いえびより

セキスイハイム・パルフェでつくる二世帯住宅の建築記録と住んでからのいろいろ



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
  1. スポンサー広告
最近のお仕事状況と来年の展望など :: 2015/12/29(Tue)

少し前に夫に、

「やっこはさ~意識低い系だよね」

と言われ、ぐうの音も出なかったやっこであります。

ひどい言われようではありますが、
でも「意識低い系」って意外と(?)私の特性をよくつかんだ言葉で、
我が夫の発言ながら、なかなか言い得て妙だと思った私。

そしたらこんなサイトを見つけてしまいました。
意欲が全く感じられない!意識低い系の人にありがちな特徴や性格7選

すんごい辛辣なことが書かれてますが、
いちいち私に当てはまっていて、
「あぁ、私って典型的な『意識低い系』なんだな」ということを改めて実感しました。

つまるところ、向上心がないんですよね。

なんてダメ人間なんだ!私!!

ということで、来年はもうちょっと「向上心」たるものを胸に秘め、
いろんなことに取り組んで行きたいなとほんのちょっとだけ思った、
2015年の年の瀬なのでした。
でもたぶんできないと思うね!なんたって意識低いから! ←開き直り


さて、昨日で仕事納めだった方も多いのではないでしょうか。
私は常駐先のお客さんの営業日に従い、30日まで出勤です・・・。
年末年始休暇が31日~3日までの4日間しかないと、
まったくテンションがあがらないものですね~。

とりとめもなく今年を振り返ってみますと・・・。

今年は、チーフに昇格し、それによって仕事の負荷が高まり、
そのために転職を決意し、でも結局思いとどまって今に至る。
といつになく仕事に関していろいろあった1年でした。
昨年までは社内のキャリア的に私は死んだも同然で、
いわゆるマミートラックでゆるゆると仕事していた状態だったので。
ここ数年は良くも悪くもアップダウンの少ない会社員生活でした。


トラコミュ ワーキングマザー

10月ごろに転職するしない騒動があった際に・・・。
踏み出す勇気、とどまる覚悟
「判断を先送りする」という判断と、親離れの足音


退職せずに残る条件として、
「プロジェクトを異動させてもらう」
「異動先は、できるだけ通勤しやすい場所に」
という条件だけを提示しました。

それがやっと調整ついて、来年1月末で今のプロジェクトを離任し、
2月から別勤務地のプロジェクトに参画することになりました。

私自身が希望したことでもあり、
そのためにあちこち調整してくれた上司にはとても感謝しています。
でも当然ながら、異動に伴って、
現在私が担当している案件については、
1月末までにある程度めどを付けなければいけないことになり、
ここから1月末までにやらなきゃいけない仕事量を考えると、
くらくらとめまいがします・・・。

「忙しい」とか「大変だ」アピールって好きじゃないんですが、あえて書きます。

ハッキリ言って・・・。

超忙しいっす!!

ブログ更新しているのは若干現実逃避です。

やらなきゃいけないこと、考えなきゃいけないことが多すぎて、
通勤途中や夜ベッドに入ってからも、
「あれはどうしようかな~」「これもやらなきゃな~」と
常に考えているような気がします。
こんなに生活の大部分が仕事で占められているのって、
私としてはかなり珍しいことです。
やることの多さを考えると、30日まで出勤というのは渡りに船だったような気も。

そして、2月からの異動先のプロジェクトですが、
通勤時間は今より30分近く短くなる見込みで、
通勤の負荷はかなり下がると思われます。

でも・・・想定される仕事の内容を聞くと、
「え、それって結構大変じゃない?むしろ今より負荷高くない?」
と思わなくもない感じで・・・。
この希望した異動が、吉と出るか凶と出るかは微妙なところな気がします。

そして何より、5年以上同じプロジェクトに在籍した身としては、
知識ゼロで新しいプロジェクトに参画するのって、
「私、ちゃんとやっていけるんだろうか・・・」
と不安でたまらない面もあります。

そんなこんなで、異動するまでの1月いっぱい、
そして新しい環境での2月以降、
来年も仕事に関して大変な日々は続きそうな気がしています。

正直しんどくて、逃げ出したい思いもいっぱいなのですが、
でも、こういう「キツいことを厭う」「チャレンジ精神がない」ところが、
私が「意識低い系」たるゆえんなんだろうなとも思いますので、
もうちょっと踏ん張って頑張ってみようかなとも思います。

