
いつになってもその額は出てきません。

・スケジュールをガッツリ押さえてしまうこと
・提案を小出しにすること
・値引きを最後の最後まで提示しないこと

どれも営業のセオリーなのでしょうが、
私はだんだんそのやり方にイライラしてきました。
駆け引きとかなしでズバッと出してほしい!!と思うのです。

なんだかここまでの記事を読むと、
ヘーベルハウスの悪口ばっかり書いてますね
おかしいな・・・。
でも、もちろんヘーベルハウスにも魅力を感じたから、
最終候補まで残ったわけです。
長文になってしまったので、
そのあたり含めて次回に続きます~。
中途半端でごめんなさい!!

こちらも参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

読んだしるしに応援クリックいただけると励みになります☆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  HM契約まで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。