いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
家づくり検討記録★INDEX :: 2015/01/25(Sun)

ちょっぴり今さらですが、家づくり検討記録の記事についても、
参照しやすいようにINDEXを作ってみました。

その時々で気ままに書いていたので、web内覧会のように体系立っておらず、
粒度もまちまち&網羅性もあまりないですが・・・。


タイトルをクリックすると、該当記事が別ウィンドウで開きます。

■ハウスメーカー検討
<モデルハウス訪問記録>
 ・ハウスメーカー検討1 積水ハウス
 ・ハウスメーカー検討2 へーベルハウス
 ・ハウスメーカー検討3 地場ハウスメーカー
 ・ハウスメーカー検討4 一条工務店
 ・ハウスメーカー検討5 セキスイハイム
 ・ハウスメーカー検討6 トヨタホーム
<ハウスメーカー選定ポイント>
 ・HM選びで重視したポイント
<契約前打ち合わせ記録~契約まで>
 ・ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録1
 ・ヘーベルハウスとの打ち合わせ記録2
 ・セキスイハイムとの打ち合わせ記録1(契約前)
 ・セキスイハイムとの打ち合わせ記録2(契約前)
 ・夫婦の意見相違とセキスイハイム契約

■間取り

<要望まとめ(ざっくり)>
 ・HMに伝えた間取りの要望(基本)
<間取りとお気に入りポイント>
 ・契約時の間取り(1階)
 ・契約時の間取り(2階)

■内装仕様決め

<インテリアテーマと初期決定事項>
 ・インテリアの方向性と初回打ち合わせ
 ※この時点からはだいぶ仕様が変わっています。
<床材>
 ・床をウォールナットに変更
<階段>
 ・階段の色に悩む
 ・DAIKEN(ダイケン)の階段
<クロス・エコカラット>
 ・アクセントクロスいろいろ
 ・玄関ホールのアクセント計画
 ・納得いかないクロス代見積もり
<建具>
 ・ここへ来ての残念ポイント1 1階LDKの入り口
 ・ここへ来ての残念ポイント2 トイレのドア
 ・既に後悔・・・の妻収納サイズを変更
 ・ハイムの引き戸仕様とトイレドアその後
<照明計画>
 ・シャープ&モダンな照明計画(を目指す)
<コンセント>
 ・紆余曲折のエアコンコンセント
<カーテン>
 ・カーテンいろいろ1階
 ・カーテンいろいろ2階 リビング編
 ・カーテンいろいろ2階 寝室&子供部屋編

■設備仕様決め
<キッチン>
 ・キッチンのリサーチ@ホームセンター
 ・キッチンはリビングステーション
<トイレ>
 ・標準トイレ VS アラウーノ VS アステオ
 ・トイレはやっぱりアラウーノ
<洗面台&洗面室>
 ・扉材で選ぶ洗面台と減額アイデア
 ・2階洗面収納計画の見直し
<室内物干し計画>
 ・室内物干し計画を考える

■外観仕様決め
<外壁タイル>
 ・レジデンスタイルへの憧れと現実
<窓>
 ・ハイムらしい窓たち

■外構関連

<全体プラン>
 ・やぶれかぶれ外構計画
<各種設備>
 ・衝撃の標準ガーデンパンと施主支給
 ・やぶれかぶれな外構にマックスノブロック

我が家の検討時とは、各メーカーも仕様が変わっていたり、
今となっては参考にならない部分も多いかと思いますが、
よろしければご活用ください☆

↓↓↓みなさまの家づくりアレコレ↓↓↓

トラコミュ 新築一戸建て
トラコミュ 家づくりを楽しもう!
トラコミュ いえづくりのこだわり
トラコミュ 家づくりおすすめできる事・できない事
トラコミュ 家事がラクできる家づくりの工夫♪
トラコミュ マイホームの収納計画

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

スポンサーサイト
  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  検討記録★INDEX
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
子供と家の関係を考える~「家族の絆をつくる家」 :: 2014/10/18(Sat)

次は子供部屋について書くつもりだったのですが、
その前に家づくり検討中に読んだ本について書いておこうと思います。

こちらです。

 

家族の絆をつくる家 [ 外山知徳 ]

この本、家づくりなんて考えていなかった頃に友達に借りて読み、
建て替え計画が始まってから図書館で2回借りて読み、
最終的に結局自分で購入した・・・というくらい何度も繰り返し読みました。