まぁ人間の本質はそんな簡単に変わるモノではないですが、
自分への叱咤激励を込めて、とりあえず来年のキーワードは、
上でも書いたように向上心ということにしておきたいと思います。

トラコミュ ○○宣言 抱負 誓いの言葉

なんだか毎回のことながら、何が言いたいんだかよくワカラン、
とりとめもない文章で失礼いたしました。
オチもないしさ・・・。つまんない記事でスミマセン。
いつものことだけど。


これでほんとに今年は最後の更新になるかと思います。
今年は特に後半、お家に関連するトピックが少なくなってしまいましたが、
それでも読みに来てくださった方、
あたたかいコメントやアドバイスをくださった方、
本当にありがとうございました。
まだまだお家に関してやりたいこと、改善したいことはたくさんありますので、
来年も細々ながら取り組んでいきたいと思います。
お家ブログとして読みに来てくださる方も、
ヘタレワーキングマザーブログとして読みに来てくださる方も、え?いない?
引き続きお付き合いいただけると幸いです☆

ではではみなさま、良いお年を♪
1月少しでも楽になるために、今日明日はしゃかりき仕事してまいります!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

スポンサーサイト
  

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1.  WMのいろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
「学力」の経済学とマラソン大会と発表会 :: 2015/12/05(Sat)

えーっと今回もお家ネタではないのですが、
少し前に読んだこの本について。

 

「学力」の経済学 [ 中室牧子 ]

本屋でも結構平積みになってましたよね。今はもう下火かな?

本屋でパラパラっと立ち読みしたら面白そうだったので、
ちょっとした興味本位で買って読んだのですが、
意外や意外、思った以上にすっごく有益な内容でした。

教育論というのはとかく個人の経験則や成功体験で語られがちで、
子供を全員東大に入れた母親の子育て方法!
的なモノが有難がられて話題になったりしますが・・・。
まさに少し前、世間ではそんなお母さまが話題になってましたよね。

「こんな育児・教育方法を実践して、見事子供が東大合格!」
というどこかの誰かの成功体験があったとしても、
それは、環境や遺伝、その子の能力などの特殊性によるところが大きく、
その教育方法を実践したからと言ってみんながみんな、
学力が劇的に向上して東大に行けるわけでは決してないわけです。
東大に入るのが成功かどうかという観点はここでは置いておきます。

結局「学力向上に対してどんなことが効果的か?」というのは、
多数のデータに基づいて統計的に導き出された規則性
でなければ、普遍的、一般的なものにはなりえない!
という当たり前のところがこの本の基本的な立ち位置になります。
その上で、これまでに行われた社会実験などの科学的根拠に基づいて、
学力向上にはどんなことが効果的であると証明されているか?
という観点でいろんなトピックが採りあげられています。
家庭での教育方法だけでなく、
教育現場、行政面に関するトピックも多く書かれていて、
なかなか興味深い内容が多かったのですが。

とりわけ興味深かったものの1つに。

ご褒美で釣って勉強させることはいいのか、悪いのか?

というトピックがありました。

いろいろ書いてありましたが、結論から言うと、
ご褒美を与えることは学力向上に効果アリ
というのは、きちんとエビデンスが示されているそうです。

ただしですね。

より効果的な与え方があって、それは、

アウトプットよりもインプットにご褒美を与える!

ということなんだそうな。

どういうことかと言うと、
「テストで100点取ったらご褒美をあげる」
というのはアウトプットに対して与えるご褒美で、
「毎日本を読んだらご褒美をあげる」
というのはインプットに対して与えるご褒美となります。

つまり、
「良い結果を出すこと」
ではなく、
「継続的に努力すること」
に対してインセンティブを与える方が効果が大きいということですよね。
アメリカで大規模に行われた社会実験で、
インプットに対してご褒美を与えられたグループの方が、
結果的にテストの点数が高かったんだそうです。

これって・・・、学力向上だけでなくいろんな場面で有効なんではないか!?

と思った母はですね。

1ヶ月後に初めてのマラソン大会を控えた長男に言いました。

これからマラソン大会まで休まず毎朝ジョギングしたら、
ポケモントレッタやらせてあげるよ。

と。

ちなみにポケモントレッタとは、ゲームセンターにあるポケモンのゲームマシンであります。
今何よりもコレが長男にとって魅力的なコンテンツなのです。

長男、ガゼン張り切り、いつもより20分早く起きて、
毎朝のジョギングを開始しました。
寒くて眠くてくじけそうな日もあったのですが、
「じゃあトレッタはもうやらなくていいよね」と言うと、
歯を食いしばってでも時に泣きながら走りに行くという執念・・・。
まぁ親も一緒に走るので、結果的に付き合う私や夫も大変だったんですけどね。


で、マラソン大会の10日前くらいからは、
学校でも本番のコースで練習をするようになったのですが、
初めての本番コースでの練習の日、
いきなり4位という好成績をたたき出してきた長男。

本人的にも親的にも意外なほどの好成績だったことで、
毎朝のジョギングにもここからぐっと力が入ってきました。
最初はご褒美のトレッタが目的なだけだったジョギング。
そこに「もっと早く走れるようになりたい!」という主体的な目標が加わり、
朝のジョギングが「ご褒美のためにやる」のではなく、
自ら「早く走るためにやりたい」という雰囲気になってきたわけです。

そして学校での練習は日を重ねるごとに順位を上げていき、
本番3日前の練習では、なんとまさかの1位を獲得・・・。
念のため言っておきますが、もともと運動神経がいいとは決して言えない長男です。

インセンティブを与えることで日々の努力を促される。
 ↓
その努力の成果が良い結果として現れる。
 ↓
それによってさらにやる気を出して日々努力する。

という、正のスパイラル!!

インプットへのご褒美効果、半端ないっす・・・。

「ご褒美で釣ってやるように仕向ける」ということに対しては、
・ご褒美がなければやらなくなってしまうのではないか。
・主体的なやる気が育たないのではないか。
といったネガティブなイメージもやっぱりありますよね。

でも、長男が最終的には自ずと主体的になったのを見ると、
ご褒美の与え方さえ間違わなければ大丈夫!という思いになりました。
それに何より「努力すれば結果に現れてくる」という
成功体験を今回本人が持てたことが、
今後のいろんなことへの取り組みにプラスに働くんでは?
なんて気もしています。
実際のところ、上の本にも、社会実験の結果からは、
ご褒美を与えられたグループと与えられなかったグループ、
勉強に意欲的に取り組む姿勢に有意な差は見られなかった。
と書いてありました。


育児本や教育書って精神論や経験論に偏ったものも多く、
「それたまたまその子でうまくいっただけっしょ!」
って思っちゃうものも少なくないですが、
この本は論理的かつ根拠に基づいていてすごく納得感があり、
一読の価値はあるおすすめの本だと思います!

あ、ちなみに本番のマラソン大会の結果は3位でした。

ラストスパート中!

 マラソン大会

トップにはなれなかったけど、十分すぎる成績で本人も親も大満足♪

そして。

11月は次男の通う保育園で発表会がありました。

次男のいる年少クラスの演目は、
「さんびきのやぎのがらがらどん」のオペレッタ。

 2015発表会1

あんまりブログには書いたことないですが、
すっごくかわいいものの育児はいろいろ大変な次男。
次男を見てると長男はラクだったなとよく思うの・・・。

家では暴君さながらの次男が保育園ではどんなもんなのか?
といささかの不安を隠しきれませんでしたが。

かなり意欲的に踊ったり歌ったりしていて。

 2015発表会2

保育園では頑張ってるんだね!
と、母ちゃんは感動してしまいました。

なんだかいつまでも赤ちゃん気分が抜けない下の子ですが、
結果的に長男の年少の頃の発表会よりも断然出来が良く、
気付かないうちにいろんなことができるようになっているんだなぁ。
としみじみ思いました。

そんな彼も今月4歳になりました。

 4歳誕生日

ショートケーキとかフルーツケーキとかが好きでなく、
チーズケーキしか食べない次男のために、
バースデーケーキはチーズケーキ×2という微妙なセレクトでした・・・。


あっという間に大きくなるよ~。

なんだかダラダラと長文な記事で失礼しました。

今夜からスーパーセールですね!