子供にとって家や家族はどうあるべきか?
ということをすごく考えさせられた本です。

「住居学」を専門とする著者が、たくさんの家と家族を眺めてきた結果、
不登校や引きこもりになる子供は
テリトリー形成力が健全に育っていないことが多い。

とこの本の中で語っています。

テリトリー形成力というのは、
自分で自分の居場所をつくる力ですね。

そして、このテリトリー形成力の発達において、
家や家族の在り方がとても重要だということを、
いろんな実例を交えつつ説いています。

家って「居場所」としての根幹ですもんね。
ちょっと長いんですけど、本質はここに尽きる!と思った部分を抜粋します。

 子どもが元気に「行ってきまーす」と言って出かけられるのは、そこが、いつも親がいていつでも安心して戻ってくることができる場所だからである。そこに自分の居場所が確立しているからである。
 居場所が確立しているというのは、(中略)家族の人間関係の中で、その子の存在が、一個の人間としての存在がしっかりと認められているということである。そしてそのことが部屋の使い方や住み分けにはっきり示されているということである。


この「居場所」としての家というのは、
幼児期学童期思春期という子供の年齢によって
意味合いが変わってくると私は解釈しています。

この本を読んで、それぞれの時期において気を付けよう!心がけよう!
と思ったことを、自分の覚え書きも兼ねて以下に書き連ねてみます。

まず、幼児期には、家全体がその子の居場所であり拠点たるべきということ。
なので、家そのものが安心できる場所であること、
暮らしの核となる居間が家族のくつろげる空間として機能していること、
父親と母親がひとつの核を共有していることなどが重要になります。
家というハコがどうかと言うより、親の在り方が問われますね。

そして、思春期を迎えたときには、
家の中にその子だけの居場所(自分だけの空間)があるかということ。
これは、個室を与えればいいという意味ではなくて、
たとえ個室があったとしても、
以下のような状況だと「自分だけの空間」とは言えないわけです。
 ・家族の事情で、その子の部屋が家の中を転々とする
 ・その子の部屋に他の家族のものが置いてある
 ・その子が自分の部屋に入るのに、他の家族の部屋を通らなければいけない
 ・家族が他の部屋に行くのに、その子の部屋を通り道にしている
などなど。

上のような状況って間取りの問題のようですが、
親の子供に対する考え方やスタンスの現れでもありますよね。
子供部屋に家族共有のものを置くとかは安易にやってしまいそうなので、気を付けないと。

そして、最も気を付けなければならないと思ったのは、
この幼児期と思春期の間の学童期

この時期は、幼児期と同様、家全体が居場所であると同時に、
徐々に「自分だけの空間」を必要とするようになっていく過渡期です。
でも、このテリトリーを必要とするようになっていく時期は人それぞれなわけです。

家の新築や進学なんかをきっかけとして、
学童期に個室を初めて与えるっていうことが多いと思います。
だけどそれはその子のテリトリー形成力の発達に合わせて行われるべきで、
まだ子供部屋で過ごしたり寝たりするよりも、
親とリビングで過ごしていたい、親と一緒に寝たいと思うようだったら、
無理やり子供部屋で過ごす・寝ることを強要してはならないということです。

小学校低学年でも1人で平気で寝られる子もいれば、
小学校高学年でもそれは不安でしょうがない子もいます。
そういったそれぞれの子供の性格・成長の程度を見極めずに、
せっかく子供部屋があるんだから、という親側の都合や、
もう○歳なんだから、という一律の基準で、
子供部屋を押し付けてはいけないということですね。
それが原因で崩壊してしまった家族の実例なども書いてあります。

なんだか当たり前のようなことかもしれませんが、
もう○歳なんだからそろそろ1人で寝たら?
ということは深く考えずに促してしまいそうなので、
無理強いせずに自然とそのときを待った方がいいんだなと、
この本を読んでハッとさせられました。


・・・とダラダラ書いてしまいましたが、
私が大事だと思ったことは要約すると次の3つです。

☆家全体を子供にとって居心地のいい空間とすること

☆子供のプライバシー空間を尊重すること

☆子供部屋への移行はその子のペースに合わせること


子育てをしていく上で間取りは重要なポイントではありますが、
でも、大事なのは間取りよりも親の心構え!と痛感しました。
なので、この本を読んで具体的に間取りをどうこうしたわけではありませんが、
でも、精神論に終始するような子育て本よりは、
具体的で説得力があり参考にしたいと思える一冊でした。

あ、ちなみに半分以上は子どもと家という観点で書かれていますが、
夫婦で過ごす家や年老いた両親と暮らす家の在り方なんかも書いてあります。
とてもおすすめの本です。


以上!
覚え書きを兼ねているということもあり、
分かりにくい&無駄に長い文章でスミマセン。
ということで、次の記事で子供部屋について書こうと思いまーす。
長々本の内容を語ったわりに普通の子供部屋ですけどね。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  こぼれ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ハイムの引き戸仕様とトイレドアその後 :: 2014/03/20(Thu)

引き渡しを目前に控え、先日最終金を振り込んだ結果、
資産が数十万円にまで減ってしまったやっこ家であります・・・。
マンション売却の金額が早く決済されないと大変じゃ~・・・。

さて、今日はかなり今さら感のある記事ですが、ドア(引き戸)についてです。

セキスイハイムの場合、カタログから選べる引き戸は、
全て上吊りでソフトクロージング機能付きです。
これって今はどこのハウスメーカーも標準なんですかね?
世の中事情は分からないですが、ハイムの魅力のひとつでもありました。

ただ、最近までイマイチ違いが理解できていなかったんですが、
上吊りの引き戸というのは2種類あるんですね。
既に家を建てた方には常識な気もしますし、
間違ってる部分もあるかもしれませんが、
私の解釈で整理して書いてみます。

ドア本体を吊るレールが、
壁の内側にある一般的な上吊り引き戸と、
壁の外側にあるアウトセット引き戸

なんのこっちゃい?という感じですが、
上から見るとこういう位置関係になります。
引き戸方式1
LIXILのHPから画像お借りしました。
画像をクリックすると、より詳しい説明ページにジャンプします。


アウトセットは壁さえあれば取り付けられるので、
リフォームで引き戸にする場合や
ドアを後付けする場合なんかにも使われる、
わりと施工が簡易的なタイプのようです。
なので、建具のカタログを見ても、
一般的な上吊り引き戸よりアウトセットの方が価格も少し安め。

アウトセットのデメリットは、引き込んだドアが壁の外側に来るので、
ドアを開けたときに一般的な引き戸よりは少しスペースが必要となること。
引き戸方式2

この図の赤で示した部分は物が置けないデッドスペースってことですね。
微々たる差ですが・・・。

これだけ見るとアウトセットより一般的な引き戸の方がいいじゃん。
って感じですが。

ドア周りの見た目も結構違いがあります。

一般的な引き戸。

 一般引き戸例

アウトセット引き戸。

 アウトセット例

両方ともpanasonicのHPからお借りしました。

一般的な引き戸だと、木枠があるので、
開けたときにドアが納まるラインに四角い枠。

アウトセット引き戸だと、壁に上吊りレールを取り付けるので、
ドア上のラインにレールのカバー。

アウトセットのレールカバーも目立ちますが、
私的には一般的な引き戸の四角い木枠が白い壁にドーンとある方が気になります・・・。
これは好みの問題ですけどね。
ちなみに引き込み戸(ポケットドア)なら枠もレールカバーも見えないので、
一番スッキリですけど、やっぱり価格は高くなります・・・。


そしてハイムの引き戸はというと、全てアウトセットとなります。
価格が安くて施工が簡単なタイプがハイム仕様なわけですが、
木枠の存在が気になる私はアウトセットで結果オーライかなと思ってます。

******************

なんで今さらこんな記事を書いたのか、と言いますと。

ずいぶん前に書いた、トイレのドアに鍵がつけられない!という件。
ここへ来ての残念ポイント2 トイレのドア

実は記事を書いた頃から、かなり最近まで宙ぶらりんのままになっていました。

この件が簡単に解決しなかったのは、
結局アウトセット方式の引き戸であることが理由のひとつだったのです。

引き戸に限らずドアに鍵を取り付ける際は、
対となる鍵受けも合わせて取り付ける必要があります。
が、アウトセットは壁の外側に取り付けるため、
基本的には鍵受けを付けるべき場所に木枠がありません。
引き戸方式3