 

当初計画していた大物購入は諸事情によりなくなったのですが、
それでもガッツリ参戦予定です♪

↓↓↓みなさんのお買い物状況、イロイロ↓↓↓
トラコミュ お買い物マラソン!スーパーSALE!
トラコミュ 楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
トラコミュ 楽天買いまわりのオススメはコレ♪
トラコミュ 楽天マラソン対策はこれ♪
トラコミュ ♪今日はコレをポチったよ♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

  

テーマ:子育て・育児 - ジャンル:ライフ

  1.  WMのいろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「判断を先送りする」という判断と、親離れの足音 :: 2015/11/03(Tue)

前回の記事には暖かなコメントをくださり、ありがとうございました!
いろんな考え方があるなぁととっても参考になりました。

このブログは一応お家ブログ(のつもり)なので、
若干畑違い(?)の内容ではありますが・・・、
もうちょっとお仕事ネタが続きます。
私の身の振り方なんて誰も興味ないかと思いますが・・・、
暫定的とは言えいったん結論を出したので書いておきます。


前記事(⇒)に書いたとおり、
上司に辞める宣言をしたものの諭されて迷いが生じ、
結局、もうちょっと考えた上で、
辞めるにしても辞めないにしても10月中に結論を出します!
ということになりました。

何人かの人に相談もして、
ほとんどの人は残留推し、夫だけが転職推しだったのですが、
私の中では「やっぱり残ろう!」「やっぱり辞めよう!」
という思いが行ったり来たりして、
毎日悶々としながら考えること数日・・・。
結局、結論を出すうえで最も大きなファクターとなったのは、
入社してすぐの現場で上司だった方に言われたことでした。

話を聞いていると、やっぱり「逃げ」という側面が大きいように思う。

次の仕事の内容が、
「どうしてもやりたい!」「これが好きでしょうがない!」
とかって言うのであれば、リスキーな転職でも止めないけど、
そうでないのならば、あとあと辛くなったり、
「こんなはずじゃなかった」と思う可能性が高いんじゃないか。

この会社の中でもいろんなプロジェクトがあって、
プロジェクトが変われば全くやり方も雰囲気も違うから、
もっと他のプロジェクトを見てから判断するのでもいいと思う。


などなど。

・・・ごもっともでございます。

って感じで。

こうやって書くと、しごくまっとうな正論というか、
言われるまでもないことなのかもしれませんが、
信頼してる人から冷静に言われると、
「た、確かにおっしゃるとおりです」と思うことばっかりでして。

「逃げ」というのは自分でも分かりきっていて、
別に辛いから逃げるんだっていいじゃんって思いもあるんですが、
でも確かにそれで次の仕事を決めちゃうと、
その仕事への熱意が長続きしないかもしれない。
なんで私こんなことしてるんだろう?って思うかもしれない。
っていう不安感はやっぱり拭えないんですよね。

そこはやっぱり転職に対する最大の不安要素のひとつでもあって、
特に今回は収入がかなり下がる転職なので、
収入が下がって、でも働く時間は増えて(今は時短ですがフルタイムになるので)
その上仕事内容への不満が芽生えてしまったら辛いだろうな・・・。
とは自分でも思います。
仕事内容なんてつまんなくてもいい、
プレッシャーが少なくて家から近い仕事ならそれでいい、
っていう思いがあるからこそ転職しようと思ったはずなのに、
人に言われた言葉でゆらぐっていうことは、
やっぱり自分の中でそこが懸念だったんだろうなと。
その懸念があるままで踏み切るのは確かにリスキーかもしれません。

あと、私の働いている業界というのは、
自分の会社のオフィスで仕事をするのではなくて、
チーム(プロジェクト)単位でお客さんのオフィスに常駐して、
そこで仕事をするという形態となっています。
私は入社以来ずーっと客先常駐で、自分の会社内で働いたことがありません。

それゆえ、「プロジェクトが違う」というのは「会社が違う」というくらい、
おそらく仕事のやり方、雰囲気が違うと思われます。
入社して約10年、いくつかのプロジェクトを経験していますが、
数年単位でガッツリ携わったプロジェクトはまだ2つか3つくらい。

そう考えると、確かに別のプロジェクトに異動させてもらって、
その上で判断するのだっていいのかもな?と思ったのです。

ということで。

私の出した結論は。

判断を先送りしよう!