鍵受けを取り付けるためには、この図で赤く囲った場所に、
縦枠を取り付ける必要があるわけです。

 アウトセット縦枠

この縦枠はもちろん建具(ドア)と同じ色でないと見た目が微妙です。

別に簡単な話のような気もするんですが、
我が家の1階で選んでいたBWの色。

 スマートラインBWドア

BWはこのGS-M、PS-Mだけで展開されている特殊色で、
他の色とはメーカーも違うそうなのです。

鍵付き引き戸があるデザインでは、BW色が展開されていないため、
そちらの縦枠の部材を転用することもできない。
そして、近々一新される新仕様ではBW色は廃止されるので、
今さらメーカーに特注で納入してもらうこともできない。
つまり、BWのドアと同じ色・素材の縦枠は、
どう頑張っても用意できないということですね。

そんな悪条件が重なり、営業さんもあれこれ調整してくれたようですが、
選んだドアにムリヤリ鍵を取り付けようとすると、
縦枠とドアの色が違ったりして結局見た目が悪くなる可能性が高い・・・。

ということで、紆余曲折あった結果、
全ての引き戸に鍵付きタイプがある新仕様のドアを
強引に取り寄せて設置する!

という方向で結局落ち着くことになりました。

我が家はタイミング的に新仕様は適用されないので、
(旧仕様の最後の世代です。建てた途端に旧仕様ってちょっと悲しい・・・)
イレギュラー対応で何枚も新仕様のドアを納入するのは難しい・・・。
という話だったのですが、営業さんの中では、
もうこれしかない!という結論に至ったようで、
何とかあちこち掛け合って新仕様のドアを取り寄せてくれることに。

しかし、営業さんには一時期モヤモヤしたものの、
少しでも満足度を上げられるようにとほんと頑張ってくれていて、
今や営業さんが私の心の支えであります。
ハイムに対して文句言いたいことはいろいろあるけど、
営業さんの存在ゆえケンカ腰にならずに済んでいます。


まだ最終確約の結論はもらってないんですが、
おそらくこの案で行けるだろうと思ってます。
時期も時期だしね。
いろいろありましたが、どうにか満足いく形で決着できそうで一安心です。

が、我が家のドアは全て新仕様というわけではなく
新旧のドアが混在する、仕様の過渡期ならではの家となりそうです。
実際ドアが設置されたら、そのあたりの新旧の違いなども、
記事にできたらなと思っています。

なんだかゴチャゴチャ書いたわりに、
分かりづらくて中身の薄い記事になってしまいました・・・
最後までお読みいただいた方、ありがとうございます

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  建具・階段・設備
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
パナソニックのキッチン、ギリギリ間に合う!? :: 2014/03/11(Tue)

またまた更新が滞ってしまいました。
何をしていたかと言いますと、
家族中をインフルエンザウイルスが蔓延し、
長男、私、次男の順で次々とダウンしておりました。
で、その最中に木工立会いがあったんですが、
私はインフルエンザのためまさかの立会いできずという事態・・・。
トホホ・・・。悔やんでも悔やみきれない・・・。

が、そんな中明るい話題もありました。
前記事で書いたパナソニックのキッチンの納期遅延。
どうにか3週間程度の遅れで3月中旬には入ってきそうで、
引渡しも予定どおり行えそう!

ということなのです。

営業さんに納期遅延を宣告されてから、
ネットでいろいろ調べたものの、
リクシルと違ってパナの件ってあまり話題になってないんですよね。
なんでだろう?
少ない情報量で分かったことは、
・新規受注分は納期約2ヶ月
・既受注分は個別回答
・3月頭には正常復帰を目指している(目指していた)
という程度のことと、
あと、リクシル、パナ以外の
主要キッチンメーカー(クリナップやTOTOなど)も、
リクシルやパナから流れてきたお客さんでパンク状態で、
3月中は受注ストップしている
という絶望的な情報。
つまり他のメーカーを選んだところで3月末引渡しはムリなわけですね。

じゃあジタバタせずにパナのキッチンが納品されるのを待って、
その間の身の振り方を考える方が良いか、
と半ば開き直っていたところの朗報でした。

でもね、これ、みんなそのくらいの遅れで納品というわけじゃなくて、
ほんとにたまたま我が家のキッチンが間に合っただけみたいなんです。
県内のハイムのお客さんで、
同時期にパナのキッチンを設置する予定だった家が約20軒で、
そのうち3月中に納品が間に合ったのは3軒だけなんだそうです。
なのでほんとに運が良かったというかなんというか・・・。
ダメだった方もいるので手放しで喜ぶ感じでもないんですが、
やっぱりホッとしたというのが正直なところです。