というものです。

前回の記事で、
・勇気を出して踏み出す(=転職する)のか?
・覚悟を決めてとどまる(=今の会社に残る)のか?
と書きましたが・・・。

踏み出すのはヤメ!でもとどまる覚悟も決めない!
という何とも中途半端な結論です。

とりあえず今回は転職するのは思いとどまりました。
でも、今の会社に今後もずっととどまって、
過負荷な状態を受け入れつつ頑張って行こう。
とは、今の段階では決められない。
なので、別のプロジェクトを見た上で、
この会社にとどまるのがアリなのかナシなのか、
判断するのをもう少し先延ばしにしようということです。
そんなこと言って「やっぱり辞める!」ってなったときに、
もう次の仕事は見つからないかもですけどね。


そんなわけで。

辞める辞める!って騒いだのに、結局会社にいる。
という何とも人騒がせな社員となってしまいましたし、
「家の近くで働く」とか「自分の能力に見合った仕事」という、
当初の希望はまーったく満たされない状態が続くことになります。
なので、ほんとにこの結論で良かったのか、
まだ微妙に悶々とするところもあって、
はースッキリした!!って感じではないんですが・・・。

でも決めた以上はもうちょっと頑張ってみよう。

と若干腹が座りました。

そしたらですね。

1日に飲むコーヒー量が劇的に減りました・・・。

コーヒー好きなので、もともと1日に1~2杯は飲んでましたが、
ここ数ヶ月、コーヒーの量が増える一方で・・・。
家にはコーヒーだけでなくハーブティーやら紅茶やら、
他の飲み物だってあるのですがそれらには全く食指が動かず、
「あぁ、コーヒー飲まずにいられない!」って言う場面が多く、
飲む量が日に日に増えてここ数週間は1日に4~5杯くらい飲んでました。

それが、上司に「とりあえず判断を先送りにします」と伝え、
転職しようと思っていた会社に「入社を辞退します」と電話したその日、
ほんとに久しぶりに家で「ハーブティーでも飲むかな~」という気分になり、
そのまま今までのコーヒーへの欲求がスーッと消えてしまったんです。
もちろん好きなので1日に1杯は飲みますが、これまでの、
「あぁ、コーヒーや、コーヒーや・・・。私にコーヒーを~!!」
みたいな欲求がなくなりました。

ここ数ヶ月の(私にしては)異常なコーヒー欲は、
仕事へのモヤモヤした思いが引き起こしていたのかな?
と思ったやっこでした。
これを機に、長いことおろそかにしていた、
美容と健康に気を遣う生活にギアチェンジできればなと思います。
ほんとかいな?とりあえず今度こそ痩せるぞー!!!

そして。

ちょっと話が変わるのですが・・・。
ムダにダラダラ長い記事でスミマセン。

秋は、運動会や授業参観など、
土曜にも小学校に登校するイベントがいくつかあったのですが、
土曜に登校すると月曜は振替休日で学校が休みになります。
そんな日は小1の長男はお弁当持って丸1日学童に行くわけですが、
小学校上がると平日休んでどこか出かけるとかできないので、
せっかくだから仕事も休んでみんなでどっか行こうか?
と長男に持ちかけたところ・・・。

学童行く方が楽しいから別にいい。

とアッサリ断られました・・・。

ガ、ガーーーーン・・・。そんなもんなのーー!?

親離れなんてまだまだ先だと思ってましたが、
早くも親より友達の方が優先度が高まってきているようで、
着実に少しずつ自分の世界に旅立ちつつある長男を見ると、
お母さんは寂しい・・・。
一緒にベッタリ過ごせるのはきっとあと数年で、
そう考えると子育て人生の中で親子が密接に関われる時期って、
ほんとにごくごくわずかな期間に過ぎないんだなぁ。
ということをこの件で実感しました。
だから、子供が小さい時期はできるだけ一緒に過ごしたいっていうのは、
子供のためというより親のためなんじゃないかなぁと思いました。
私、今までの時間ちゃんと有意義に過ごしてたかな!?
と若干後悔もしたりして・・・。

今回、転職や退職の件を相談する中で、いろんな人に、

子供が小さいのは今だけだから。

あっという間に大きくなって手が離れるから。

そのうち子供は勝手に1人で出かけて行くようになるし。

だから、大変なのは今だけだよ。


って言われました。

つまりは・・・。

「子供と一緒に過ごす時間が足りない」っていう
ジレンマを感じるのはほんの少しの期間だけ。
そこさえ過ぎれば大丈夫だよ(=仕事だってバリバリできるよ)。


っていうことをみんな言いたかったんだと思いますが、
私は長男の件があったので逆の思いになったというか、
ほんとに「今だけ」ということが実感として分かったからこそ、
今この時期を大事に過ごさないと!っていう気持ちになりました。

てなわけで、一応仕事は辞めずに続けていくことにしたわけですが、
かと言って仕事バリバリ!!にはシフトせず、
まだまだゆるめにゆるめに家庭中心でやっていきたいと思っています。

けーっきょく状況としては何にも変わっていないわけですが、
悩んだり迷ったりしたことで腑に落ちた部分もあるので、
とりあえず少し頑張ってみようと思います。

なんだかとりとめのない文章でスミマセンでした。
仕事への思いも少し落ち着いたので、
ぼちぼちお家ネタも書いていきたいと思いますので、
よろしければまたお付き合いください~☆

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

  
  1.  WMのいろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
踏み出す勇気、とどまる覚悟・・・ :: 2015/10/23(Fri)

まったくお家のこととは関係ない記事ですが、
思考整理のためにダラダラと書きます。
興味ない方が大半だと思うのでスルーしていただければと思います・・・。


夏ごろに、転職活動なうということで、
仕事を探しているということを書きました。
今の仕事の忙しさとか、転職に対するテンションの低下とか、
いろいろあって転職活動はペンディングしていたのですが、
ここへ来て、急遽展開がありまして・・・。
「ぜひ来てほしい」と言ってくれた、とある会社に入ろう!!
と先週、私の中でいったん結論を出しました。

社員数十人の小さな会社で、給料も格段に下がります。
しかも最初3ヶ月間の試用期間は時給制で社会保険などもなしということで、
条件面でなかなか踏み切れずにいたのですが・・・。
でも、何より家から近い(徒歩10分)ことが魅力で、
子持ちの方が多いこともあって働く環境も悪くなさそう。
(女性オンリーの会社です)
今と職種も業種もまーったく違うのですが、
仕事の内容もやってみれば面白そうかな?と思えたし、
35歳子持ちスキルなしという条件で、その上こんな田舎で、
正社員の職はもうここ以外は見つからないだろうということも、
背中を後押ししました。

てなわけで今週、仕事見つかったんで辞めます!!
と勇んで上司に言いにいったわけですが。

いろいろなことを諭されました。

その会社、ほんとに大丈夫なの?
長い目で見て家の近くの仕事と言っているけど、
数年後にその会社はちゃんと存続しているの?

仕事がつまらなくて結局後悔するんじゃないの?
今の仕事の方が絶対面白いし、
経験とか能力を考えるともったいない。
ちなみに現在は技術的でそれなりに専門性の求められる仕事をしております。
転職しようと考えている会社の仕事は事務寄りで何でも屋さん的かな~。


家から職場が近いとその狭い範囲で生活が完結しちゃうけど、
それってゆくゆく物足りなくならないの?
近くで働きたいと思うのは子供が小さい今だけで、
大きくなって手が離れたらまた違う考えになるんじゃない?

もし通勤時間が長いのが大きな理由なら、
できるだけ近い現場に今すぐでも変えられる。

短時間勤務が使えない時期(下の子が小学校3年生)になっても、
結局現場の裁量でどうにでもなるから、
別に勤務時間は今のように短時間のままでも全然かまわない。

むしろ今すぐ短時間勤務は解除してフルタイム扱いにして、
その上で今と同じ勤務時間(短時間)だってOK。
(そうするとフルタイムと同じ給与になるので収入が上がります)


その他、ここを変えてくれれば辞めなくても済むという条件があるなら、
出来る限り対応するから提示してほしい。


などなどなど・・・。
もっといろいろありましたが忘れちゃった。

で、そういう話をしていたら、私そもそもなんで転職したいんだっけ?
ということがよく分からなくなってきてしまいました・・・。

書き出してみると・・・。

とにかく通勤時間が長い(2時間弱)ことがバカバカしい。

短時間勤務も下の子が小学校3年生までなので、
この長い通勤時間を考えるとその先続けていくのは難しい。

ときどき上司がパワハラまがいの無理難題をふっかけてくることが、
夜寝られないほどストレスになる。
(退職の相談をした上司よりさらに上の人です)