そんなわけで、気付けば引渡しまであと数週間。
なんだかいよいよ大詰めです!
バタバタしていて全然できていない現場記録もたまには書かないと・・・。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
リクシルに続きパナソニックのキッチンも・・・ :: 2014/03/02(Sun)

ちょっぴり久しぶりの更新になってしまいました。
前記事のクロスの件でのICさんへのモヤモヤの後、
さらに立て続けにICさんに対してガッカリすることがあり、
ネガティブ気分がMAXでブログを書く気力を喪失しておりました。
この件については、今記事にするとただの悪口になってしまいそうなので、
気持ちが落ち着いたら冷静に整理して書こうと思ってます。


で、どうにか気分が持ち直してきた今日この頃だったのですが、
本日、営業さんから追い討ちをかけるような衝撃の事実を告げられました。

先月の記録的な大雪でリクシルの工場が被害を受け、
リクシルのキッチンを選んでいた人はメーカー変更を余儀なくされた・・・。
という話を聞いていましたが、
我が家が選んでいたのはパナソニックのリビングステーション

 

この写真は我が家のプランとは異なります。


そういった事態は免れたのかな?と思いこんでいたところ・・・。

やってきてしまいました・・・。

 「降雪の影響による商品納期遅延のご連絡」

納期遅延
工場の建屋が破損して、復旧を最優先とするため、
パナソニックのキッチンの出荷を一時停止するそうです。
現時点で納期の見込みは全くついていないそうで・・・。

ハイム営業さんにも、まだ被害の程度などあまり情報が入ってきておらず、
納期の遅れが数日~1、2週間程度なのか、それとも数ヶ月単位なのか、
全く分からない状況だそうです。

増税の絡みなどもあり、我が家の引渡しは3月末ギリギリの予定です。
4月中旬には今住んでいるマンションの引渡しも確定しており、
予定どおり引渡しが行われないと住むところを失いかねません。
でも、このままパナソニックのキッチンの出荷再開を待っていたら、
引渡しが間に合わないことはほぼ確実でしょうね・・・。
予定どおり引渡しを迎えるためには、
他のメーカーにキッチンを変更するのはやむを得ないという状況です。
でも、引渡しまで既に1ヶ月を切っている今、
他のメーカーに変更するとしてもゆっくり考えている時間はありません。

そもそもね。
我が家の設備関係では、最初にキッチンがパナソニックに決まりました。
 ⇒キッチンはリビングステーション
何度もショールームに足を運び、
悩んだ末に扉材もリアロウォールナットに決めました。
そしてキッチンの扉材に合わせる形で、洗面もパナソニックになりました。
 ⇒扉材で選ぶ洗面台と減額アイデア
そして、洗面扉材に合わせて、ランドリー収納にキュビオスを採用しました。
 ⇒2階洗面収納計画の見直し

つまり、最初にキッチンありき!でいろんなことを決めたわけです。
それなのにキッチンをリビングステーション以外にしたら、
なんだか計画が根本から変わってしまう・・・。
キッチンを変えたら洗面も変えたいし、
洗面を変えたらランドリー収納も変えたいです。
でも、どれも何ヶ月もかけて決めてきた仕様なのに、
それをたった1、2週間で決めるなんてできません。

それに、この先何十年も住む家です。
納期が遅れるからって第一希望でない設備にしたら、
ずっと後悔してしまう気がします。
たとえば2ヶ月待って予定どおりリビングステーションが納入されるなら、
やっぱりその方がいいんじゃないの?って思います。
でもその間住む場所の確保やそれにかかる費用、
引渡しが4月以降になることで消費税はどうなるの?など、
考えられないくらいたくさんのハードルがあります。
自然災害なので、それによる損失を誰かに請求できるような話でもありません。

まだこのことは聞いたばかりで頭が混乱していて、
一体どうしたらいいのー!?という感じ・・・。

いろいろなことがギリギリのタイミングで進んできましたが、
ほんとに終盤に来て思ってもいない大波乱です。
無事、希望通りの仕様で引き渡しを迎えられるんでしょうか!?

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!

  

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1.  キッチン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。