そもそも私の能力的に今の仕事内容は過負荷でしんどい。
技術力もないし知識もないし(しゃかりき勉強するほど興味もないし)
お客さんとの折衝とか調整とか、チームのマネジメントとか、
そういった業務を求められようになってきてるのも、
私の力量ではこなせなくて息切れしちゃう。
30代半ばともなればみんな普通にこなしてるんでしょうけどね。私はなかなかできません。

所属する会社が違う多種多様な立場の人が
同じプロジェクトで席を並べて仕事をする、
というこの業界特有の環境になんだか疲れてしまった。

残業ありき、残業してなんぼの業界なので、
時短で働いてる私はいつまでも中途半端なまま。
このまま歳取ってそのうち扱いづらい存在になっていくんだろうな。
ということが想定できる。


とかとか。

どれかひとつが突出して大きな理由というわけではなく、
いろんなことがつもり積もって「もうダメだ!」という
臨界点に達したような感じです。

でも、「先々考えて・・・」ではなく、
「今」辞めたいと思っている理由としては、

・通勤時間の長さ

・仕事内容の過負荷


という点が大きいような気がしています。

だからこそ、今後の仕事に求める点としては、
業種や職種、収入の多寡なんかよりも、

①家からの近さ

②ストレスなくできる自分の能力に見合った仕事


というところが条件になっていて、
それを考えると今回転職しようと考えている会社は、
①はこれ以上ないくらい満たしていて、
②は正直仕事を始めてみないと何とも言えない(でも今よりは負荷は少なそう)
という感じですかね。

だから、概ね希望は満たされるんじゃないかな?ということで、
よし!思いきって踏み出してみよう!
というのが、先週の段階で私が出した結論でした。

でも、上司との話を受けてその後何人かの人に相談したら、
大事なのは収入とやりがいだ!
と、私があまり考えていなかった点を複数の人に強調されました。

収入とやりがいの両方を失ったら後悔すると思うよ。とか、
収入かやりがいのどちらかでも今満たされてるなら、
今の会社に残った方がいいと思うよ。とか。

やっぱり仕事ってそこが大きいんですかね?当たり前?

私は今は収入とやりがいが満たされているから、
それが不満点として挙がってきてなくて、
次の仕事にそれを求めていないんだろうか・・・。

収入面で言えば、断然今の会社に残る方がベターです。
おそらく私のようなヘタレな条件で、
これだけの収入が得られる環境は他にはないと思います。

で、やりがいは・・・。

結局のところ、新しい会社でのやりがいなんて入ってみないと分からない。
だから、転職に踏み切るのには当然勇気が要ります。

一方で、今の会社はやりがいがあるかは何とも言えないですが・・・、
かなり頭を使う仕事ではあり、それが楽しい時もあります。
ただ、おそらく過負荷な状態は今後さらに増していくだろうと想像できます。
だから、このままこの会社に残ると決断するにも、
その過負荷な状況を将来に渡って受け入れるという覚悟が必要です。

結局・・・。

進むも残るもいばらの道・・・。

勇気を出して新しい道に踏み出すのか、
覚悟を決めて今の場所にとどまるのか・・・。

あー!一体どうしたらいいの!?

ということで、モンモンと過ごしている今日この頃であります。
週明けには結論を出さないと・・・。
書いてみたら考えが整理されるかな?と思ったけど、余計分からなくなってきちゃった・・・。

しかし、こうして何かに悩んでいると、
気持ちが家のことに向かなくなるため、
ここ数日、確実に家の中が荒れ始めています。
早く決断して、自分の気持ちも家の中もスッキリさせたい!

なんだか支離滅裂な、ひとりごとのような記事ですみませんでした。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

  
  1.  WMのいろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
転職活動なう :: 2015/07/13(Mon)

先日長男のランドセルの中を何気なく覗いてみたら、
中から大量のハンカチとポケットティッシュが出てきて、
ビックリ仰天したやっこであります。

朝、ハンカチとティッシュをポケットに入れて学校に行く。

学校に着いたら、邪魔だからランドセルに突っ込む。

翌朝、また新しいハンカチとティッシュをポケットに入れて学校に行く。

学校に着いたら・・・。

というのを何日も繰り返していたようです。

・・・。

お、男の子って・・・。

なんてズボラなの!?

我が家の長男だけ??


保育園まではある程度親がやってあげる部分も多かったので、
あんまり気付いてませんでしたが、
どうやら我が家の長男、すこぶる適当で雑な性格のようで、
「え、え~!?そんな適当でいいの!?」
と驚かされることの多い今日この頃です。
なんか男の子の子育てっていろいろカルチャーショックですわ。

しかしやけにハンカチのストックが少ないな~と思ってたんですよね。
その時点で気付かない私も相当ズボラですけど・・・。


さて、だいぶ更新の間が空いてしまいました。

ソファの記事もほったらかしでその間何をしていたかと言いますと、
長男がおたふく風邪になったり、次男が中耳炎になったり、
まぁいろいろありましたが、主には転職活動に勤しんでおりました。
転職エージェントと面談したり、ハローワークに行ったり、
履歴書や職務経歴書を書いたり、何社も書類で落とされたり、
とアレコレ画策しており、今日はどうにか書類が通った会社の面接でした。

もちろん今の仕事も家事も子育ても日々やりながら、
の転職活動なので、正直なところ体力的にも精神的にもしんどくて、
この状況が長期化しちゃったらまずいな~という感じで・・・。
この辺りで決めたいな~。どうかな~・・・。

思えば最初に転職しようと思ったのは、東日本大震災がきっかけでした。
勤務地が都内にある私は、多くの方と同じように帰宅難民となり、
家に帰りつけたのは翌日の夕方。
当時は夫も関西に単身赴任していて頼れず、
どうにかこうにか夫の両親が大渋滞の中を車で駆け付けてくれて、
長男をその日のうちに迎えに行ってもらうことができたのですが、
でも、この件をきっかけに、
「やっぱりいざというときに歩いて帰れる距離のところで働きたい」
という思いをずーっと抱えていました。
当時は通勤に1時間半、今は2時間弱という長距離通勤者なのです。

その後、次男の出産で産休育休を取ったり、
義両親と同居するようになってかなり頼れるようになったり、
いろいろと状況の変化はありましたが、
「いつかは家の近くで・・・」という思いはずっとありました。

だけど、やっぱり家の近くの仕事だと給料もがくっと下がるし、
子育て中で残業できません&時々休みます。
なんて状況だとなかなかチャレンジングな求人には応募できず、
今は時短も使えるし、とりあえず当面はこのままでも・・・。
なんて甘えた思いで、ここ1~2年は過ごしてきました。

でもでも、この春「チーフ」という役職に昇格したことで、
いろいろ状況が変わってきまして・・・。
昇格したから仕事量や責任がある程度増えることはしょうがないですが、
でも働く時間をこれまでより増やせるわけではない以上、
どうしてもここまでしかできない!という限度があります。
だけど、「チーフなんだから」という錦の御旗を掲げて、
過大な仕事量を要求される場面がちょいちょい出てきました。
「ムリです」→「チーフなんだから」の応酬ばかりで埒があかず、
しかも状況を把握してくれている直属の上司をすっ飛ばして、
もっと上から有無を言わさない形で指示が来る。
一体誰の指示に従えばいいのかもよく分からなくなり、
そんな諸々に疲れ果てて、
もうこれ以上は物理的にも精神的にもムリだわ・・・。
という結論に自分の中で至りました。
もちろんそれでも奮起して頑張ればいいんでしょうし、
甘えてる部分もあるのは重々承知ですが、
そこまで頑張れるほどの情熱や気力が今の仕事には抱けなくて。


そして、同じ業界や同じ職種はウンザリなので、
できれば違う方向にキャリアチェンジしたい!とは思うものの、
すでに齢35歳の身ですから・・・、
未経験分野では書類が通るのさえ厳しいというね。

はたから見ればどうにも望みの薄い状況なんですけど、
ここで心がくじけて転職活動をやめてしまったら、
数か月後、数年後に絶対後悔する!!
ということで、心を強く持って転職活動にまい進する所存であります。
とここで宣言することで、自分を追い込んでみた。

そんなわけで、しばらく更新できない日々が続くかもしれませんが、
温かく経緯を見守っていただけますと幸いです。

そんな私に、転職活動ガンバレ~!の応援クリックをいただけますと、
もっと頑張れるのではないかと思います!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

  

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1.  WMのいろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。